FC2ブログ

ぺえ、親友・前田敦子から勝地涼と交際前に相談も 結婚を“予感”

ぺえ、親友・前田敦子から勝地涼と交際前に相談も 結婚を“予感”

 
ぺえ、前田敦子 (C)モデルプレス
【前田敦子・ぺえ/モデルプレス=7月31日】女優の前田敦子(27)が31日、俳優の勝地涼(31)との結婚を発表したことを受け、親友でタレントのぺえがコメントした。

前田敦子&勝地涼、結婚を発表<コメント全文>

 

◆ぺえ、前田敦子の結婚祝福


ぺえは前田との2ショットをInstagramに投稿し、「勝地さん敦子さんご結婚おめでとう」と祝福。タレントのぺこ&りゅうちぇるの第1子出産などぺえの周りでおめでたいニュースが続いているため、「#ぺえの周りがみんな幸せになって寂しそうってコメントは禁止#親友の幸せは私にとっても本当に幸せなこと#片方の結婚で切れる友情ではない」と友情の深さを示した。

ぺえは、前田と勝地が交際を始める前のエピソードを披露し、「#2人が付き合う前に敦子から相談を受けていた#ねえぺえ的には勝地さんと私どう思うって小声で聞いてきた#周りに人もいないのに#ぺえにだけは聞いておきたくてって真剣な顔で相談された」と前田から相談されたことを回顧。ぺえは「#あたし2人が結婚するの想像できるんだよね#なんだか見えるんだよね2人が結婚するの」と答えたそうで、「#今考えるとなんか怖い#なんか直感でお互いを理解して高め合える関係になれるんじゃないかと思った」と直感が当たったようだ。


さらに、すでに前田から勝地を紹介され、3人で家で遊んだりご飯に行ったりと親交を深めていることも報告。「#会うと毎回3人で旅行も行こうねって勝地さんが1時間おきぐらいで言ってくれる#邪魔にならない程度でついていきます#なんなら新婚旅行のカメラマン立候補します#それこそ完全に邪魔か」ともつづった。

前田からは1週間前に結婚の報告を受けていたといい、「#ぺえには先に伝えておきたいことがあると連絡がきた#正直先に伝えておきたいことと言われた時点でピンときた#あたし結婚するのって小声で報告された#周りに人もいないのに」と前田の様子をハッシュタグでユーモアたっぷりに述懐。

最後は「#これから結婚生活お互い支え合いながら壁にぶち当たっても2人で乗り越えてください#敦子のワガママを一番近くで聞いてあげてください#敦子幸せになりなさいよ」と親友としてメッセージを送っている。

2016年にテレビ番組で共演したことをきっかけに親交を深め、今では“あつぺえ”コンビとしてファンからもおなじみとなっている2人。ファンからは「カッコいい!」「あつぺえ最高」「素敵な投稿ありがとう」「ぺえも絶対幸せになってね」「大きな愛を感じました」など反響が寄せられている。

 

◆前田敦子&勝地涼、連名で結婚発表


前田と勝地は31日、所属事務所を通して連名で「私共、勝地涼と前田敦子は7月30日に入籍致しましたことをご報告させて頂きます」と発表。「未熟な二人ではございますが、笑顔のたえない明るい家庭を築いていきたいと思います。これからも、お互いに支え合い、与えられたひとつひとつのお仕事に真摯に取り組んで参りたいと思っております」とし「これからの二人を、どうか温かく見守って頂けましたら、幸いです」と呼びかけた。

今年5月、一部にて熱愛が報じられた2人。報道によれば2015年、ドラマ「ど根性ガエル」(日本テレビ)で共演したことをきっかけに友人として交流。昨年9月公開映画「食べる女」で再共演し、今年春頃から交際スタート、と伝えられていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
スポンサーサイト



line

子どもを持たない選択をしたセレブたちの本音

子どもを持たない選択をしたセレブたちの本音
子供を持つことは誰かのためではない。その決断はとても個人的なもので、それでも常に人目にさらされているセレブたちの場合、“特定の年齢”に達すると、彼女たちの身体や生体時計を精査されたり、家族計画について、侵略的な質問を受けることもしばしばある。そんなデリケートな問題について、セレブたちが正直な胸の内を自らの言葉で語った。

【写真】40歳以上で出産したセレブママ30人
子どもを持たない選択をしたセレブたちの本音
子供を持つことは誰かのためではない。その決断はとても個人的なもので、それでも常に人目にさらされているセレブたちの場合、“特定の年齢”に達すると、彼女たちの身体や生体時計を精査されたり、家族計画について、侵略的な質問を受けることもしばしばある。そんなデリケートな問題について、セレブたちが正直な胸の内を自らの言葉で語った。

【写真】40歳以上で出産したセレブママ30人

先日、ある面白い

WEBセミナーを視聴しました。


セミナーのテーマは

仮想通貨ということだったので、


儲かるコイン情報やICO情報が

少しでも手に入ればいいかなという

軽い気持ちで観たのですが、


その期待を裏切る内容の濃さに

正直驚きました。


それは、このWEBセミナー

だったのですが・・・


https://bit.ly/2LCakL5



このWEBセミナーで

語られていた内容は、


他に誰も話していないような

お金の世界の“ウラの真実”でした。


いま、多くの人が

当たり前に信用している

世界の基軸通貨である円やドル


その知られざる実態について

初めて聞く内容が語られていました。


そして、私はその内容に

本当に驚きました。


それと同時に、

ものすごい不安と

危機感も感じました。


何故なら、いまのままだと

私は完全に世の中の流れに

乘り遅れてしまうと思ったからです。


私はいままで、

お金や資産運用については

あまり深く考えずにきたので、


これからはもっとしっかりと

勉強しなければいけないと

強く感じました。


そして、


このWEBセミナーをみて

もう一つ私が強く感じたことがあります。


それは、


「知らないということは

 とても怖いことだなぁ」


ということでした。


情報を知らないことで、

チャンスを逃していることが

たくさんある。


そして、情報を知らないことで

私達は知らないうちに

大きなリスクにさらされている


ということを改めて実感しました。



いま金融の世界で

どんなことが起こっているのか?


その真実に興味がある方は、

ぜひこのWEBセミナーをご覧に

なることをおすすめします。


https://bit.ly/2LCakL5 



追伸:

※参加費は無料で、爆上げが見込める

特別なコインももらえるそうです。



https://bit.ly/2LCakL5


line

江本氏、巨人・内海を絶賛「左ピッチャーの教科書」

江本氏、巨人・内海を絶賛「左ピッチャーの教科書」
● DeNA 0 - 6 巨人 ○
<15回戦・横浜>

 巨人の内海哲也が2014年9月12日のDeNA戦以来となる完封勝利を挙げた。

 2回までに5点の援護をもらった巨人先発・内海は、スコアボードに0を入れていく。5回に無死一、二塁のピンチを招いたが、ソトを二ゴロ、ロペスを低めのスライダーで空振り三振、4番・筒香嘉智を中飛に仕留め、無失点で切り抜けた。

 6回以降も安定したピッチングでDeNA打線を封じていき、内海は9回、6安打、4奪三振、2四死球、無失点で完封勝利。

 31日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「内海に尽きます。1、2回に5点取ってくれましたけど、内容的には素晴らしい」と絶賛。

 「特に5回のピッチングは圧巻でした。左ピッチャーの教科書にした方がいいというような配球でしたよね。ソト、ロペス、筒香の攻め方ですよね。配球の意図がありました。素晴らしかったですね」と5回のピッチングを褒め称えていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

先日、ある面白い

WEBセミナーを視聴しました。


セミナーのテーマは

仮想通貨ということだったので、


儲かるコイン情報やICO情報が

少しでも手に入ればいいかなという

軽い気持ちで観たのですが、


その期待を裏切る内容の濃さに

正直驚きました。


それは、このWEBセミナー

だったのですが・・・


https://bit.ly/2LCakL5



このWEBセミナーで

語られていた内容は、


他に誰も話していないような

お金の世界の“ウラの真実”でした。


いま、多くの人が

当たり前に信用している

世界の基軸通貨である円やドル


その知られざる実態について

初めて聞く内容が語られていました。


そして、私はその内容に

本当に驚きました。


それと同時に、

ものすごい不安と

危機感も感じました。


何故なら、いまのままだと

私は完全に世の中の流れに

乘り遅れてしまうと思ったからです。


私はいままで、

お金や資産運用については

あまり深く考えずにきたので、


これからはもっとしっかりと

勉強しなければいけないと

強く感じました。


そして、


このWEBセミナーをみて

もう一つ私が強く感じたことがあります。


それは、


「知らないということは

 とても怖いことだなぁ」


ということでした。


情報を知らないことで、

チャンスを逃していることが

たくさんある。


そして、情報を知らないことで

私達は知らないうちに

大きなリスクにさらされている


ということを改めて実感しました。



いま金融の世界で

どんなことが起こっているのか?


その真実に興味がある方は、

ぜひこのWEBセミナーをご覧に

なることをおすすめします。


https://bit.ly/2LCakL5 



追伸:

※参加費は無料で、爆上げが見込める

特別なコインももらえるそうです。



https://bit.ly/2LCakL5


line

近づく、正式発表。Galaxy Note 9 事前情報まとめ

近づく、正式発表。Galaxy Note 9 事前情報まとめ

 
Image: Evan Blass/Twitter
 

日本時間8月10日未明、正式発表予定。

ちらりと見えるイエローゴールドのペン。電池がどんどん減っていく姿を描いたおもわせぶりなYouTube動画。Galaxy Note 9についての公式発表と噂の検証を米GizmodoのSam Rutherford記者がうまくまとめてくれました。

まだ季節は夏。それなのに、もうSamsung(サムスン)のGalaxy Note 9の発表が公式ツイートされてました。公式発表は8月9日(現地時間)。これは例年のNoteの公式発表から約2~3週間も早い日程です。Samsungは秋の新作リリースをApple(アップル)とGoogle(グーグル)に先駆けてやろうとしているようにも見えます。

公にされている情報はまだ少なすぎますが、Samsungが6月後半に発表したティーザー画像を見るとGalaxy Note 9用のSペンにゴールドがかったイエローが含まれていることは間違いありません。さらに最近Samsungが投稿したYouTube動画には、バッテリーがどんどん減っていく端末を前にあがくユーザーの様子が描かれていました。特に具体的な機能やコンポーネントについての言及はないものの、この動画からはNote 9の新機能にバッテリー寿命が大きく向上する「何か」が含まれているのはあきらかです。

公式に発表されている情報以外に目を向ければ、そこかしこに散らばる噂情報をかきあつめることにより8月9日の公式発表を予想することができます。それではNote 9の噂情報をまとめてみたいと思います。

デザイン

Note 9の外観の変化に期待を寄せる人には悲しいニュースですが、レポーターEvan Blass(@evleaks)によればあまり外観に変化はなさそうです。前から見た感じではNote 9のルックはNote 8とほとんど同じ。背面のカメラモジュールのすぐ下には指紋認証センサーがつくのではないかと思われます。端末のベゼル部分も小さくなってはいるものの、なくなってはいなさそう。ということはノッチがつかないということ、Samsungは端末にノッチをつけない、唯一のメジャーなスマホメーカーなのです。

Evan Blassのツイートからわかるのは、Note 9の新色。標準ブラックに加え、これまでよりダークなブルーとブラウン。ゴールドっぽいイエローのS Penがついてくるのはどうやらダークブルーのモデルのようです。これはリークツイートで有名なIce Universeのツイッター画像からもわかります。 イエローとブルーがカラーコンビとなるのです。

またSamsungはNote 9のヘッドホンジャックもそのままにしています。噂は噂にしかすぎないことはわかっていますが、Evan BlassとIce Universeの過去のSamsungレビューを見ると、Samsungが大きくデザインチェンジするのは2年に一度。このふたりのレビューはいいとこついていると言っていいでしょう。

スペックとカメラ

Investorからの情報によれば、Note 8では6.3インチだった画面がNote 9では6.4インチに、少しだけ大きくなるとのこと。MySmartPriceが投稿した動画によると、Note 9のリテールパッケージでは防水性能をIP68とし、メモリは6GB、容量は64GBに。ワイヤレス充電を搭載し、AKGのヘッドホンを抱き合わせるとか。米国ではQualcomm製新世代SoC「Snapdragon 845」の採用が期待されていますが、 海外では新チップと騒がれているSamsung Exynos 9810プロセッサが搭載されるかも。

それでも物足りない? SamsungのティーザーとIce Universeのツイートの信憑性が高いなら、メモリ8GBに容量をたっぷりの512GBとしたNote 9のハイエンド版はどうでしょう。

Note 9のカメラはGalaxy S9+のリアに搭載された12メガピクセルから大きな変化はありません。ですが絞り(F値)を1.5と2.4で切り替えできるようになるのと、光学2倍ズームのレンズがついたセカンダリセンサが搭載されるようになり、機能アップ。ライブ翻訳機能で代表されるBixby Visionの拡張機能各種も使えるようになります。「AR Emoji(拡張現実絵文字)」 や物体認識もそのひとつ。

Note 9のバッテリー容量4,000 mAhはかなり長持ちすること間違いなし。Ice Universe によればこのスペックは100パーセント確定しているとのこと。GalaxyClub.nlによれば、どうやらSamsungはNote 9に採用するさらに高速なワイヤレス充電器を開発できたらしいとのこと。これは出力12V/2.1Aで、Note 9の大きなバッテリも楽に再充電できるというわけ。

Sペンとその他の要素

それではGalaxy Noteシリーズにとってもっとも重要な機能、S Penは?

Sammobileによれば、S PenはBluetoothの拡張機能により、今まででもっとも飛躍的な進化を遂げ、スタイラスペンでありながら音楽のプレイバックをコントロールしたり、カメラのシャッターを押したり、リモートでいろいろできるようになる可能性があります。S PenがミニBluetoothスピーカーとして機能するというレポートも。いや、それはいくらなんでもあのSamsungさんでもちょっと飛躍しすぎか。

SamsungのアクセサリにはRoland Quantによってワイヤレス充電器「Duo」が報告されています。スマホと同時にSamsungのスマートウォッチGearウオッチも充電しちゃおうという便利さですが、Samsung Gear S3の後継機種の実際のお目見えは8月の終わりに開催される家電見本市IFAと考えられています。

また、ゲーマーでNote 9の購入を考えているなら、9to5Googleのレポートに注目。『フォートナイト』のデベロッパー、エピックゲームズがこの人気バトルゲームをNote 9に期間限定で展開するというのは聞き捨てなりませんね。現在、(Androidでは現在プレイできない)『フォートナイト』はコンピュータや各種コンソール、iOSでも遊べますが、これが実現すればNote 9が『フォートナイト』を遊べる初のAndroid端末となります。Note 9を予約注文すると、『フォートナイト』のゲーム内仮想通貨「V-バックス」を100~150ドル分もらえるらしいですよ。

価格と発売時期

台湾のDigitimesによれば、Note 9は8月9日に発表されたすぐ後に発売となり、ETNewsによれば韓国のキャリアは8月24日に発売開始するとのこと。 どのレポートや情報を見てもNote 8と同等の値段になることは間違いなし。登録通信事業者によって異なるがだいたい930ドルくらいではないかとのこと。

[更新 7/30 12:45 PM] インドネシア発のリーク記事を見つけてくれたSammobileによれば、容量128GBのGalaxy Note 9は13,500,000ルピアとのこと。これを通貨換算すると約940ドル(約104,000円)。 安い買い物とはなりませんね。他の噂を総合しても、Note 9の値段はNote 8が去年発売されたときの値段とほとんど変わらないでしょう。

Galaxy Note9 ガラスフィルム Note 9 フィルム 専用 3D 全面 フルカバー Note9 フィルム 6.4インチ Samsung ギャラクシー ノー9 液晶保護フィルム 木箱 国産強化ガラス素材 ケースに干渉せず クリア

1,220円



Image: Twitter
Video: YouTube (1, 2)
Source: Twitter (1, 2, 3, 4, 5, 6, 7), Investor, GalaxyClub.nl, Sammobile, 9to5Google, Digitimes, ETNews

Sam Rutherford - Gizmodo US[原文]
(Kaori Myatt)



先日、ある面白い

WEBセミナーを視聴しました。


セミナーのテーマは

仮想通貨ということだったので、


儲かるコイン情報やICO情報が

少しでも手に入ればいいかなという

軽い気持ちで観たのですが、


その期待を裏切る内容の濃さに

正直驚きました。


それは、このWEBセミナー

だったのですが・・・


https://bit.ly/2LCakL5



このWEBセミナーで

語られていた内容は、


他に誰も話していないような

お金の世界の“ウラの真実”でした。


いま、多くの人が

当たり前に信用している

世界の基軸通貨である円やドル


その知られざる実態について

初めて聞く内容が語られていました。


そして、私はその内容に

本当に驚きました。


それと同時に、

ものすごい不安と

危機感も感じました。


何故なら、いまのままだと

私は完全に世の中の流れに

乘り遅れてしまうと思ったからです。


私はいままで、

お金や資産運用については

あまり深く考えずにきたので、


これからはもっとしっかりと

勉強しなければいけないと

強く感じました。


そして、


このWEBセミナーをみて

もう一つ私が強く感じたことがあります。


それは、


「知らないということは

 とても怖いことだなぁ」


ということでした。


情報を知らないことで、

チャンスを逃していることが

たくさんある。


そして、情報を知らないことで

私達は知らないうちに

大きなリスクにさらされている


ということを改めて実感しました。



いま金融の世界で

どんなことが起こっているのか?


その真実に興味がある方は、

ぜひこのWEBセミナーをご覧に

なることをおすすめします。


https://bit.ly/2LCakL5 



追伸:

※参加費は無料で、爆上げが見込める

特別なコインももらえるそうです。



https://bit.ly/2LCakL5


line

これを知っていたらコーヒー通! 豆ではなく果実を使ったコーヒーの新しい楽しみ方

これを知っていたらコーヒー通! 豆ではなく果実を使ったコーヒーの新しい楽しみ方

 
捨てられていたコーヒーの果実がおいしいシロップに

コーヒーが好きで毎日欠かさず飲むという人も、“カスカラ”を知っている人はあまり多くないのではないでしょうか。ふだん私たちが飲んでいるコーヒーは種(豆)を焙煎したものですが、“カスカラ”は、その種(豆)を包んでいる赤い果実を乾燥させたもの。イエメンなど一部の地域で「カスカラティー」などとして親しまれてきましたが、これまではコーヒー生産国以外にはあまり出回らず、捨てられてしまうことが多かったそうです。ところが最近、アメリカのスターバックスで注目されたのを機に、その“カスカラ”が日本でもコーヒー通の間で話題になっているのだとか。

【写真を見る】真っ赤に熟したコーヒーの果実

「百年先も続く、豊かな森をラオスから」をコンセプトに、ラオス北部に暮らす山岳少数民族とともに、彼らの伝統的な暮らしと豊かな森を未来につないでいくための農法として、アグロフォレストリー(森林の中で農作物を育てる栽培方法)の考えを用いたコーヒー栽培の普及を目指す活動「メコン オーガニック プロジェクト」。その活動を立ち上げ、支援している会社「坂ノ途中」の<ラオスの森コーヒー>の新商品「カスカラシロップ」も、その一つ。“カスカラ”を原料にしたフルーティーなシロップです。

開発担当者によると、きっかけは「コーヒー豆だけでなく、フルーツとしてのコーヒーの楽しみも提案したい。これまで捨てられてきたものの価値を引き出し、農家さんの所得向上にもつなげたい」という思いから。「でも、“カスカラ”は原料そのままだとおいしく飲むのにコツがいるため、おうちで手軽においしく飲めたら」とシロップ作りに着手したそうです。

原料の分量や抽出時間、使用する甘味料など何度も試作を重ねてやっと完成したという「カスカラシロップ」は、アンズのようなさわやかな酸味と、すっきりとしたやさしい甘さ。ソーダや牛乳で割ったり、ヨーグルトやパンケーキにかけたり、料理の甘みとして使ったり、癖がないのでいろいろな楽しみ方ができそうです。

“カスカラ”はコーヒーと比較するとカフェインが少なく、ポリフェノールが豊富で抗酸化作用があるといわれていて、ヘルシー志向の人にもぴったり! 新しいコーヒーの味わい、ぜひチェックしてみてはいかがですか?(レタスクラブニュース)



先日、ある面白い

WEBセミナーを視聴しました。


セミナーのテーマは

仮想通貨ということだったので、


儲かるコイン情報やICO情報が

少しでも手に入ればいいかなという

軽い気持ちで観たのですが、


その期待を裏切る内容の濃さに

正直驚きました。


それは、このWEBセミナー

だったのですが・・・


https://bit.ly/2LCakL5



このWEBセミナーで

語られていた内容は、


他に誰も話していないような

お金の世界の“ウラの真実”でした。


いま、多くの人が

当たり前に信用している

世界の基軸通貨である円やドル


その知られざる実態について

初めて聞く内容が語られていました。


そして、私はその内容に

本当に驚きました。


それと同時に、

ものすごい不安と

危機感も感じました。


何故なら、いまのままだと

私は完全に世の中の流れに

乘り遅れてしまうと思ったからです。


私はいままで、

お金や資産運用については

あまり深く考えずにきたので、


これからはもっとしっかりと

勉強しなければいけないと

強く感じました。


そして、


このWEBセミナーをみて

もう一つ私が強く感じたことがあります。


それは、


「知らないということは

 とても怖いことだなぁ」


ということでした。


情報を知らないことで、

チャンスを逃していることが

たくさんある。


そして、情報を知らないことで

私達は知らないうちに

大きなリスクにさらされている


ということを改めて実感しました。



いま金融の世界で

どんなことが起こっているのか?


その真実に興味がある方は、

ぜひこのWEBセミナーをご覧に

なることをおすすめします。


https://bit.ly/2LCakL5 



追伸:

※参加費は無料で、爆上げが見込める

特別なコインももらえるそうです。



https://bit.ly/2LCakL5


line

「まるで前田敦子が偽装結婚でもしたかのような」 ツイッターで珍騒動

「まるで前田敦子が偽装結婚でもしたかのような」 ツイッターで珍騒動

 
ツイッタートレンドで「偽装結婚」と「あっちゃん」が並んで表示されていた

元AKB48で女優の前田敦子さんの結婚ニュースが注目を集める中、ツイッターで「前田敦子が偽装結婚したのかと思った」と「誤解」する人が相次ぐ珍現象が起きた。

これには、ツイッターのトレンド入りしたワードの「並び」が関係していた。

トレンド欄で「あっちゃん」と関係ない事件が...

前田さんと俳優の勝地涼さんの2人は2018年7月31日、結婚したことを発表。所属事務所を通じ、マスコミ各社へファクスを送った。

31日のツイッターには、2人の結婚を祝福する声が続々と寄せられた。ところが、そんな声に交じって、

「前田敦子が偽装結婚したのかと思ったわ」
「前田敦子が偽装結婚ってマジ?」

といった指摘も相当数、集まった。状況をやや詳しく説明する人もいて、

「ツイッターのトレンドで見たけど、前田敦子と勝地涼が偽装結婚ってマジなのですか?」
「トレンドの順番で、あっちゃん結婚の下に偽装結婚って書いてあったから、まさかと思っちゃったよ」

と、ツイッターのトレンド欄などが関係していることがうかがえる。ランキング画面の画像を添えている人もいて、「4位 あっちゃん結婚、5位 偽装結婚」などの表示が確認できる。31日夕にJ-CASTニュース編集部も確認すると、ツイッターの「東京のトレンド」欄で「偽装結婚」のすぐ下に「あっちゃん」のキーワードが確認できた。

偽装結婚したのは「コスプレしたい」カナダ人

「偽装結婚」は、前田さんの結婚とは全く別のニュース。日本でコスプレをしたい、と偽装結婚を持ちかけて事実ではない婚姻届を提出させたカナダ人の女らが逮捕された事件で、FNNが31日昼に配信した記事(ネット版)は一時、ヤフーニュースの総合トピックスに取り上げられ注目を集めた。他に時事通信なども報じている。

ツイッターでは勿論、冷静に理解している人も多く、

「まるで前田敦子が偽装結婚でもしたかのようなトレンド」
「前田敦子結婚と偽装結婚が並んでいると、何事かと思うじゃん!!」

と、両キーワードを別ニュースだと分かった上で、たまたま順番が並んだために、誤解しそうだと指摘していた。偶然が招いた珍現象に、「前田敦子が偽装結婚したのかと空見してしまうがな」とツッコミを入れたあとで、「あめでとうございます」とお祝いを忘れないツイートも見受けられた。



先日、ある面白い

WEBセミナーを視聴しました。


セミナーのテーマは

仮想通貨ということだったので、


儲かるコイン情報やICO情報が

少しでも手に入ればいいかなという

軽い気持ちで観たのですが、


その期待を裏切る内容の濃さに

正直驚きました。


それは、このWEBセミナー

だったのですが・・・


https://bit.ly/2LCakL5



このWEBセミナーで

語られていた内容は、


他に誰も話していないような

お金の世界の“ウラの真実”でした。


いま、多くの人が

当たり前に信用している

世界の基軸通貨である円やドル


その知られざる実態について

初めて聞く内容が語られていました。


そして、私はその内容に

本当に驚きました。


それと同時に、

ものすごい不安と

危機感も感じました。


何故なら、いまのままだと

私は完全に世の中の流れに

乘り遅れてしまうと思ったからです。


私はいままで、

お金や資産運用については

あまり深く考えずにきたので、


これからはもっとしっかりと

勉強しなければいけないと

強く感じました。


そして、


このWEBセミナーをみて

もう一つ私が強く感じたことがあります。


それは、


「知らないということは

 とても怖いことだなぁ」


ということでした。


情報を知らないことで、

チャンスを逃していることが

たくさんある。


そして、情報を知らないことで

私達は知らないうちに

大きなリスクにさらされている


ということを改めて実感しました。



いま金融の世界で

どんなことが起こっているのか?


その真実に興味がある方は、

ぜひこのWEBセミナーをご覧に

なることをおすすめします。


https://bit.ly/2LCakL5 



追伸:

※参加費は無料で、爆上げが見込める

特別なコインももらえるそうです。



https://bit.ly/2LCakL5


line

朝の1分を制する者が、人生を制する! 夜型人間でもたった1分の習慣で朝型に変わることができるか試したみた

朝の1分を制する者が、人生を制する! 夜型人間でもたった1分の習慣で朝型に変わることができるか試したみた

 
『成果を出す人、出せない人との大きな違い その『1分』を変えなさい!』(後藤勇人/実業之日本社)

「朝型生活をしなさい」「“朝活”がいいらしい」…世の中のいたるところで、朝早く起きて勉強や仕事、運動などに打ち込むことが推奨されている。私自身も、子供のころから親には毎日のように「朝早く起きなさい!」言われてきたし、個人的な体感としても午前中の過ごし方によってその日の充実度が変わることもわかっている。

 そう、わかってはいる…のだが、「わかっている」と「できる」の間には、天と地ほどの差がある。学生時代は毎日遅刻ギリギリの時間にしか起きられなかったし、ライターの仕事を始めてからも「キリのいいところまで」とつい夜ふかししてしまうため、午前中に有意義な活動をできたことなどほとんどない。珍しく早く起きられた日も、ボーッと朝のニュース番組を見ているといつのまにか時間が過ぎている…。

 そんな私にも「これならできそう!」と思わせてくれた朝活本が『成果を出す人、出せない人との大きな違い その『1分』を変えなさい!』(後藤勇人/実業之日本社)だ。本書では、自分の目標を達成するための有意義な時間を過ごし、朝型人間になるための23の習慣が紹介されているのだが、その習慣はどれもたった“1分”から始められるという。その中から、私でも早速チャレンジできそうなものを3つ選んでみた。

■朝1分、外に出て新鮮な空気に触れる
(難易度★)

 朝は、排ガスやほこりが少ないため、空気が澄んでいる。著者によれば、朝の1分間で散歩を行い、新鮮な空気を吸うと、全身の細胞が生き返ったような気分になるという。私もここ数日、起きたあとすぐに散歩をするようにしてみた。すると、確かに朝日を浴びて深呼吸すると気持ちがいいし、歩くことでちょっとした運動にもなるため、頭と身体が短時間で覚醒する。その結果、朝からダラダラとテレビを見る時間も減り、スムーズに仕事モードへと切り替えられるようになった。朝日を浴びると、14~16時間後にはメラトニンが分泌されるため、その晩の早寝習慣にもつながる。いい循環だ。

■朝1分、仕事のアイディアを考える
(難易度★★)

 朝の脳は、まだ情報が何も書きこまれていないクリアな状態。そのため、仕事のアイディアを考えるのにも適しているのだという。著者は、アイディアを生み出したいとき、そのテーマに関連するヒトやモノの情報をすべてインプットし、目を閉じて1分間集中して考える。その結果、登場人物や顧客が笑顔になっている映像が出てきたら、それがポジティブなアイディアのヒントになるのだという。仕事で行き詰まりを感じていると、時間帯に関係なく四六時中そのアイディアについて考え込んでしまいがちだが、脳がスッキリしている朝に時間を決めて考えるほうが確かに効果的なようだ。

■朝1分、偉人の格言を読み、成功する人間力をつける
(難易度★★★)

「カタい本を読むのは苦手…」という人も、毎日1ページずつであれば読み進められるだろう。時代を超えて読み継がれている偉人の本や名作には、いつの時代にも通用する普遍的な生き方の指針が記されているため、本質的な人間力を養うことができるという。例えば、兵法を綴った孫子は何千年も前の戦の本にもかかわらず、今でもビジネス戦略で引き合いに出される名著だ。著者は孫子の他、孔子や吉田松陰、森信三、武田信玄などの言葉もすすめている。うん、これはその日の仕事や話題のヒントにもなりそうだ。

 著者は、物事を持続させるために重要なことは「行動のハードルをいかに下げるか」だと主張している。だからスタートは“1分”なのだ。はじめは1分しかできなくても、慣れてきたら2分、3分と長くしていけばいいし、徐々に実現できる習慣の数も増えていくだろう。あなたが達成したい目標(仕事でも、ダイエットでも、いっそ恋愛などの人間関係でも)に近づきたいと願うなら――まずはそのために、朝の“1分”から変えてみてはどうだろう。

文=中川 凌






先日、ある面白い

WEBセミナーを視聴しました。


セミナーのテーマは

仮想通貨ということだったので、


儲かるコイン情報やICO情報が

少しでも手に入ればいいかなという

軽い気持ちで観たのですが、


その期待を裏切る内容の濃さに

正直驚きました。


それは、このWEBセミナー

だったのですが・・・


https://bit.ly/2LCakL5



このWEBセミナーで

語られていた内容は、


他に誰も話していないような

お金の世界の“ウラの真実”でした。


いま、多くの人が

当たり前に信用している

世界の基軸通貨である円やドル


その知られざる実態について

初めて聞く内容が語られていました。


そして、私はその内容に

本当に驚きました。


それと同時に、

ものすごい不安と

危機感も感じました。


何故なら、いまのままだと

私は完全に世の中の流れに

乘り遅れてしまうと思ったからです。


私はいままで、

お金や資産運用については

あまり深く考えずにきたので、


これからはもっとしっかりと

勉強しなければいけないと

強く感じました。


そして、


このWEBセミナーをみて

もう一つ私が強く感じたことがあります。


それは、


「知らないということは

 とても怖いことだなぁ」


ということでした。


情報を知らないことで、

チャンスを逃していることが

たくさんある。


そして、情報を知らないことで

私達は知らないうちに

大きなリスクにさらされている


ということを改めて実感しました。



いま金融の世界で

どんなことが起こっているのか?


その真実に興味がある方は、

ぜひこのWEBセミナーをご覧に

なることをおすすめします。


https://bit.ly/2LCakL5 



追伸:

※参加費は無料で、爆上げが見込める

特別なコインももらえるそうです。



https://bit.ly/2LCakL5

line

安倍政権が突然「外国人労働者受け入れ」に転換した分かりやすい事情 結局、目先の利益か…

安倍政権が突然「外国人労働者受け入れ」に転換した分かりやすい事情 結局、目先の利益か…

 
安倍政権が突然「外国人労働者受け入れ」に転換した分かりやすい事情

なぜ突然…?

安倍政権は、これまでの方針を180度転換し、6月15日に決めた「骨太の方針」(「経済財政運営と改革の基本方針2018」に、単純労働(在留資格名は「特定技能」)に従事する外国人労働者を受け入れる政策を盛り込んだ。

簡単な試験にパスした外国人を上限5年で受け入れ、この間に、さらに一定の試験にパスすれば、永住と家族の帯同も認めるというものだ。経済と社会の維持に必要な人口減少対策をようやくテコ入れするものとして歓迎したい。

気掛かりなのは、施策の重心がアジアからの単純労働従事者の獲得に偏っている点である。背景には、そうした分野での人材不足があるが、人材不足は他の分野にも共通する問題だ。先進国からハイテク技術者や経営能力に長けた人材を呼び込む改革がなければ、劣化が目立つ国際競争力の回復には繋がらない。

 

また、安倍政権は否定しているものの、今回の施策は事実上の移民拡大策だ。外国人労働者にも所得税や住民税の負担義務がある中で、永住権を付与すれば、遠からず彼らの政治参加の議論に火が付くだろう。そうした事態に備えた国民的なコンセンサス作りも避けて通れない。

ところが、今回の外国人労働者受け入れ策は、9月に迫った自民党総裁選での安倍総理の3選を確実にすることが最大の狙いとされ、いささか拙速なうえ、動機が不純だ。こうなると、予想される世論の反発を乗り越えて必要な国民的なコンセンサスを構築できるか、懸念を感じずにはいられない。日本の歴史的な転換点になるかもしれない壮大な方針転換の虚実を検証しておこう。

愕然とするほかなし

先週火曜日(7月24日)の「外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」開催のニュースをきっかけに、この会議の元になっている「骨太の方針」を一読して、筆者は愕然とした。

ミスリードされたのか、それとも忖度したのか、当時、主要な新聞は、今回のポイントが、在留期間制限(最長5年)のある「単純労働に従事する外国人労働者」の受け入れ解禁であるかのように報じており、筆者もその報道を鵜呑みにしていたからである。

実際には、「骨太の方針」は、すべての外国人労働者をいずれ帰国させるとは考えていないと明記している。該当部分を抜粋すると「新たな在留資格による滞在中に一定の試験に合格するなどより高い専門性を有すると認められた者については」、「在留期間の上限を付さず、家族帯同を認める等の取扱いを可能とするための在留資格上の措置を検討する」というのだ。

永住の道を開く今回の施策は、主要紙が報じた切り口よりも、将来の日本の社会・コミュニティの在り方に大きな影響を及ぼす可能性が高く、国民の理解が必要な政策であることは明らかだ。国民に十分に知らさずに、政府が独断専行で決めていい問題ではない。

総裁選をにらんでいるのが見え見え

筆者が「骨太の方針」を呼んで想起したのは、方向性こそ真逆だが、政策の全体像・実像をきちんと伝えないという意味でそっくりな2015年9月の「新3本の矢」のお披露目だ。

あの時、自民党総裁選で再選されたばかりの安倍総理は、「本日、この日から、アベノミクスは『第二ステージ』へと移ります。目指すは『一億総活躍』社会であります。少子高齢化に歯止めをかけ、50年後も人口1億人を維持する」とぶち上げた。そして、その第二の矢の「ターゲットは、希望出生率1.8の実現です」と述べたのである。

子供でもわかる話だが、夫婦2人に対して出生率1.8では、人口が減り続ける。「50年後も人口1億人を維持する」ことは不可能だ。

総理演説が羊頭狗肉のものとなった原因は、タネ本とでも言うべき、日本経済研究センターのレポート「長期経済予測 『2050年への構想』最終報告:(https://www.jcer.or.jp/research/long/detail4723.html)が、実現のために必要だとしていた2つの具体策をそっくりカットしたからだった。

 

それは、「(出生率は1.4から1.8に引き上げるために)財政資金を毎年7~8兆円を投じる」ことと、「今から徐々に移民の受け入れを増やし、2050年以降はさらに加速して純流入者数を年20万人規模とする必要がある」ことだ。このうち移民(外国人労働者)の議論が削除された背景には、安倍総理を取り巻く保守派の議員たちの猛反対があったことが原因とされる。

しかし、この5年間に、経済と社会を取り巻く状況は一変した。安倍政権が頑なに制度改革を拒んで、外国人労働者の増加を押さえようとしたにもかかわらず、人口減少に伴う人手不足の深刻化で、留学生などを雇用する企業が急増したのである。その結果、厚生労働省によると、外国人労働者数は2017年には127.9万人と5年前に比べて60万人近くも増えた。

そんな中で迫ってきたのが、今年9月の自民党総裁選だ。今回の総裁選は、総裁公選規程の改定で、安倍総理に3選の道が開かれた。総理は、自身の出身派閥である細田派(所属議員数94人)、麻生派(同59人)、二階派(同44人)に加えて、岸田文雄・政調会長が出馬を断念して安倍総理支持を明確にしたことで、国会議員票で圧倒的にリードしている模様だ。

加えて、立候補に意欲を見せていた野田聖子総務大臣が、自身の事務所に絡む情報公開請求を受け、開示請求した報道機関名を含む情報を、金融庁からリークされていたという不祥事が発覚。出馬に必要な20人の推薦人集めが難しくなったとみられ、“自滅”状態だ。

選挙戦は、安倍総理と、立候補を表明している石破茂・元自民党幹事長との一騎打ちになるとみられている。そうした中で、安倍総理の数少ない死角とされているのが、地方票の取りこぼしだ。

地方票は、農業や、建設分野の中小企業経営者など、保守的な自民党員が中心。この層は、いずれも深刻な人手不足に見舞われ、外国人労働者の受け入れ拡大を強く求めているという。

こうしたことから、安倍総理がこれまでの頑なな姿勢を一変した背後には、総裁選で地方票の取りこぼしを防ぐ狙いがあるとみられる。

ちなみに、新たに、単純労働での就労を最長5年間認める「特定技能」という名の在留資格の対象は、建設、農業、介護、造船、宿泊の5分野だ。加えて、働きながら学ぶことが前提だった従来の「技能実習」(最長在留期間5年)を終えた外国人労働者も、今後はさらに最大5年(最長10年)在留資格が延長され、延長期間中にやはり一定の試験にパスすれば、「特定技能」と同様に、永住と家族帯同を認めるという。

安倍政権は、「骨太の方針」で、これらの施策をテコに、2025年ごろまでに新たに50万人程度の外国人労働者を受け入れる目標を掲げている。

外国人労働者の受け入れを拡大するため、安倍政権は先週火曜日(7月24日)、関係閣僚会議を開催し、「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」という方針を採択した。様々な観点から必要な環境整備・対策を行うことを明確にしたもので、そのポイントは大別して四つある。

第一に、多くの外国人労働者が在留する「多文化共生社会」を実現するため、国民及び外国人の参加の下、各地で共生施策の企画立案に役立てる意見聴取の機会を設ける。

また、言語、宗教、慣習等の違いから、様々な人権問題の発生と増加が懸念されるので、国民と外国人が意見を交わす機会の設定、海外の先進事例を紹介するワークショップの開催、国民への適切な情報提供などを通じて、共生に対する意識啓発を行い、偏見と差別のない社会の構築を目指すという。

 

第二が外国人の生活支援だ。日本語教育の充実、行政・生活情報の多言語化、医療・保健・福祉サービスの提供、公営住宅・民間賃貸住宅等への入居支援、防災・防犯・交通安全対策の充実、外国人の児童・生徒の教育の充実、就学促進といった手を打つ。その一方で、適正な労働条件と雇用管理を確保し、雇用を安定させるとともに、社会保険への加入を促す。

第三に、外国人を円滑に受け入れるため、受け入れ企業や登録支援機関が行う支援内容を具体化するほか、悪質な仲介事業者を排除する。在外公館を通じた新たな受け入れ制度の周知・広報と、海外における日本語教育も充実する。

第四が、新たな在留管理体制の構築だ。受け入れ企業等がオンラインで代行できる在留資格手続きの申請開始や、法務省・厚労省の情報共有による外国人の在留状況・雇用状況の正確な把握、不法滞在者対策の強化を含む。

これらは、盛りだくさんに映るかもしれないが、世界中で労働者の獲得合戦が激化しているし、すでに多くの移民を入れた先進国で国民との軋轢が生じているから不可欠の施策と言えるだろう。安倍政権が受け入れに並々ならぬ意欲を持っている表れとして評価したい。

みずほ総合研究所の「緊急リポート:骨太政策と外国人労働の重要性」によると、外国人労働者の比率は、アメリカ、イギリスの17.7%、ドイツの17.6%、フランスの11.8%に対して、日本は2.0%と桁違いに低い。それだけに、受け入れ拡大は急務であるし、受け入れの余地もあると言える。

いまこそ強化すべきこと

ただ、冒頭でも記したように、一連の施策の軸足がアジア諸国からの単純労働者の受け入れ拡大に偏っている感は否めない。

関係閣僚会議の翌日にあたる7月25日付の各紙の報道をみると、政府は、ベトナムからの介護人材の受け入れで数値目標を策定したという。1年以内に3000人、2020年夏までに1万人受け入れるというもので、近くベトナム政府と協力を約する覚書に調印するほか、こうした数値目標方式をインドネシアなどにも広げていくという。しかし、いずれもターゲットがアジア諸国の単純労働者に限定されている。

 

先日、カルフォルニアで、中国のベンチャー企業に転職予定だった、米アップル社の元社員が産業スパイ容疑で起訴された事件を記憶している読者も多いだろう。産業スパイは論外だが、あの元社員は自動運転技術の開発に従事するハイテク技術者だ。ITなどハイテク分野では、自動運転にしろ、AIにしろ、世界的な人材争奪戦が激化していることを浮き彫りにする事件だったのである。

あの事件に限らず、トランプ政権が排他的な移民政策を採っていることを不安に感じ、GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)と呼ばれる巨大プラットフォーマーを中心に、IT企業の若手・中堅の外国人技術者がカナダなどに移住するケースが、後を絶たないと聞く。明らかに、今の米国は狙い目だ。

今こそ、出遅れている分野の技術・研究開発の競争力を回復するために、外国人のハイテク技術者の受け入れ策を強化すべきである。

最後に、もう一度、安倍政権が6月に採択した「骨太の方針」で、外国人労働者の受け入れ拡大を「移民政策とは異なる」と強調している問題を指摘しておきたい。国際社会では、外国人労働者と移民の線引きは曖昧だ。国連は「移民」を「出生あるいは市民権のある国の外に12カ月以上いる人」と定義しており、これには短期滞在の外国人労働者も含まれている。

そして、外国人労働者といえども、納税義務を負って永住するのなら、当然、選挙権・被選挙権の付与など、政治への参加の道を開かなければならない時期が遠からず到来する。

政策転換の入り口から大上段に振りかぶって「移民政策」と掲げて、いたずらに世論を刺激するのは得策でないという判断が、安倍政権に働いていることは想像に難くない。

しかし、そうしたやり方は、総裁選で投票権を持つ自民党員の中では支持されても、国政レベルでは支持を得られず、国民の不信を煽りかねない。外国人労働者の受け入れ拡大策では、開かれた議論と正確な情報開示を怠らずに、幅広い世論の支持を取り付けてほしいものである。

ラジオNIKKEI第1(オンデマンド配信あり)で、4月から町田徹さんのニュース番組が週2回に増枠です!




先日、ある面白い

WEBセミナーを視聴しました。


セミナーのテーマは

仮想通貨ということだったので、


儲かるコイン情報やICO情報が

少しでも手に入ればいいかなという

軽い気持ちで観たのですが、


その期待を裏切る内容の濃さに

正直驚きました。


それは、このWEBセミナー

だったのですが・・・


https://bit.ly/2LCakL5



このWEBセミナーで

語られていた内容は、


他に誰も話していないような

お金の世界の“ウラの真実”でした。


いま、多くの人が

当たり前に信用している

世界の基軸通貨である円やドル


その知られざる実態について

初めて聞く内容が語られていました。


そして、私はその内容に

本当に驚きました。


それと同時に、

ものすごい不安と

危機感も感じました。


何故なら、いまのままだと

私は完全に世の中の流れに

乘り遅れてしまうと思ったからです。


私はいままで、

お金や資産運用については

あまり深く考えずにきたので、


これからはもっとしっかりと

勉強しなければいけないと

強く感じました。


そして、


このWEBセミナーをみて

もう一つ私が強く感じたことがあります。


それは、


「知らないということは

 とても怖いことだなぁ」


ということでした。


情報を知らないことで、

チャンスを逃していることが

たくさんある。


そして、情報を知らないことで

私達は知らないうちに

大きなリスクにさらされている


ということを改めて実感しました。



いま金融の世界で

どんなことが起こっているのか?


その真実に興味がある方は、

ぜひこのWEBセミナーをご覧に

なることをおすすめします。


https://bit.ly/2LCakL5 



追伸:

※参加費は無料で、爆上げが見込める

特別なコインももらえるそうです。



https://bit.ly/2LCakL5


line

「日本の民主主義」が世界で評価されない理由

「日本の民主主義」が世界で評価されない理由

 


知っているようで知らない「民主主義」を池上彰氏が解説(撮影:今井康一)

ここ最近、アメリカのドナルド・トランプ大統領が諸外国相手にとる強硬姿勢や、日本国内でも「参院定数6増」「カジノ法案」の強行採決など、物事を数の力で押し切ったり、独善的ともいえる取り決めを行ったりする政治シーンを目にする。先日、アメリカのオバマ前大統領が南アフリカで行った演説でも、民主主義における「強者の政治」に批判の矛先が向けられていた。
私たちはこうしたニュースを目にしたとき、ふと、「民主主義」というものの「意味」や「意義」について脳裏に浮かべてしまう。この記事では、新刊となる『イラスト図解 社会人として必要な経済と政治のことが5時間でざっと学べる』を出版したジャーナリスト・池上彰氏に、民意が反映され、より多くの議論を呼んでしかるべきはずの「民主主義」の“そもそも”についてわかりやすく解説してもらった。

「民主主義」とは、政治体制を示す言葉

「私たちの国は民主主義国家だ」などとよく聞きますが、その言葉の意味をどう理解していますか。


ジャーナリストの池上彰氏(撮影:星智徳/画像提供:KADOKAWA)

そもそも「民主主義」とは「国のあり方を決める権利は国民が持っている」と考える政治体制のことです。「資本主義」「社会主義」「共産主義」「民主主義」の区別がよくわからないという声も聞きますが、「資本主義」「社会主義」「共産主義」が経済体制を示す言葉であるのに対し、「民主主義」は政治体制を示す言葉なのです。

民主主義国家では、国民の政治的な自由、表現の自由、言論の自由を認め、国民が自分たちの代表を選挙で選び、その選ばれた代表者に政治を任せます。そして、代表者が国民のために仕事をしなければ、選挙で引きずり下ろすこともできます。

この民主主義と正反対の関係にあるのが「独裁制」です。独裁制とは、特定の個人または党派などが政治権力を一手に握る仕組みのことで、独裁政治が行われると、国民はつねに支配される側になります。


「民主主義」が示すもの(イラスト:ケン・サイトー)

世界を見回すと、自由な経済活動を重視する資本主義体制でありながら独裁制をとる国家もあります。たとえば、世界有数の産油国であるサウジアラビアや海外企業を積極的に誘致して発展したシンガポールなどです。また、経済的平等を重んじる社会主義的な政策をとりながら、民主主義と両立している国家もあります。スウェーデンやノルウェーなどの北欧諸国がこれにあたります。

ただし、資本主義で経済活動を自由にしようとすると、国民の考え方も自由にしていく必要が生じるため、資本主義と民主主義には親和性があります。日本も、資本主義と民主主義の体制を両立させている国家の1つなのです。

ちなみに、北朝鮮は独裁制の社会主義国家でありながら、「朝鮮民主主義人民共和国」と、国名に「民主主義」が含まれています。「民主主義」をわざわざ国名に入れている国は、およそ民主的でないというのがお決まりのパターンなのです。

「立法 」「 司法 」「 行政 」の三権分立制度

ところで、日本の民主主義を担保しているのが「三権分立」という制度です。日本国憲法では、三権分立を国の基本制度としています。三権とは、法律を作る「立法」と、政策を実行する「行政」、憲法違反を裁く「司法」の三機関。立法、行政、司法がそれぞれ独立し、互いに監視することで、権力の過度の集中を防ぐための仕組みです。

国会は法律を作る立法府で、国会が作った法律や予算に基づいて政策を実行するのが行政府、つまり内閣総理大臣を長とする内閣です。そして、国会が成立させた法律が憲法に違反していないかを判断し、行政府の行為が憲法に違反していないかをチェックするのが、最高裁判所を頂点とする司法府です。

以前、安倍総理が国会で「私は立法府の長であります」と答弁し、物議を醸したことがありましたが、総理大臣は「行政府の長」であって「立法府の長」ではありません。単なる言い間違いだとは思いますが……。

国会は、国民が選挙で選んだ国会議員によって構成され、国民の民意を反映しています。また、最高裁判所の裁判官も、国政選挙のときに国民審査が行われ、裁判官として適切かどうかが国民によって判断されています。


三権分立の構造(イラスト:ケン・サイトー)

内閣がきちんと仕事をしていないと国会が判断すれば、内閣不信任案を決議することがあります。これとは逆に、内閣は衆議院を解散して、国民の意思を問うことができます。

また、内閣は最高裁判所の長官を指名し、裁判官を任命する一方で、裁判所は行政の命令や規則、処分などを審査します。そして、国会には弾劾(だんがい)裁判所が設けられ、裁判官を裁判することができる一方で、裁判所には法律が憲法に違反していないかを審査する違憲立法審査権が与えられています。そのため裁判所は「憲法の番人」と呼ばれています。三権は、ジャンケンのグー・チョキ・ パーのような関係を持っているのです。

ただ、憲法第41条には「国権の最高機関は国会である」と定められています。ですから、三者で最も偉いのは国会、ということになります。

日本の民主主義の評価は低い

さて、その日本の民主主義ですが、世界における評価はどうでしょうか。

イギリスの『エコノミスト』誌関連のシンクタンクは、世界167の国と地域を対象に民主主義ランキングを発表しています。2016年のランキングでは1位がノルウェーで、日本は23位に位置していました。これは、先進国の中では下位にあたります。

その大きな理由の1つは投票率の低さ。最上位の北欧諸国では、投票率が80%程度に達しているのに対し、日本の衆議院選挙の投票率は50%程度と低迷している現状があります。投票率が低いのは民主主義が成熟していないから、と評価されているのです。

もう1つの理由は、女性の国会議員が少ないこと。ヨーロッパでは、女性議員は3割を占め、大統領や首相になる女性リーダーもいます。これに対して日本の国会では、 女性議員はあくまで少数派で、女性の総理大臣もいまだ誕生していません。

また、世界中のジャーナリストが組織するNGO・国境なき記者団が発表する「世界報道自由度ランキング」(2018年)を見ると、日本は67位にランクしています。2010年には11位に位置していたにもかかわらず、以降は低迷しているのです。

その大きな要因とされるのが、2011年の東日本大震災による福島第一原発事故。原発事故についての情報がオープンにならなかったため、海外のメディアから厳しい目が注がれました。さらに、特定秘密保護法の施行、フリーや外国人記者の活動制限などの問題も指摘されています。

■「民主主義」のまとめ
日本は民主主義国家ではあるものの、
世界的には民主主義のレベルは「低い」とされています。
この状況を変えられるのは、私たち国民一人ひとりです。
<覚えておきたいポイント>
●民主主義とは国民が国のあり方を決める政治体制のこと
●日本は資本主義と民主主義を両立させている国
●日本は民主主義後進国とされている

“知っているようで知らない”「民主主義」という言葉の意味と、日本が置かれた状況についてざっと解説しました。

日本が民主主義を採用したのは、第2次世界大戦の後のこと。このまま自動的に継続される制度というわけでもありません。国民として、この政治の仕組みをしっかり知っておく必要があるのです。



先日、ある面白い

WEBセミナーを視聴しました。


セミナーのテーマは

仮想通貨ということだったので、


儲かるコイン情報やICO情報が

少しでも手に入ればいいかなという

軽い気持ちで観たのですが、


その期待を裏切る内容の濃さに

正直驚きました。


それは、このWEBセミナー

だったのですが・・・


https://bit.ly/2LCakL5



このWEBセミナーで

語られていた内容は、


他に誰も話していないような

お金の世界の“ウラの真実”でした。


いま、多くの人が

当たり前に信用している

世界の基軸通貨である円やドル


その知られざる実態について

初めて聞く内容が語られていました。


そして、私はその内容に

本当に驚きました。


それと同時に、

ものすごい不安と

危機感も感じました。


何故なら、いまのままだと

私は完全に世の中の流れに

乘り遅れてしまうと思ったからです。


私はいままで、

お金や資産運用については

あまり深く考えずにきたので、


これからはもっとしっかりと

勉強しなければいけないと

強く感じました。


そして、


このWEBセミナーをみて

もう一つ私が強く感じたことがあります。


それは、


「知らないということは

 とても怖いことだなぁ」


ということでした。


情報を知らないことで、

チャンスを逃していることが

たくさんある。


そして、情報を知らないことで

私達は知らないうちに

大きなリスクにさらされている


ということを改めて実感しました。



いま金融の世界で

どんなことが起こっているのか?


その真実に興味がある方は、

ぜひこのWEBセミナーをご覧に

なることをおすすめします。


https://bit.ly/2LCakL5 



追伸:

※参加費は無料で、爆上げが見込める

特別なコインももらえるそうです。



https://bit.ly/2LCakL5

line

「最初に人ありき。手段と目的をはき違えてはいけない」スマニュー西口×吉野家田中対談

「最初に人ありき。手段と目的をはき違えてはいけない」スマニュー西口×吉野家田中対談

 
画像
 本連載では、スマートニュースの西口一希氏が経営者やCMOなどマーケティングそしてビジネスの最前線で活躍する人物を訪ね、「マーケティング視点の経営」についてディスカッションする。今回のゲストは、吉野家のマーケティングを率いる田中安人氏。後編では、「難しいことをわかりやすく」を体現する田中氏がデータドリブンマーケティングをどう捉え、現場にどのように展開しているのかに迫った。

■役員へ企画を通すための「議論」と「パッション」
吉野家 CMO/グリッド 代表取締役社長 田中安人氏(写真左)
スマートニュース 執行役員 マーケティング担当 西口一希氏(写真右)

西口:前編では、クリエイティブのチームとの信頼の築き方、田中さんの“右脳で発想し左脳で検証する”発想術などを掘り下げてうかがいました。その続きで、ジャンプがあるアイデアほど、役員会議に通すのが難しいと思うのですが、そもそもダイオウイカ天やマグマあんかけうどんの役員の承認はどうなっているんですか?

田中:ダイオウイカのときは、実はダマテンでした。河村(現・吉野家ホールディングスの河村泰貴社長)自身がすごく乗って、これはダマテンで行けと(笑)。でも2年目はそうはいかないので、役員会議にかけたんです。で、3回却下されました。

西口:そこですよね、クリエイティブって論理で説明がつかないじゃないですか。でも、概して役員クラスの方々は頭が柔らかくはないというか、現場から離れているというか……。

田中:極めて左脳的ですよね。でも、だからといって「決裁だけしてください」と突き付けるのはよくない。2つ、ポイントがあると思います。

 ひとつは、議論で合意する部分と、パッションを伝える部分を分けること。クリエイティブの中身はさておいて、「集客につながる企画がいいですよね」といえば、それはわかってくれる。企画の構造を紐解いて、合意を重ねていくんです。もちろん、事前の根回しというか、今回のキーマンはこの人だと思ったら先に話しておいたりもします。その上で、パッションで押す。これは先にお話しした、普段からの信頼残高がカギです。

 もうひとつは、その議論のところを、起承転結できれいに説明しようとしないことです。賢い人ほど小説のように語ったりしがちですが、経営陣は大体、結論が知りたい。これを実行することでどんないいことがあるか、相手が知りたい順番で説明することが大事です。

■CEOの判断材料をCMOがすべてそろえる

西口:その通りですね。そして、マグマあんかけうどんは4回目で……?

田中:通しました(笑)。さすがに3回目でもう無理かと思いましたが、夜中だったか明け方だったか「やっぱりやろう」とむくっと起き上がり、緊急役員会議を連絡して。最後はもう、役員の根負けですよ。でもそれを引き出したのは、やはり信頼なんだろうと思います。

西口:前編の、はなまるに関わることになった発端からずっと河村社長と二人三脚で歩んでこられ、信頼残高を積み上げてきたというお話は印象的でした。

田中:僕はこれまで彼の要望に「できない」と言ったことはないし、絶対言わないと決めているんです。それは彼が吉野家グループのことを本当に愛していて、飲食業を再定義したいと心底思っているから。きっと大きなことを成し遂げる人だと思うからなんですね。

 ほとんど知られていないことですが、経済産業省の統計において、飲食業は産業扱いになっていないんです。サービス業である第3次産業に、小売業とか金融業はもちろんあるのに、飲食は生活娯楽関連サービスの中の食堂やレストランとして分類されている。もっと認められる業界にして、優秀な人材が集まるようにしたいというのが彼の考えであり、ロマンです。

西口:田中さんは、CMOとCEOとの違いをどう考えていますか?

田中:最終的な経営判断をするかどうか、だけだと思います。新商品にしても販促企画にしても、僕は社長が実行を決定するためのすべての情報をそろえるようにしています。逆に河村からは、商品開発、出店戦略、人事……すべてに首を突っ込めといわれています。数年前は宣伝部長だったんですが、それだと組織横断に動けないので、CMOになったという経緯があるんです。

MarkeZine編集部[編]、高島 知子[著]、関口 達朗[写]、西口 一希[聞]


先日、ある面白い

WEBセミナーを視聴しました。


セミナーのテーマは

仮想通貨ということだったので、


儲かるコイン情報やICO情報が

少しでも手に入ればいいかなという

軽い気持ちで観たのですが、


その期待を裏切る内容の濃さに

正直驚きました。


それは、このWEBセミナー

だったのですが・・・


https://bit.ly/2LCakL5



このWEBセミナーで

語られていた内容は、


他に誰も話していないような

お金の世界の“ウラの真実”でした。


いま、多くの人が

当たり前に信用している

世界の基軸通貨である円やドル


その知られざる実態について

初めて聞く内容が語られていました。


そして、私はその内容に

本当に驚きました。


それと同時に、

ものすごい不安と

危機感も感じました。


何故なら、いまのままだと

私は完全に世の中の流れに

乘り遅れてしまうと思ったからです。


私はいままで、

お金や資産運用については

あまり深く考えずにきたので、


これからはもっとしっかりと

勉強しなければいけないと

強く感じました。


そして、


このWEBセミナーをみて

もう一つ私が強く感じたことがあります。


それは、


「知らないということは

 とても怖いことだなぁ」


ということでした。


情報を知らないことで、

チャンスを逃していることが

たくさんある。


そして、情報を知らないことで

私達は知らないうちに

大きなリスクにさらされている


ということを改めて実感しました。



いま金融の世界で

どんなことが起こっているのか?


その真実に興味がある方は、

ぜひこのWEBセミナーをご覧に

なることをおすすめします。


https://bit.ly/2LCakL5 



追伸:

※参加費は無料で、爆上げが見込める

特別なコインももらえるそうです。



https://bit.ly/2LCakL5


line
line

line
プロフィール

netchance1

Author:netchance1
ブログご訪問ありがとうございます。
テニス好きが高じて、コートの隣に家を建てるほどの、自称「テニキチ」です。
錦織選手の追っかけで、国内はもとよりロンドン、パリまで応援に行ってきました。大坂選手、西岡選手の活躍も目が離せません。

最近は不動産投資に加え、第四次産業革命の進展とともに、成長著しい暗号資産の投資に確かな手ごたえを感じています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
メールフォーム
お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

line
フリーエリア
この人なら騙されていい? 私は最近、初めて 本気で信じられる人に出会いました。 本人が出演しますので、詐欺師かどうか確かめるだけでもいいかも! ↓↓↓↓↓ https://bit.ly/2JqZsQ6
line
フリーエリア
この人なら騙されていい? 私は最近、初めて 本気で信じられる人に出会いました。 本人が出演しますので、詐欺師かどうか確かめるだけでもいいかも! ↓↓↓↓↓ https://bit.ly/2JqZsQ6 堀江貴文のブログでは言えない話 N希望のおっさんの風俗体験ブログのブロマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line