FC2ブログ

全員参加経営で実現する「強い組織」のつくり方とは? 『マンガでわかる 稲盛和夫のアメーバ経営』

全員参加経営で実現する「強い組織」のつくり方とは? 『マンガでわかる 稲盛和夫のアメーバ経営』

 
『マンガでわかる 稲盛和夫のアメーバ経営』(京セラコミュニケーションシステム:監修、綾瀬てる:画/マイナビ出版)

「アメーバ経営」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

『マンガでわかる 稲盛和夫のアメーバ経営』(京セラコミュニケーションシステム:監修、綾瀬てる:画/マイナビ出版)では、会社の内部を「アメーバ」に喩えた独立採算の小集団に分けて考える経営手法を、ストーリー仕立てでわかりやすく解説されている。

■会社組織を小集団に分けて考えるのが「アメーバ経営」

 アメーバ経営の最大の特徴は、会社の組織を「アメーバ」と呼ばれる独立採算の小集団に分け、それぞれのリーダーが経営者のようにそれぞれの集団を経営する考え方。日本を代表するカリスマ経営者・稲盛和夫氏が考案した経営手法だ。京セラの創業者である稲盛氏は、同社やKDDIでもこの経営方法を導入してきた。
 稲盛氏を、経営破綻したJALの再建を引き受けた人物として知った人もいるかもしれない。もちろんそのJALでもこのアメーバ経営を採用し、わずか2年8カ月で再上場というスピード回復させたことは、大きなニュースとなった。多くの企業経営を黒字に導いたアメーバ経営は、これまで700社を超える企業が導入して、成功を得ている。

■ストーリー仕立てのマンガで経営手法をわかりやすく解説

 名だたる一流企業で採用されているとはいえ、“経営手法”となると、ビジネスマンであっても実はあまり理解できていないというのも事実。恥ずかしながら筆者もまさにそうで、勤めていた会社でアメーバ経営が話題にのぼった時には「社長業のことなら、自分には別に関係ないなあ」と興味をほとんど持てなかった。
 こんな筆者のような経営の素人にも、ぜひ読んで理解してもらいたいのが、本書『マンガでわかる 稲盛和夫のアメーバ経営』だ。
 史上初となるマンガ形式のアメーバ経営入門書である本書は、ストーリーを追っていくだけで、アメーバ経営の何たるかがすいすいと頭に入ってくる優れものだ。
 各話、各章ごとに物語仕立てのマンガの後には、要点と重要キーワードを短くまとめた解説コーナーがあり、これが端的に整理されていて実に理解しやすい。

 ストーリーの舞台は大型総合雑貨ディスカウント店・ジャルグルマート新宿店。入社3年目の主人公・美鈴が働くその店舗へ、本社からあるスーパーバイザーがやってきたところから物語は始まる。小さな問題が多発する美鈴の職場には、何が足りないのだろうか?
 本書によれば、その解決手段となる「アメーバ経営」には3つの柱がある。それが(1)全員参加経営の実現、(2)マーケットに直結した部門別採算制度の確立、(3)経営者意識を持った人材の育成、の3点だ。

アメーバ経営の柱(1): 全員参加経営の実現
アメーバ経営ではアメーバ(=会社のなかの小集団)ごとに経営に関わる数字や情報がオープンにされ、全社員が目標を達成しようと、当事者意識を持って経営に参加する。

アメーバ経営の柱(2): 経営者意識を持った人材の育成
独立採算の小集団、アメーバにはリーダーがいる。家計簿のようにシンプルな収支計算表を用いてアメーバを経営し、計画や管理などの経営業務を任されることで、それぞれのリーダーが経営者としての視点を持つようになる。

アメーバ経営の柱(3): マーケットに直結した部門別採算制度の確立
アメーバは、独立採算組織として集団ごとに“社内売買”を行う。これを通じて、普段は顧客と直接やりとりすることがない立場の社員にも、市場価格や顧客の動向が伝わる。

■チームごとの自主性をまとめる“フィロソフィ”の重要性

 主人公の美鈴は、アメーバ経営がお店に浸透し、数字が上向いていく中で、自分が漫然と働いていたこと、店と自分が上向きに変わってきたことに気づいていく。
 ただ、アメーバ経営を導入してうまく行くかに見えた美鈴のお店には、次の新しいトラブルが起こる。自分のグループ(アメーバ)外のミスによってクレームを発生させてしまったのだ。それはアメーバ経営を行った会社で起こりがちな問題だ。

 アメーバ経営では、それぞれの利益を追求するアメーバ(小集団)同士の縄張り意識や対抗意識が生まれてしまいがちだ。また、採算性の向上を目指すがゆえに、人員不足や多忙さも慢性的になってしまうことがある。そうすると、会社の雰囲気はギスギスし、チームの責任者は調整に奔走して、疲弊するばかりとなってしまうのだ。
 そこで登場する、会社全体をひとつに束ねてまとめる重要な理念は、“フィロソフィ”と呼ばれている。フィロソフィは、企業としていかに儲けるか以前に、「人としてどうあるべきか」という根本的な人生哲学である。それは、全員が共有して持つべき統一された指標であり、これを原理原則として、社員たちはアメーバを超えて一丸にならなくてはならない。スーパーバイザーが初日にその説明をしていたものの、美鈴たち社員は、当初そのフィロソフィの重要性に気づいていなかったのだ。
 フィロソフィの意義を理解したジャングルマート新宿店では、美鈴をはじめとした社員たちが、独自のフィロソフィをつくった。そしてそれを全スタッフへ周知徹底を行い、職場の雰囲気もさらに見違えるように良化していく…。

■働き方を見つめ直すことで、生き方についての考えを広げることができる!

「アメーバ経営」は、経営者ひとりに成功をもたらすためのメソッドではない。導入することで会社に変化が起こり、社員ひとりひとりに変化が起こる。全ての業種で、全ての役職で働いている人の変化を促すメソッドだからこそ、これまでにも多くの実践例があるのだ。

 本書の主人公・美鈴は、自分の仕事と働き方について一生懸命考え抜くことで、生き方についても考えられるようになったようだ。
 もしあなたが今、かつての美鈴のように仕事にやりがいを感じにくかったり、働く目的を明確に見出せていなかったりするならば、本書を読むべきだろう。美鈴がどのように幸せなエンディングを迎えるのかを見届けると同時に、読者自身も自分の働き方を見つめ直す大事なきっかけを得られるかもしれない。

文=小林恭

『マンガでわかる 稲盛和夫のアメーバ経営』

監修: 京セラコミュニケーションシステム株式会社
出版社: マイナビ出版
発売日: 2017/11/22
ISBN: 4839961816

スポンサーサイト



line

NHK「プロフェッショナル」に大反響 「戦い続ける」犬の訓練士、その真意と信念を聞いた

NHK「プロフェッショナル」に大反響 「戦い続ける」犬の訓練士、その真意と信念を聞いた

 
犬の訓練士に密着

2018年1月29日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)で放映された、「戦う訓練士」こと犬の訓練士・中村信哉さん(47)のドキュメンタリーに、視聴者から「泣いた」との反響が相次いでいる。

中村さんが預かるのは、飼い主の手に負えなくなった凶暴犬ばかり。手厳しい訓練は時に批判を浴びることもある。だが心を鬼にして、犬と向き合う。いったい何がそうさせるのか。J-CASTニュースは、本人に取材した。

ほめるのも大事、叱るのも大事

北栃木愛犬救命訓練所(栃木県大田原市)で所長を務めている中村さんは元々、警察犬の訓練士だった。警察犬訓練所で5年半の修行を積み、現在の訓練所を設立した後、問題行動を起こす犬の飼い主から訓練の依頼が入るように。中村さんはそんな犬の更生に尽力するため、警察犬の訓練をやめた。

飼い犬の噛み付き事故は例年、4000件を超えている。中村さんは預託訓練専門で、全国各地の飼い主から凶暴犬の更生を引き受ける。この20年間で700頭超、全体の約8割を更生させ、現在も100頭の凶暴犬を抱えている。

番組によると、犬が凶暴化する要因はさまざまだという。ただ、「叱る」「ほめる」の両極端でしつけられるなどして、人と感情を交わした経験が希薄なのだそうだ。

中村さんは一体、どのように犬を更生させているのか。番組では、エサやりの模様を紹介した。

「待て」「伏せ」などと指示し、犬の檻にエサを入れ、2本の竹で作った手製のムチを使う。問題行動を起こす犬は、本能が抑えられない状態にあるため、食事の時間にムチで大きな音を出し、最低限の痛みを与え、我慢の経験を積ませる。こうすれば、犬は何を叱られているのか、音と刺激で覚えるようになるという。

中村さんは番組の取材に「(叩くことは)気持ち良くはない。これでも犬好きなので」と前置きした上で、

「厳しいのが嫌いだからといって、やらなかったら、襲ってくることも止まらないし、かみ続ける。かむ犬は治らないと処分してしまったケースがある。どんな方法を使っても、飼い主の元で一生を送らせたい」

と強調した。

「私はほめるしつけが間違っているとは思わない。ほめるのも大事、叱るのも大事、片一方だけでやるのがダメ。まったくほめられなかった子どもはどうなるか。同じことが犬の業界でも起きている」

「涙が止まらなかった」「泣きそうになった」

番組ではその後、中村さんが8歳の柴犬「まめ蔵」と向き合う様子に密着した。

訓練所に来てから、既に9か月。多くの犬は半年もすれば変化の兆しが表れるそうだが、まめ蔵は人への関心を示すどころか避けようとしていた。「ちょっとしたことに対して拒絶が半端じゃない」(中村さん談)。

ある日のこと。中村さんが「伏せ」と指示しても、まめ蔵は言うことを聞かない。中村さんが檻を開け、手を伸ばした時、まめ蔵は大きな悲鳴を上げ、その手にガブッとかみついた。

「痛ってえっつんだよ」。中村さんはそう声を上げると、まめ蔵を檻から外に出し、握りこぶし、そして手の平で頭部を叩いた。

だが中村さんがある日、まめ蔵を普段と違う檻に入れた時のこと。まめ蔵はいつも一定の距離感を保っているのにもかかわらず、中村さんの後をついてくるようになった。数日間、そんな状態は続いた。

ここで我慢を覚えれば、立ち直るきっかけをつかめるはず――。中村さんはそう考え、まめ蔵にエサを出さないことにしたが、それでも「待て」「伏せ」の指示に従い続ける。まめ蔵が殻を破った瞬間だった。中村さんは「褒美」としてエサを与える。

その後、成長したまめ蔵と面会した飼い主の目には涙が...。まめ蔵は2018年1月21日、訓練所を卒業。番組の最後には、まめ蔵が中村さんの元へ駆け寄り抱きかかえられる場面も流れ、ツイッターやインターネット上では

「中村さんとまめ蔵の話、物語にはないリアルな感動があった 自分の好きな犬に対してあれだけ厳しくできるのは本当の愛があってこそだと思う」
「最後まめ蔵が自ら中村さんの方へ抱きついてて泣きそうになった」
「ストの方、まだ体が強張り気味のまめ蔵を抱きしめながら、ありがとうと囁いたシーンに涙が止まらなかった」

との声が続出した。

中村さん「本当は、私みたいな存在がいてはいけない」

一方で、中村さんのしつけは時として「鞭打ち式体罰」「暴力を振るう訓練士」と批判にさらされる。実際、番組放送後のツイッターには

「訓練士、豆ぞうをグーで頭殴った。こんな躾ありえない」
「言っていいですか?棒で殴って距離が縮まるわけないじゃん。バカなんじゃないの、このひと」

などの声が上がっていた。

だが中村さんがそのような声にひるむことはない。自身のフェイスブックでは放送後、「私が戦う相手がおわかりいただけたでしょうか?」と投稿。その上で、

「そうです...『世論』と『世論に負けそうになる自分』との戦いです。きっとこれは死ぬまで続くのではないかと思っています。それでも戦い続けます。後に続く者達と行き場を失った咬み犬がいる限り」

とつづった。

中村さんは1月30日のJ-CASTニュースの取材に、

「体罰を使うことを否定するのが今の世論。ですが、主流のトレーナーがそうした声に流され、さじを投げた結果、治るものも治らなくなっている」

と話す。その上で、

「犬は平等じゃない。理屈の違う子もいる。トレーナーや獣医師、繁殖者らが本来、手をかけてやるべきなのだが、そうしたシステムが確立しておらず、手遅れになってしまっている。本当は、私みたいな存在がいてはいけない」

と強調した。

テレビ局の密着取材を受けるのは、これが初めて。放送後の反響については、「(しつけへの)賛同者の方が多かった」と感じている。応援のメールも3~40件、電話も5、6件届いたが、「虐待だ」と批判するものは1件だったという。

line

錦織、あるべき“本当の姿”へ 現地紙に語った完全復活への道筋「あと数週間で…」

錦織、あるべき“本当の姿”へ 現地紙に語った完全復活への道筋「あと数週間で…」

 
錦織圭【写真:Getty Images】

5か月ぶりの1勝で復活の第一歩「懸命に励み続けていく」

 男子テニスの世界ランク27位・錦織圭(日清食品)は下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・オブ・ダラスのシングルス1回戦で214位のデニス・ノビコフ(米国)を6-3、6-3のストレート勝ち。復帰後初勝利を飾った日本のエースは「懸命に励み続けていく」と前を向いている。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」が報じている。

 ついに日本のエースが復活の1勝を掴んだ。錦織は1週間前の復帰戦で敗れたノビコフ相手に1時間5分でストレート勝ち。ATPチャレンジツアー公式ツイッターは「2018年初勝利! リベンジを果たした」と紹介し、試合後にボールガール3人に囲まれ、記念のボールにサインをねだれる“プチサイン会”の画像も投稿。世界トッププレーヤーの人気ぶりを伝えていた。

 5か月ぶりの白星に錦織も一定の手応えを掴んだようだ。記事によると「厳しい戦いになることは予測していたし、良くも悪くもあった」と振り返った錦織。「今日はそれほどプレーしたわけではないので、ネガティブに捉えるつもりはありません。懸命に励み続けていくつもりです」と話したという。

 さらに「100%痛みがないわけではないけど、あと数週間でそこまで至るつもりです」と完全復活への道筋を語ったという。記事では「錦織の様子を確認するため、大多数の報道機関やファンが、試合を見にこの街に押し寄せている」と調整による下部ツアー参戦で錦織フィーバーが起きていることも伝えている。

 逆襲の2018年へ、まずは復活の第一歩を記し、次戦は31日(日本時間2月1日)の2回戦。一歩一歩、着実に――。あるべき“本当の姿”を取り戻すため、闘っていく。(THE ANSWER編集部)

line

雑草の種子を防げ、「濃艶なるべからず、枯寂なるべからず」

『菜 根 譚』


昭和40年初刷

洪 自誠 著


神子 侃

     訳

吉田 豊  

     

   


三八、「自心を降す」


   まず、みずからの心にうち勝とう。


  そうすれば、どんな誘惑でも退散させることができる。



   まず、みずからの心を平静にしよう。


   そうすれば、


  どんな妨害をもはねつけることができる。




三九、雑草の種子を防げ


   弟子を教育するのは娘を育てるのと同様で、


  最も大切なのは交友関係に気をつけることである。



もし、一度でもよからぬものとつきあえば、


あたかもきれいに耕した田畑に雑草の種子を



落とされたも同然で、その弟子は一生かかっても


一人前にはなれないであろう。




四〇、「ひとたび退歩せばすなわち遠く千山を隔てん」


   手近に望みがかなうからといって、


  つまらぬ欲望にふけるのはやめよ。



   一度、その味を覚えると、


  深みにはまるばかりだ。



   困難だからといって


  正義を行うのをためらってはならぬ。


   一度、後退してしまうと、際限がなくなるものだ。



  

四一、「濃艶なるべからず、枯寂なるべからず」


   自分を大切にし、人にも至れりつくせりで、


  万事に行きとどいている人物がいる。



   そうかと思えば自分のことは一向かまわず


  人のことにも無関心で、万事について無頓着



  な人物がいる。



   どちらにせよ、あまり極端なのは感心できない。



   君子の生活ぶりは、しつこすぎもせず、冷淡すぎもせず、


  程のよさを守っていきたいものである。





今日も最後までお読みいただき

まことにありがとうございます。




(おまけ)

最後までお読み頂いたお礼に

稼げる本物のツールを紹介します。


もちろん、お金が必要でない方は

一切無視して構いません。


ただ、お金を自動的に、

しかも手放しで増やしていきたい!

という方は、このチャンスを絶対に受け取ってください。


よろしければクリックをお願いします。

なお、アドレスを登録され方には、

素敵な商品を、もれなく宅配させていただきます【締切:2月5日(月)】

宛先 18kikuya@gmail.com

  kikuya宛へ〒住所、氏名、電話番号をお知らせください。

http://bit.ly/2yKYhEP

line

橋下徹氏 相撲協会を怒りの批判「解体」「NHKも放送はダメ」

橋下徹氏 相撲協会を怒りの批判「解体」「NHKも放送はダメ」
 日本維新の会の前代表で前大阪市長の橋下徹氏(48)が29日、カンテレ(関西テレビ)のニュース番組「みんなのニュース 報道ランナー」に出演。相次ぐ不祥事に揺れる相撲協会について「相撲協会解体」「NHKも放送しちゃだめ」と切れ味鋭く批判した。

【写真】橋下徹氏が告白…政治家時代は8年間ずっと殺害予告

 相撲協会の改革、橋下氏ならどうする?と聞かれた橋下氏。「相撲協会解体。それから大相撲の取組の今場所全部中止」と抜本的な改革案を提示。さらに「NHKもあんなの放送しちゃだめですよ。こんな暴力体質の組織のね、相撲の取組放送しちゃ」と批判の矛先は初場所を放送したNHKにも向けられた。

 相撲協会については「公益財団法人といって、100億円以上の収益があるのに、税金はわずかしか納めなくていい。それも検討しなきゃいけない」と公益財団法人の取り消しも検討すべきとの意見を述べた。

 組織の抜本的な改革とは「1回組織を停止(解体)して、第三者の外部の目を入れて、立ち直らせる改革に取り組まないと」と提案。「1年2年の批判は覚悟して、3年後4年後5年後を見据えてね、抜本的改革をやらなきゃいけない」と自身の大阪府知事、大阪市長当時の体験をふまえて痛みを伴う改革を提案していた。
line

勤続14年、更新19回のベテラン契約社員「雇い止め」で労働審判申し立て…「無期転換」阻止の動きか

勤続14年、更新19回のベテラン契約社員「雇い止め」で労働審判申し立て…「無期転換」阻止の動きか
医薬品や健康食品などを製造販売する「メルスモン製薬」(東京都豊島区)から不当な雇い止めにあったとして、日給制の非正規社員として勤めていた女性が1月29日、東京地裁に労働審判を申し立てた。同日、女性や代理人弁護士、労働組合が会見し明らかにした。

女性は島津葉子さん(50)。2003年7月にフルタイム勤務をする1年更新の契約社員として入社し、勤続年数は14年を超え、その間に雇用契約の更新が19回あった(途中から半年更新)。それにもかかわらず、2017年7月に会社側は雇用契約を更新しないと通告。契約が満了する9月15日をもって、雇い止めにあった。

●会社側、「手切れ金」をちらつかせる?

雇い止めの理由通知書で、会社側は「仕事の範囲がより高度となるには貴殿では対応しかねると判断しました。長年のお勤めに関してはお礼申し上げます。これについては会社は特別にお礼を差し上げることを考えています」としている。島津氏を支援する東京東部労働組合は「手切れ金のようなものをちらつかせている」と憤る。

今回、勤続年数が長く、契約更新を何度も重ねていた点を女性側は問題視する。代理人の河村健夫弁護士は「島津さんは有期雇用契約だが、14年働き、19回の契約更新を重ねてきた。労働契約法において無期と同視できるし、契約更新の期待が持てる労働者であることは間違いない。雇用における年齢差別を行いたいというのが本音だ」と話した。

●「無期転換」を阻止?

また、2018年4月より「無期転換ルール」が始まる前の雇い止めであることも指摘。「無期転換権の行使を妨害するために、こうした手を打ってきたと認識している。無期転換を妨害するための雇い止めのケースだということを訴えていく」とも述べた。

無期転換ルールとは、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールのことだ。

●島津氏「今までどおり働きたいだけ」

会見で、島津氏は「私はただ今までどおりに働きたいだけです。これからも復職を求めて戦っていきます」。河村弁護士は「まずは会社に再考を促すため、話し合いベースの労働審判の申し立てを行った。会社が雇い直すと考え方を変えない限り、本裁判になる」とした。

労働審判とは、裁判官と労働審判員2人(労働者側代表と使用者側代表の1人ずつ)で構成される労働審判委員会が、原則として3回以内の期日で審理するもの。調停による解決に至らなければ、労働審判が下される。異議があれば、通常の訴訟に移行することが可能だ。

一方、メルスモン製薬は取材に「申立書が届いていないのでコメントできない」(総務担当)と答えた。

(取材:弁護士ドットコムニュース記者 下山祐治)早稲田大卒。国家公務員1種試験合格(法律職)。2007年、農林水産省入省。2010年に朝日新聞社に移り、記者として経済部や富山総局、高松総局で勤務。2017年12月、弁護士ドットコム株式会社に入社。twitter : @Yuji_Shimoyama
line

【芸能ニュース舞台裏】側近に恵まれなかった小室哲哉、不倫の責めから逃れるための引退

【芸能ニュース舞台裏】側近に恵まれなかった小室哲哉、不倫の責めから逃れるための引退

 
小室哲哉

 ワイドショーや新聞、週刊誌で大騒ぎになった音楽プロデューサー、小室哲哉(59)の“不倫引退会見”。

 「その是非について、いろんな人がいろんなことを言っていますが、抜け落ちているのは、側近に恵まれなかった、知恵袋に恵まれなかった、という小室の不運です」

 レコード会社幹部がそう明かし、続ける。

 「あれだけの大金を稼いだのに、資産管理ができなかったのはそのため。いろんな大人に手を突っ込まれて、投資話に乗り、すっからかんになって詐欺罪で有罪になった。今回の会見内容も、直前まで一部の関係者以外には知らされていませんでした。何がきっかけで引退してもいいのですが、小室という存在に、どれだけの人間が関係し生計を立てているのか、まったく分かっていない。才能が枯渇して新しい楽曲が作れなくても、過去の音楽遺産で引退ライブをすれば、きちんと商売になる。そういう発想がないんです。結局は、不倫の責めから逃げるための引退としか思えませけどね」

 歌手のエルトン・ジョン(70)がツアーからの引退を発表したが、今年9月から始まる引退ツアーは2021年まで約3年間も続くという。そういうビジネスセンスが小室にあれば…。

 「北野武には森昌行プロデューサー、宇多田ヒカルには宇多田照實プロデューサーがいて、財布をがっちり握っていた。ショービジネスで成功するには、側近・知恵袋・プロデューサーの存在が必須なんですよ。音楽のプロデュースはできても、セルフプロデュースは無理なんです」(前出・レコード会社幹部)

line

安藤優子「もっと早くこの言い分を世の中に…」“貴乃花文書”と相撲協会の中間報告書の違いに困惑

安藤優子「もっと早くこの言い分を世の中に…」“貴乃花文書”と相撲協会の中間報告書の違いに困惑

 
安藤優子キャスター

 ニュースキャスター、安藤優子(59)が29日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に出演。昨年12月20日に行われた日本相撲協会の臨時理事会で貴乃花が提出していた通称“貴乃花文書”の内容について「もっと早くこの言い分を世の中に出したらダメだったのかな」と語った。

 解説として出演した東京相撲記者クラブ会友、大見信昭氏が貴乃花文書の内容を確認したとして、相撲協会が提出した中間報告書と食い違う点を紹介。白鵬から貴ノ岩への説教について、1次会、2次会ともに同じ内容だったことが明記されており「高校の恩を忘れないように」という説諭はなかったとしている。暴行のきっかけとなったスマートフォンを見たタイミングについても、説教中ではなく説教が終わった20分後で貴ノ岩によると「ちらっと(画面を)見ただけ、彼女とのやりとりではない」とし、暴行がストップしたきっかけについても、中間報告書では明記されていないのに対して、貴乃花文書では元日馬富士がアイスピックを持ち出したと記している。

 大見氏は、このタイミングで文書の内容が理事会の外に漏れたことについて「選挙の前は何でもありで、やっぱりこれもひとつの選挙がらみの動きなのかなという気はしますよね」と指摘。安藤は「だとしたら、もっと早くこの言い分を世の中に出したらダメだったのかなと思うんですけどね」と疑問を呈した。大きく食い違う内容のどちらが事実なのかについて、大見氏は「(貴乃花文書では)間違いを認めてくれなかったら、公開の法廷の場で真実を明らかにしたいと結んであります」と明かし、相撲協会と貴乃花親方の論争はまだ続くのではないかと予測した。安藤は「もし水掛け論みたいな形になっていくのであれば、公の場で堂々と主張していただくのが一番なのかなと思います」とまとめた。

line

優木まおみが救世主!生島ヒロシ、バブル崩壊で背負った借金8億円を完済

優木まおみが救世主!生島ヒロシ、バブル崩壊で背負った借金8億円を完済

 
優木まおみが救世主!生島ヒロシ、バブル崩壊で背負った借金8億円を完済

TBSの人気アナウンサーとして活躍し、フリーに転身後は、ラジオ、テレビ、イベント、講演会等、幅広い分野で活躍中の生島ヒロシさん。ファイナンシャルプランナーをはじめ、数々の資格を取得し、浅野温子さん、優木まおみさん、中村里砂さん、朝比奈彩さんなど多くの人気タレントを抱える芸能プロダクションの会長…さまざまな顔を持つ生島さんだが、実は“芸能界喧嘩最強伝説”のひとりだった…。

(アメリカ時代)

◆生島ヒロシ(67)、“気仙沼のプリンス”の仰天アメリカ生活

小学校に入学したときに写真館で撮ってもらった写真がきっかけで、地元では“気仙沼のプリンス”と言われていた生島さん。高校卒業後、法政大学経営学部に入学するが、20歳のときに大学紛争を機に、突然、単身渡米を決意する。

-アメリカに行くことにされた理由は?-
「松方弘樹さんの弟の目黒祐樹さんの留学体験談と、ある大学の先生が、留学で飛行機のなかで億万長者に会って、その人の家にずっと住み込んで大学を卒業したという本を読んで、海外留学を決意したの。

僕にもそういうことが起きるだろう。人にも起きることは自分にも起きると勝手に思っていて。その頃、色々と悩んでいたからね、学生運動のこともあって…。それでパパっと『よし、行く』って決めたんだけど、あの決断はやっぱりすごかった」

-渡航費などはどうされたのですか-
「お金はあまりなかったんですけど、とにかく色々アルバイトをして。

もともと大学に入ったとき、僕は仕送りがないから、バイトをしていて、3年生になったときには、もう授業に行かなくて毎日バイトしていたんですよね。それで、30万か40万貯めて。あの頃飛行機代が高くて、ハワイの往復で20万くらいかかっちゃったんですよね。

一応、往復は買っておいたんですけど、着いたらすぐに売っちゃったから、実質はいわゆる片道切符みたいな感じで、所持金が残り10万ぐらいだったのかな。

当時1ドルが360円の頃だったので、結構カツカツで行って、向こうで何か仕事をしながらやろうとは思っていたので。今考えるとムチャクチャだよね。(笑)」

-あの時代にというのはかなり勇気がいりますね-
「そうですね。まあ若さゆえというか…。でも、あの決断がないと、今の僕はないから。そういう点では人生というのは、勝負をかけるときにはかけなきゃいけないなと思っていて。それは後々、TBSを辞めて独立するということにも繋がってくるしね」

-最初に行ったのがハワイ-
「そう。働きながら何とかなると思っていたんだけど、言葉は喋れないし、ビザもないから働くこともできない。そしたらたまたま知り合った人が、『サンフランシスコに行こう。向こうにはアダルトスクールという無料の学校があるし、学生ビザがあるとバイトもできるから』って教えてくれたの。

親切な人だなと思って一緒に行ったんだけど、ホテルの部屋に入った途端、その人がいきなり怒り出しちゃってね。飛行機で隣の席にいた男性と話をしたのが気に入らなかったみたいで、『何であんな男と話をするんだ』って。

それでしばらくして旅の疲れで寝ちゃったからカバンのなかをちょっと見てみたら“白い粉”がいっぱい入っていてビックリ。『これはやばい』と思って、ソーッと自分の荷物を持って逃げ出しましたよ。フロントで宿代の半分だけ払って」

-危機一髪の状態でもちゃんと半分払ったんですか?-
「うちはおばあちゃんの教えが『立つ鳥跡を濁さず』だったからね(笑)」

-それにしても危なかったですね-
「20歳そこそこだったからゲイの人たちのことも何もわからなかったしね。

ほかにも『家に遊びにおいで』と言われたから、『親切な人がいるもんだなあ』と思って行ったら、いきなり抱きついてこられちゃってね。2mくらい身長がある大きな人で、慌てて逃げ出したということもありましたね。常に間一髪(笑)」

※生島ヒロシ プロフィール
1950年12月24日生まれ。宮城県気仙沼市出身。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科卒業。TBSアナウンサー16期生。テレビ、ラジオ、講演、イベント等、幅広く活動。東北福祉大学客員教授。ファイナンシャルプランナー、防災士資格をはじめ、多くの資格を取得している。

◆「アイ・アム・ブラックベルト」でモテモテ

イチゴ農園、皿洗い、ディズニーランドホテル…さまざまなアルバイトに挑戦した生島さんだったが、英語もまだあまり喋ることができず失敗の連続。しかし、高校時代からやっていた空手がきっかけで周囲の見る目に変化が。

アルバイトで空手ショーに出演することになり、まだ下積み時代だったショー・コスギと共演。黒帯の空手着姿で「アイ・アム・ブラックベルト」と言うだけでモテモテだったという。

-黒帯の効果はかなりありました?-
「すごかったですよ。モテモテ。『オー、ブラックベルト』ってね。空手着を着て、黒帯を締めてるだけで女の子が近づいて来てましたからね(笑)」

-学校には通っていたんですか-
「渡米して1年間はとにかくバイトしてお金を貯めて、短大に入ったんだけど、途中で4年制の大学に転入したんですよ。ただ、学費が高くてね。空手を教えたり、ショーに出ているだけではお金にならない。

それで芝刈り会社『ヒロ生島ガーデニングカンパニー』を設立して庭師の仕事を始めたんだけど、芝刈りが下手すぎちゃってね。(笑)どんどんお客さんがいなくなっちゃって、すぐに倒産の危機」

-大変じゃないですか-
「どうしようかって真っ青でしたね。何とか4、5ヶ月後には芝刈りの技術もついて持ち直しましたけど」

-それで生活が安定して大学生活も続けられたわけですか-
「そうです。アメリカは語学が下手な人をケアするシステムがちゃんとしているから、語学力もついていくしね」

-アナウンサーになろうと思ったのはいつ頃からですか-
「アメリカにいたとき、ラジオのニュースが24時間やっていて、めちゃめちゃ面白かったんですよ。それで、自分も日本に帰ったら、ニュースを伝えるキャスターになりたいと思うようになったの。

僕ね、アメリカのクイズ番組でMCデビューもしたんですよ。日系チャンネルで日本語の放送だったんだけど、日系社会のアイドルになっちゃいましたよ(笑)」

(TBS時代)

◆生島ヒロシ、TBS入社試験で暴言連発!?

キャスターの面白さを知った生島さんは、1975年、24歳で帰国。TBSの入社試験を受けることに。新卒という規定資格外だったが、経歴が面白いということで特別に受験できることになったという。

-入社試験はいかがでした?-
「僕以外はみんなスーツ姿だったんだけど、ネクタイの締め方がわからなかったから、僕だけパンタロンに厚底ブーツでね、アメリカ生活で性格が変わってイケイケになっているから言いたい放題。『TBSの生島で終わりたくない』『日本の終身雇用制度は長くは続かない』『ニュース番組をもっと長くやったら視聴率が取れる』なんてね(笑)」

-そんなことを言ったんですか?-
「そう。信じられないよね。まだ合格したわけでもないのに(笑)」

-局サイドも思い切った決断でしたよね-
「一応、3人はキープしていたので、僕はおまけ入社で4人目。これはもうどうなっても良いというところもあったんじゃないかしらね(笑)」

-おまけで入れたはずの人が一番人気者になったわけですか-
「よくあるじゃないですか。うちの優木まおみちゃんなんかもそうだけど、アナウンサー試験に最後まで残って落とされて、結局フリーになって最初は苦労したけど、活躍しているというか。だからちょっとはずれているというか、多少危険なかおりがあるほうが、フリーになったときはかえって有利なのかもしれないですよね」

-最初から、TBSを辞めることは決めてました?-
「決めてましたけど、やっぱり、居心地が良いじゃないですか。あの当時はアルバイトは入ってくるわ、周りはTBSのアナウンサーだということでチヤホヤするし…。

だけど、10年くらいやったときに『このままで良いのかな?』というのが、より強くなってきたので、これは有言実行しなきゃいけないなと。

そう思ってアンテナをたてていると、有名な放送作家の人が近づいてきて、フジテレビで朝の時間帯の番組を作るからやらないかと言われて『ええ、本当ですか?』って感じで。フジテレビの編成と課長、部長、局長、全部OKを取ったから、やりましょうと言われてからも、正直、ずいぶん悩みましたけどね。まあ、何となくマンネリを感じていたし、平成元年でちょうどキリも良かったので『ヨシ!』と(笑)」

-実際、フリーになっていかがでした?-
「やっぱり面白かったけど、その分大変なこともいっぱい。フリーになって順風満帆だったから、もう色んな番組が来て一気に増えちゃって、マスコミにも狙われたし、叩かれたし…。色々と大変だったけど、いくしかないからね」

◆年収が30倍になるも借金が8億円!

入社13年目の1989年、生島さんはTBSを退社。フリーとなり、事務所(生島企画室)を立ち上げる。年収は大幅にアップするが…。

-収入は大きく変わったでしょうね-
「TBS時代の年収1200万がフリーになって1億2000万に。2年目には2億4000万。3年目に3億6000万。それからだいたい安定するんですけど、ひとりだけでそれだけ稼げるんだと思いましたね」

-フリーになった最初の年にいきなり10倍、ビックリしませんでした?-
「全然計算してないんだけど、でも税金のことを考えてなかったので、税金を払うために借金をするんですよね。

それで、弟も税理士資格をかじっていたにも関わらず、全然考えてなくて、銀行に行って…。

だから、僕は長嶋一茂君には感謝されてるんだけど、自分の体験から『野球選手を辞めてタレントになったら収入が増えるだろうけど、例えば1億円入ってきたら5千万円は、税金に取られるようなイメージでいたほうが良い。

それを考えた上で、残り5千万でやりくりを考えるというのが良いんだよ』って言ったら、それは、すごい助かったっていまだに言われますよ。いくら稼いだって、半分は税金だと思ってますから」

-収入も多くなったけど、出ていくお金も多かったでしょうね-
「バブルに踊った世代ですからね。絶好調でガンガンいけると思っていた。借金をすればお金が増えて戻ってくると言われ、世田谷に4億円の自宅、恵比寿に2億円のマンション(事務所)、そのほかワンルームマンションを7、8個持っていたかな。借金が約8億円あったんですよね」

-金額が大きすぎて想像つかないです-
「忙しくて、お金がいくら入ってきたなんて全く考えてないし、そのときは不動産はどんどん値上がりすると思っていたからね。

実際、それまでは2500万円で買ったマンションが7500万円に、5000万円で買ったのが1億5000万円くらいで売れていたから、『良いんじゃない』って、ろくに見ないで、どんどん買っていた。色んな人がいるわけですよ。今稼いでると思ったら寄って来て、おいしいように言われて。そしてバブルが崩壊。

投資のはずが、買ったマンションの値段がどんどん下がっちゃって、気が付いたら会社のなかのお金も結構ザルみたいな状態になっていて…。毎月の支払いが何百万だから、入って来るけど右から左に出ていくという感じで、余裕が全くない状態。もうどうしようという感じでしたね」

-どのようにして乗り切ったんですか-
「僕も一生懸命働きましたけど、救世主は優木まおみちゃん。事務所のオーディションで集まった200人のなかにアナウンサー志望の彼女がいたんですよ。一番光っていたからグラビアもこなすマルチタレントとして出したら、『エロかしこい』で大ブレイク。ビックリしました(笑)」

-すごいですね。8億円あったという借金は?-
「完済しました。一生懸命やっていれば、良いことがあるだろうということで。あと、やっぱり弟がそばにいてくれたことがすごく助かりましたね。途中、ちょっと変なマネジャーが何人か来てしまって、僕の知らないところで、トラブルが起きたり、色んなことがあったけど、それは授業料ですね、仕方ないです」

生島さんは長男で、事務所は次男の隆さんが社長をつとめ、生島さんの長男の勇輝さん(ケイダッシュ所属)と次男の翔さんも俳優として活動。「最高に良い夢を見るのも良いけど、最悪どうするのか。良い面と悪い面、両方を考えておかないとダメだといつも話している」と父親としての顔ものぞかせる。次回後編では“芸能界喧嘩最強伝説”の真相、プライベートも紹介。(津島令子)

line

経済ニュースの″ここがツボ″ 第97回 トランプ大統領の1年 ~ 極端な「米国第一」政策の陰で″ぶれ″も、株価は上昇続く

経済ニュースの″ここがツボ″ 第97回 トランプ大統領の1年 ~ 極端な「米国第一」政策の陰で″ぶれ″も、株価は上昇続く

 
画像提供:マイナビニュース
トランプ米大統領が就任して1年が経ちました。挑発的な言動と極端な政策で米国内の分断を深め世界を混乱させ、ロシア疑惑の拡大もあって厳しい批判にさらされる政権運営が続いています。その一方で米国の景気は好調を持続し、株価は連日のように史上最高値を更新しています。今後トランプ政権と米国はどうなるのでしょうか。

○実行された政策はわずか

この1年間にトランプ大統領が実施または打ち出した政策は「米国第一」を基本に、(1)排他的移民政策 (2)外交・安保政策で従来の国際秩序に否定的 (3)国内雇用増を最優先とする保護主義的な通商政策 (4) 米国経済のテコ入れ (5) オバマ政権の否定―― の5つに整理することができます。その主な内容は以下のとおりです。

これをよく見ると、トランプ大統領の当初の方針通り実行されたのは、不法移民の取り締まり強化、エルサレムをイスラエル首都に認定、TPP(環太平洋経済連携協定)離脱、NAFTA(北米自由貿易協定)見直し、法人税引き下げ、パリ協定離脱表明など、まだ一部にとどまっています。

トランプ大統領は就任早々、中東などテロ認定国からの入国を停止する大統領令を発令しましたが、裁判所から憲法違反として差し止め命令が出て、骨格部分は実施されていません。トランプ大統領が選挙中から最も力説していたメキシコ国境の壁も、いまだに予算化ができていない状態ですし、オバマケアの見直しについては法案が議会を通らず棚上げになるなど、司法や議会が壁となっています。特に議会では、与党・共和党内の穏健派と強硬派の対立が激しくなっており、トランプ大統領と議会との溝も目立っています。

通商政策でも、NAFTA見直しのためメキシコ、カナダと再交渉は始めましたが、合意には至っていません。貿易黒字国への高関税導入についても、当初は日本を名指ししましたが、安倍首相の"説得"(本連載2017年2月14日付け『"日本批判"を封印した日米首脳会談に安堵感』)や各国の反発などもあって、見送られています。

このように、激しい言動で注目を集めているわりには実行が伴っていないというのが、トランプ大統領の特徴のひとつです。それでいながら、挑発的な発言を繰り返して米国社会の分断や世界的な混乱を助長しているのですから、責任は重いと言わざるを得ないでしょう。

○TPP、パリ協定、外交・安保などで「ぶれ」目立つ

しかも前述のうち、TPPとパリ協定については、最近になって復帰の可能性があると発言するなど、基本政策で「ぶれ」が見られます。これが、トランプ大統領のもうひとつの特徴です。「復帰」との発言がどの程度本気なのかも実はあいまいで、それ自体がまた「ぶれ」のひとつなのかもしれません。

この「ぶれ」は、外交・安全保障政策で特に顕著です。選挙中は「世界の警察官をやめる」と発言していました。まさに「米国第一」の表れで、「ほかの国のことに関わることより米国が第一」というものです。その具体的な政策として、日本やNATO(北大西洋条約機構)の同盟国に対し駐留米軍経費の負担増加を求めるなどと発言し、中東情勢や東アジア情勢への関与を薄める可能性を示唆していました。

しかし現実には、IS(イスラム国)掃討作戦を強化しシリアへのミサイル攻撃にも踏み切りました。北朝鮮情勢をめぐっても、当初は「金正恩と話し合ってもいい」などと発言していましたが、北朝鮮の相次ぐ核実験やミサイル発射に直面して強硬姿勢に転じました。

これらは、当初方針のとおり米国が国際情勢への関与から手を引けば国際情勢が不安定となりと懸念されていたことですので、トランプ大統領の「ブレ」は好ましい変化だと言えます。しかし外交・安保といった基本中の基本でぶれるということは、やはりトランプ政権の危うさを感じさせます。

現在の北朝鮮情勢についても、平昌五輪を前にして南北朝鮮の対話ムードが盛り上がり、トランプ大統領も歓迎する姿勢を表明しています。これが五輪開催中という「期間限定」ならいいのですが、これを機にもしトランプ大統領がまた融和路線に舵を切るのであれば、日本にとっては好ましくない変化となってしまいます。

こうした中で、トランプ大統領自身の足元は、ロシア疑惑の拡大、閣僚や政権幹部の相次ぐ辞任・更迭などで揺らいでいます。メディアとの対決も相変わらず続いており、世論調査の支持率は就任1年後の支持率としては歴代最低となっています。

○景気拡大と株価上昇続く~当面は持続の可能性

政権のこのような状態が続けば、通常なら株価下落や景気悪化などの影響が出てもおかしくないところです。しかし意外なことに(?)、株価は連日のように最高値を更新し続けています。NY市場のダウ平均株価は2016年11月の大統領選直前の1万8300ドル台から選挙後に上昇が始まり、大統領就任(2017年1月20日)直後の1月25日には初の2万ドルの大台乗せを達成しました。その後も上昇を続け、就任から満1年直前の今年1月17日には2万6000ドル台となりました。さらに1月26日には2万6600ドル台まで上昇しています。大統領就任から1年間の上昇率は32.1%(1月26日までは34.9%)、大統領選からこれまでの1年2カ月余りでは45.8%に達するという驚異的な上昇ぶりです。

これは、市場がトランプ政権のある程度の混乱には慣れっこになってきたとも言えますが、それよりも基本的には景気そのものが好調であることが背景にあります。米国の景気はリーマン・ショック後の2009年6月を底に、すでに8年半にわたって拡大が続いていますが、今のところ崩れる気配はありません。

これに対応してFRB(米連邦準備理事会)も2015年12月から利上げに転じましたが、2016年は1回の利上げにとどまり、2017年は3回に増えたものの、FRBは緩やかに利上げを進める姿勢を堅持しています。これが市場に安心感を与え株価上昇加速の一因となっています。

トランプ大統領の動向は市場の不安材料になりかねませんが、景気重視という国内経済政策自体はプラス要因です。特に法人税の引き下げが決まったことは、景気にとってさらなる追い風になりそうです。トランプ大統領はかねて法人税率を35%から15%に引き下げるとの公約を掲げていましたが、与党・共和党との協議の結果、21%にすることで合意し、昨年12月に税制改革法案が議会で可決成立しました。これは目先の景気だけでなく、米国企業の競争力強化につながり中長期的にもプラスとなるでしょう。

○トランプ政権が行き詰まる懸念~円高リスクも

こうしてみると米国の景気拡大と株価上昇はまだ当分は続きそうです。ちょうど26日に発表された2017年10-12月期GDPは前年比2.6%増(年率換算)でした。前期(2017年7-9月期)の3%台に比べればやや鈍化しましたが、それでも堅調な伸びが続いていることを示しています。今後、さすがにペースは鈍るでしょうが、今のところ「米国内の経済」という範疇で見れば、悪材料はあまりないように見受けられます。

しかし懸念もあります。それは「米国経済」以外の要素、具体的にはトランプ政権が完全に行き詰まる可能性と国際情勢悪化の場合です。トランプ政権が行き詰まれば、対外政策に活路を求めようとする可能性があります。それが、日本に対する貿易黒字削減要求となって表れれば、為替相場が円高に振れる懸念もあります。

実際、ムチューシン財務長官が先日、「弱いドルが貿易面で米国に利益がある」と発言して円高となりました。通商政策で成果が出ていないため、円高圧力をかける姿勢に転じたのではないかとの観測が市場で浮上したのです。すぐにトランプ大統領がそれを打ち消す発言をしましたが、本音がどこにあるかはよくわかりません。円高リスクはこの間、少し薄れていた感がありますが、リスク要因として警戒は常に必要でしょう。

その一方で、トランプ政権が行き詰まることはトランプ大統領の退陣につながるので、むしろプラスになるとの考え方もあり、それに期待する人が少なくないのも事実です。本稿はもう長くなりましたので、これについては次回以降に譲ります。

○執筆者プロフィール : 岡田 晃(おかだ あきら)

1971年慶應義塾大学経済学部卒業、日本経済新聞入社。記者、編集委員を経て、1991年にテレビ東京に異動。経済部長、テレビ東京アメリカ社長、理事・解説委員長などを歴任。「ワールドビジネスサテライト(WBS)」など数多くの経済番組のコメンテーターやプロデューサーをつとめた。2006年テレビ東京を退職、大阪経済大学客員教授に就任。現在は同大学で教鞭をとりながら経済評論家として活動中。MXテレビ「東京マーケットワイド」に出演。

オフィシャルブログ「経済のここが面白い!」

オフィシャルサイト「岡田晃の快刀乱麻」
line
line

line
プロフィール

netchance1

Author:netchance1
ブログご訪問ありがとうございます。
テニス好きが高じて、コートの隣に家を建てるほどの、自称「テニキチ」です。
錦織選手の追っかけで、国内はもとよりロンドン、パリまで応援に行ってきました。大坂選手、西岡選手の活躍も目が離せません。

最近は不動産投資に加え、第四次産業革命の進展とともに、成長著しい暗号資産の投資に確かな手ごたえを感じています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
メールフォーム
お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

line
フリーエリア
この人なら騙されていい? 私は最近、初めて 本気で信じられる人に出会いました。 本人が出演しますので、詐欺師かどうか確かめるだけでもいいかも! ↓↓↓↓↓ https://bit.ly/2JqZsQ6
line
フリーエリア
この人なら騙されていい? 私は最近、初めて 本気で信じられる人に出会いました。 本人が出演しますので、詐欺師かどうか確かめるだけでもいいかも! ↓↓↓↓↓ https://bit.ly/2JqZsQ6 堀江貴文のブログでは言えない話 N希望のおっさんの風俗体験ブログのブロマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line