FC2ブログ

奇跡的効果をおさめる手紙 その四

  • 【参考文献】

「人を動かす」

D・カーネギー著 山口 博 訳

昭和33年 第一版 第一冊発行



第五部 奇跡的効果をおさめる手紙

その四

私の手もとに、ケン・ダイク氏の手紙が

もう一通ある。



これも、やはり前のものと同様に

相手の好意にすがる方法に基づいている。



数年前に書かれた手紙だが、そのころ、

ダイク氏は、建築請負業者に


業態調査のアンケートを送っても

回答が思うように集まらないので


頭をいためていた。



回答は一パーセントがせいぜいで、

二パーセント集まればかなりの成功、


三パーセントなら大成功、

かりに十パーセントもあったとすれば


ーこれは、

まさに奇跡というべきだった。



ところが、この手紙は、

五十パーセントの回答率をおさめたのである。



奇跡の五倍分の効果があったわけだ。



この手紙は、

前の場合と同じ人間の心理を応用し、


文句もよく似たものを用いてある。




受取人の心のなかに起こる反応を

よく考えながら読み、


これが奇跡の五倍の効果を生んだ理由を

さとっていただきたい。



前略

このたび是非ともご考慮を賜りたい件が

ございまして、お手紙を差し上げます。



実は、昨年、弊社では、

取り扱い中の建築資材のカタログを


作成いたしまして、建築業者各位の

ご便宜を計らせていただきました。



ご参考までに、一部同封いたしますが、

最近これを増刷必要が生じ、


社長にそのことを申しましたところ、

カタログの効果を具体的に説明するようにと


要請されました。



小生といたしましては、これにつき、

あなたのご好意におすがり申し上げるより


ほかに方法はございません。



つきましては、まことに恐縮でございますが、

本状裏面の設問にお答え願えれば幸甚に存じます。



その他、弊社のカタログに対し何なりと

忌憚なきご意見をお聞かせください。



できるかぎりご希望にそいたいと存じております。



ご多忙中お手数をかけまして

申し訳ございませんが、


右、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

ケン・R・ダイク



ここに述べた方法は、

真心のこもらない機械的な用い方をされると、


効果は全然期待できない。



人間はみな重要感を持ちたがり、

そのためには、どんなことでもやりかねないが、


その半面、誠意のない見えすえた追従には

決してだまされないものである。



本書に述べる方法も、真心がこれに添って、

はじめて効果を生じる。




本書は、手練手管を教えるのが目的ではなく、

新しい生き方を説いているのである。



今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 (おまけ1)

最後までお読み頂いたお礼に

無料ツールを差し上げます。


もちろん、お金が必要でない方は

一切無視して構いません。


ただ、お金を自動的に、

しかも手放しで増やしていきたい!

という方は、このチャンスを絶対に受け取ってください。


http://bit.ly/2yKYhEP



(おまけ2)

こちらは、5万相当で販売されていた、

仮想通貨をわかりやすく説明した動画です。

ここまでお読みいただいたお礼に、

無料で差し上げます。


【完全保存版 仮想通貨バイブルDVD第1巻】

「仮想通貨が世界を変える」

http://edifice-ep.com/Ln918/1s11




(おまけ3)

http://bit.ly/2yKYhEP


上記にアドレスを登録された方へは、

さらに仮想通貨の動画(5万相当)第2巻を差し上げます。


アドレスを登録された後、より大きな稼ぎが期待できる


有料版を購入された方は、下記アドレスへ「有料版申込・支払済」


とご連絡いただければ、折り返しメールを差し上げます。


確認後、もれなく豪華名産品を宅配します。


ご期待ください。


宛先

⇒noahcoin.jp18@gmail.com

kikuya
スポンサーサイト



line

【WWE10大ニュース】1位は中邑「スマックダウン昇格」「WWE王座挑戦」

【WWE10大ニュース】1位は中邑「スマックダウン昇格」「WWE王座挑戦」

 
中邑はマハル(右)に延髄斬り(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 2017年のWWEは“ロックスター”中邑真輔の活躍により、日本でも大きな盛り上がりを見せた。本紙はWWE10大ニュースを選出。やはり中邑のスマックダウン(SD)昇格とWWE王座挑戦が文句なしの1位となった。

 ロウ昇格を果たしたアスカ(華名)、WWEクルーザー級王座奪取を果たした元ドラゴンゲートの戸澤陽、元スターダムのカイリ・セイン(宝城カイリ)は女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック」優勝、そして12月には元ノアのKENTAことヒデオ・イタミがロウデビュー。日本人選手が、予想以上の大活躍を見せた。

 4月の「レッスルマニア33」ではローマン・レインズに敗れた“怪人”ジ・アンダーテイカーが引退を示唆。しかしここへ来て復活の噂も流れており、大どんでん返しもあり得る状況だ。

“インドの怪人”ジンダー・マハルと、東京スポーツ新聞社制定「2017年度プロレス大賞」最優秀タッグ賞選考で奇跡の次点入りを果たしたシン・ブラザーズの暴れっぷりも見事だった。ロウでは看板チームのザ・シールド(レインズ、セス・ロリンズ、ディーン・アンブロス)が復活。SDとの全面対抗戦「サバイバー・シリーズ」約11年ぶりに復帰したカート・アングルGMと「五輪シールド」を結成。GMは大きく男を上げる格好となった。

 リング外では“毒蛇”ランディ・オートンが“教祖”ブレイ・ワイアットのアジトに放火したシーンが忘れ難い。特大マッチで火をつけ、燃えるワイアット家の前でポーズを決めるオートンは最高だった。ワイアットは現在、狂人と化したマット・ハーディと不毛かつ新たな抗争を展開している。

 中邑はいち早く「ロイヤルランブル」(1月28日、ペンシルベニア州フィラデルフィア)出場に名乗りを上げている。王座奪取と祭典「レッスルマニア34」(4月8日、ルイジアナ州ニューオリンズ)出場はいよいよ現実味を帯びてきた。18年初頭から目が離せない展開となりそうだ。

◇WWE10大ニュース

1位=中邑真輔がWWER王座初挑戦(8月)

2位=ジ・アンダーテイカーが引退示唆(4月)

3位=オートンがワイアットの自宅に放火(2月)

4位=マハル&シン兄弟によるインド大旋風

5位=ヒデオ・イタミ、カイリ・セイン、戸澤陽が活躍

6位=AJがWWE王座奪還(11月)

7位=アスカがロウ昇格(10月)

8位=ザ・シールドが劇的復活(10月)

9位=カートGMが11年ぶり復帰。隠し子も告白(7、10月)

10位=SDがロウ大会襲撃(10月)

※次点=ゴールドバーグが13年半ぶりにシングル王座(3月)


 (おまけ1)

最後までお読み頂いたお礼に

無料ツールを差し上げます。


もちろん、お金が必要でない方は

一切無視して構いません。


ただ、お金を自動的に、

しかも手放しで増やしていきたい!

という方は、このチャンスを絶対に受け取ってください。


http://bit.ly/2yKYhEP



(おまけ2)

こちらは、5万相当で販売されていた、

仮想通貨をわかりやすく説明した動画です。

ここまでお読みいただいたお礼に、

無料で差し上げます。


【完全保存版 仮想通貨バイブルDVD第1巻】

「仮想通貨が世界を変える」

http://edifice-ep.com/Ln918/1s11




(おまけ3)

http://bit.ly/2yKYhEP


上記にアドレスを登録された方へは、

さらに仮想通貨の動画(5万相当)第2巻を差し上げます。


アドレスを登録された後、より大きな稼ぎが期待できる


有料版を購入された方は、下記アドレスへ「有料版申込・支払済」


とご連絡いただければ、折り返しメールを差し上げます。


確認後、もれなく豪華名産品を宅配します。


ご期待ください。


宛先

⇒noahcoin.jp18@gmail.com

kikuya
line

「まさか自分が…」年末年始に突然、路上生活を強いられる人々 いま本当に必要な「支援」とは何か

「まさか自分が…」年末年始に突然、路上生活を強いられる人々 いま本当に必要な「支援」とは何か

 
 〔PHOTO〕iStock

年末年始、行き場を失う人がいる

「まさか自分がこうなるとは思わなかった」

Yさんはそうつぶやくと、うつむいた。

Yさんは40代半ばの男性。高校を出てからの多くの期間を飲食店で働いて生活してきた。

しかし、10年以上働いたお店が3年前に閉店してしまい、寮付きだったこともあり、仕事と住まいを同時に失った。

しばらく就職活動をしながら友人宅を転々とするも仕事は見つからず、貯金も減るばかり。友人宅に長くは居候できずネットカフェ生活になった。

「ここで生活するようになって、家がないことの大変さに気がつきました。履歴書に書く住所がなければ、郵便物も届かない。

おまけに、毎日、その日泊まるところを確保しないといけないんです。だんだん、心が削られていきましたよ」

 

ネットカフェ生活に突入したAさんだが、なんとか友人の紹介で建設現場での仕事を得ることができた。しかし、仕事が見つかったとはいえ、日雇だ。

「日雇でも仕事があるだけましです。いまは、派遣会社でもマイナンバーが支払いに必要だとか、建設現場でも資格や実務経験が必要だとかで、なかなか仕事が見つからない。

元気な体があれば仕事はどうにでもなる時代じゃなくなったんですね」

そんなYさんだが、年末年始は仕事が休業に入るということで、仕事を失った。所持金が底を尽きた末に、私たちのところに相談に訪れたのだ。

「まさか自分がこうなるとは思わなかった」

彼と会ったのは2016年12月31日。Yさんは無事にふとんで年を越すことができた。

〔PHOTO〕iStock

しかし、この師走の東京で、日本で、彼のように、寒いなか路頭に迷い、行き場を失ってしまう人がいる。

それは数百人かもしれないし、数千人かもしれない。実数はわからない。

しかし、困っている人たちがいて、私たちが何かができるなら、するべきだろうと思う。

昨年(2016年から2017年)の年末年始の支援活動から見えてきたことから、必要な支援について考えたい。

「ふとんで年越しプロジェクト」とは

年末年始は「閉庁期間」といって、公的機関がお休みに入ってしまい、生活に困っても必要な制度を利用することが難しくなる。

それを受けて、毎年、例えば都内では、年末年始に生活困窮した人を支えるために、新宿・渋谷・池袋・山谷地域などの各地域で「越年・越冬」と呼ばれる、炊き出し(共同炊事)や夜回り、医療相談や生活相談などの、民間の支援団体による活動がおこなわれる。

【今年の相談先リストはこちら】
https://news.yahoo.co.jp/byline/ohnishiren/20171229-00079825/

年末年始の「閉庁期間」は年によって違うが、少なくとも5~6日、長いときは9~10日ほども公的な支援が利用できなくなる。

それこそ路上で凍死する人や餓死する人がでてもおかしくない。

私たちは、2013年~2014年の年末年始から、都内の各地の支援団体の協力で「ふとんで年越しプロジェクト(以下、「ふとんP」)」を結成。

2013年~2014年は約20名の人に緊急的なシェルターの提供や医療福祉支援を、2014年~2015年の年末年始には約30名の人に、2015年~2016年には15名の人に、2016年~2017年には25名の人に支援をおこなった。

本来であれば、公的な支援を年末年始の期間にも途切らせないことが必要だ。

だが、2013年からの4年間、厚労省はじめ、関係機関に要望を重ねてきたものの、十分な成果を得ることはできなかった(これについては後述する)。

 

「ふとんP」では、山谷・新宿・渋谷・池袋のそれぞれの活動を支援するべく、医師や看護師による医療相談チームとNPO等で生活相談に従事する生活相談チームとが一緒になって、一つのチームによる相談体制を整備。

必要な人が宿泊できるための個室のシェルター約30部屋分を用意し、年末年始期間に運営するほか、各地の相談会、夜回り等に参加し、医療福祉的な支援につながることができるような支援を展開してきた。

最終的には、例年、「ふとんP」で支援した人は年明け後に、各地で生活保護の申請をしたり、各支援団体のシェルター等に移行したり、実際に就職に結びついたりと、それぞれのニーズに合わせた行き先に向かっていく。

国が定義する「ホームレス」では不十分

「ふとんP」のシェルターは、過去4回の実施でこれまで90名以上の人が利用した。

性別は、男性が7割以上、女性が2割強、セクシャルマイノリティーの人もいた。

各地の支援団体等では個室の宿泊先などを確保することができないことも多く、例年、女性やセクシャルマイノリティーの人の相談が寄せられる。

年代としては、昨年のみのデータだが、34歳以下が17%、35~49歳が25%、50歳~64歳33%、65歳以上25%と、同様のホームレス調査などと比べると若年層が多い。

また、最高齢は90代、最年少は20代前半と、幅広い人にシェルターを提供している。

平均年齢は約48歳(過去4回のデータより)であり、いわゆる野宿者の平均年齢が59.3歳(平成24年度ホームレスの実態に関する全国調査)であることを考えると、住まいを失った生活困窮者の実情は国が定義する「ホームレス」だけでは不十分であることを如実にあらわしていると言えるだろう。

〔PHOTO〕iStock

もちろん、全体的には50代以上が多いのだが、年代によってこれまでの経歴や現在の住まいの状況、生活歴などは傾向が見える。

具体的には、60代以上の人には長期の路上生活経験者が多く、高血圧などの持病を抱え、相談に来た人が多い。長らく建築業などで日雇労働をしてきたが、仕事を得られなくなり支援を求めてきた人もかなりの数いた。

40~50代の人には精神疾患を抱えていたり依存症の問題を持っていたりする人が多かった。また、この年代の人のなかには、生活保護を利用した経験を持つ人もいた。

その多くは、生活保護利用中に入所した施設でトラブルにあったり、人間関係がうまくいかず(病気や障がいのためとも思われる)、支援からこぼれてしまった人たちであった。

そして、20~30代の人に多かったのは、ネットカフェや知人宅を転々としながら、日雇や派遣で働いている人たちだった。

いずれも、正規職員として働いた経験が乏しく、家族との関係に問題を抱えていたり、家族が困窮していたり、孤立していることが多かった。

また、この年代の人のなかには、軽度の知的障がいをもつ人などもいた。

相談者が貧困におちいった背景

2013年~2014年の年末年始からスタートした「ふとんP」では、前述したように高齢で病気を抱えた人、日雇労働等で生計を立てていたが職を失った人、精神障がいや知的障がいを抱えた若年層の人などを受け入れてきた。

これまで支援してきた90名以上の人のうち8割以上は、健康面での不調を抱えていた。

路上生活や不安定な住居、ホームレス状態におちいる人のなかに、健康面での不調を抱える人が多いことは旧知の事実だが、他の調査(ホームレスの実態に関する全国調査等)との違いは、障害者手帳(身体・精神・療育)を所持している人の割合が1割以上にのぼったことだ。

※平成24年ホームレスの実態に関する全国調査によれば、手帳所持者は1.2%、以前持っていたがなくした人は1.0%だった

 

障害者手帳ということは、障害者福祉につながりサービス等を利用していたことがある人だということ。

彼らが住まいを失っていたことは、家族のトラブルや離別(死別)、医療機関とのトラブル等により、路上にでてきてしまったことを意味する。

支援とつながっていた人が、そこから断ち切れてしまい極寒の路上で寒さをしのぐ……そんな事態が起きていることは衝撃的だ。

また、ここ2年の大きな傾向としては、生活保護を利用したことがある人が50%以上、なかには現在進行形で利用している人もいた。

生活保護を利用していた(利用している)人が、なぜ住まいを失ったのか。

〔PHOTO〕iStock

劣悪な環境の施設や病院での生活に耐えられずにそこを飛び出た、人間関係のトラブルによって住まいを出ていかざるを得ないなど、さまざまな事情があった。

支援を受けていた人が、支援が断絶し路上にでてきている。もちろん、支援が断絶した理由にはさまざまなものがあり、本人に課題や原因があるものも含まれる。

しかし、それを差し引いたとしても、障がいや困難を抱えて地域で暮らしていた人が、容易に路上生活におちいりやすい状況があるということ、また、そういった人たちが障がい等の理由によって、一人で制度にアクセスすることができずに路上にとどまってしまっていること、いざ生活保護や障害福祉サービスにつながったとしても、そこでのトラブルや住環境の悪さ等によって、持続して支援を利用することが難しい状況になってしまうことなど、私たちの社会の側の課題が浮き彫りになっている。

「枠」にとらわれない支援を

「ふとんP」利用者の多くは、年明け後に生活保護の申請をおこなう。

貧困ビジネスのような劣悪な環境の施設から逃げて来たり、法的なトラブルを抱えていた人は法律家につないだり、緊急的に医療的な支援を必要としている人には「ふとんP」協力医師が紹介状を書いたりと、年明け後もフォローしていく。実際にすぐに入院になった人もいた。

また、定職に就いていながら事情があって住まいを失ってしまった人や高齢と障がいで車いす生活で適切なアパートが見つからなかった人の一部に、アパートを借りる費用の援助をおこなったこともある。

これらは、一般的には「住居確保困難者」と呼ばれる人たちだが、彼ら彼女らが独力でアパートを借りることの困難さを、伴走しながら感じた。

たいていの場合、元ホームレスや精神障がい、はたまた、75歳以上などの状況だと多くの民間のアパートの大家さんには嫌がられてしまう。

 

今年の2月に「住宅セーフティネット法」とも呼ばれる「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律案」が改正されたが、支援の現場では喫緊の課題だ。

また、生活保護の申請にいたらなかった人では、年明け後に住み込みの仕事や、派遣の仕事に戻っていった人たち、いわゆる空き缶集めなどをしながらのホームレス生活に戻った人がいる。

そのなかには、派遣先で事前に聞いていた労働条件と違うといった相談もあり、継続的に支援をしている。

例えば、2015年よりスタートした生活困窮者自立支援制度では、生活保護の手前の人を支援するための施策が用意されていることになっているが、実際には、住所はないが一定以上の収入はある、などの人は対象外となっている。

さらに、そもそも宿泊場所が転々としてしまうためにどの自治体で相談したらいいかわからないなどのさまざまな制度の狭間、自治体同士の連携不足やたこつぼ化など依然として課題が多い。

自治体という「枠」でなく、一定の収入という「枠」ではなく、障害手帳を持っているかいないかという「枠」でなく、支援を利用したことがある・うまくいかなかった経験があるという「枠」でなく、いま目の前のいるその人を見た支援や施策、制度というものを考えていく必要があるのではないか。

これまで国や自治体に求めてきたこと

「ふとんP」ではこの4年間、国や自治体に下記のことを求めてきた。

・閉庁期間中にも生活保護申請を受け付けること
・閉庁期間中にも必要に応じて宿泊場所や食事の提供、または、その費用の給付・貸付等をおこなうこと
・上記の施策を適切に利用できるように発信・広報すること
・上記の施策を各自治体に周知徹底すること

ポジティブなこととしては、閉庁期間中の生活保護申請については、きちんと受け付けるようになった。とはいえ、受け付けてもらえても、宿泊場所の提供や費用の給付・貸付は閉庁期間中は受けられないままだ。

これについては、国は各自治体にお願いするしかない、と答える。各自治体は、制度上、閉庁期間中の対応は必ずしもできないわけではないが、基本的におこなわない。

これはオフレコで某自治体の担当者に聞いたところ、「自分のところだけやると他の自治体から困っている人がみんな集まってきてパンクする、やるなら都道府県単位などで音頭をとってもらわないと」と話していたが、東京都などに聞いても閉庁期間中の対応は考えていない、という。

「年越し派遣村」がおこなわれたのは2008年~2009年の年末年始。その年、厚労省は自省の講堂を開放して対応したほか、「派遣切り」にあった人たちを支えるべく、さまざまな通知をだしたり、第二のセーフティネットと呼ばれる求職者支援などの緊急雇用対策を講じた。

東京都も翌年の2009年~2010年の年末年始に公設派遣村を代々木のオリンピックセンターに開設し、年末年始に必要な方への支援をおこなった。

当時といまでは、必要とする人の人数には違いがあるのかもしれない。しかし、路上の「ニーズ」は変化しており、高齢や病気、障がいなどを抱えている人がより多い状況というのは深刻さを増している。

2017年は時限立法(期間の定めのある法律)である「ホームレス自立支援法」が延長された。同法によれば、ホームレスの自立の支援、ホームレスとなることを防止するための生活上の支援等」について国の責務であると明記されている。

国は、各自治体ごとに取り組める、というスタンスではなく、広域の地域で担えるような仕組み作りなど、積極的にモデル事業等、自治体のインセンティブを高める施策をおこなってほしいものだ。

 

路上から見えるものを解決するには

路上生活者は国の統計では減っている(厚労省「ホームレス概数調査」によれば2017年1月時点で全国で5534人)が、一人ひとりの路上に残されている人たちの状況は、より深刻化し、しかも、知的・精神障がいなど、見た目にわからない複雑さをともなっている。

実際に、この4年間、年末年始の期間に約90名以上の方を支援してきて思ったのは、住まいを失うにいたるほど困窮してしまった人たちの状況からは、日本のさまざまな問題が見えてくる、ということである。

それは、雇用、社会保障、住所に紐づく住民サービス、住宅を借りること、家族の領域とされてきたものについて……そうした様々な社会的な問題が、結果的により弱い立場の、弱ってしまっている人たちのもとにふりかかり、結果的に彼ら・彼女らを極寒の路上に追いやってしまった、そう思えてならないのである。

くしくも、12月には生活保護基準の一部引き下げも報道され、来年度予算案として閣議決定された。年の瀬に生活困窮者にはつらいニュースが続くのは残念だ。

私たちの社会が目指すものは何であろうか。

路上にいる一人ひとりの声にもっと耳を傾けてほしい。


 (おまけ1)

最後までお読み頂いたお礼に

無料ツールを差し上げます。


もちろん、お金が必要でない方は

一切無視して構いません。


ただ、お金を自動的に、

しかも手放しで増やしていきたい!

という方は、このチャンスを絶対に受け取ってください。


http://bit.ly/2yKYhEP



(おまけ2)

こちらは、5万相当で販売されていた、

仮想通貨をわかりやすく説明した動画です。

ここまでお読みいただいたお礼に、

無料で差し上げます。


【完全保存版 仮想通貨バイブルDVD第1巻】

「仮想通貨が世界を変える」

http://edifice-ep.com/Ln918/1s11




(おまけ3)

http://bit.ly/2yKYhEP


上記にアドレスを登録された方へは、

さらに仮想通貨の動画(5万相当)第2巻を差し上げます。


アドレスを登録された後、より大きな稼ぎが期待できる


有料版を購入された方は、下記アドレスへ「有料版申込・支払済」


とご連絡いただければ、折り返しメールを差し上げます。


確認後、もれなく豪華名産品を宅配します。


ご期待ください。


宛先

⇒noahcoin.jp18@gmail.com

kikuya
line

お風呂のドアのカビとさよなら! パパにカビ取り剤湿布で掃除してもらった

お風呂のドアのカビとさよなら! パパにカビ取り剤湿布で掃除してもらった

 
掃除前

最近子どもが自由に歩き回るようになり、気になっているのが、私がお風呂に入っている間にドアパッキンをベタベタ触ること。

家事のプロに聞く! 大掃除:パパもラクラク。浴室のドアパッキンのカビ攻略法

ここの赤カビがなかなか取れないんです……。なので今回はレタスクラブで紹介されていた『家事のプロに聞く! 大掃除:パパもラクラク。浴室のドアパッキンのカビ攻略法』を、タイトル通りうちのパパに試してもらいました。

私「最近〇〇(子ども)がお風呂のドアベタベタ触るんだよね……。結構簡単にカビ取れるってネットで見て、洗剤は買ってきたんだけどなかなか時間なくて、今から寝かしつけないといけないし……(とスマホで記事を見せる)」

夫「お、じゃあやっておくよ!」

最近パパでは寝なくなってしまった息子。自分は寝かしつけはできない、という夫の負い目(?)に付け込む作戦です。

まずはペーパータオルでカビの部分をおおいます。

(うまくくっつかないので湿らせてみたそうです)

それからカビ取り剤をシュシュっとふきつけて、15分くらい放置。

時間が経ったらカビや汚れの気になる部分をふき取りながらペーハータオルを外し、流水で流して完成です。

うちの夫はもともときれい好き&掃除好きなのでこのワザには感嘆していた様子。これを機にどんどん他のワザにも挑戦していってもらいたいと思います。(レタスクラブニュース)


 (おまけ1)

最後までお読み頂いたお礼に

無料ツールを差し上げます。


もちろん、お金が必要でない方は

一切無視して構いません。


ただ、お金を自動的に、

しかも手放しで増やしていきたい!

という方は、このチャンスを絶対に受け取ってください。


http://bit.ly/2yKYhEP



(おまけ2)

こちらは、5万相当で販売されていた、

仮想通貨をわかりやすく説明した動画です。

ここまでお読みいただいたお礼に、

無料で差し上げます。


【完全保存版 仮想通貨バイブルDVD第1巻】

「仮想通貨が世界を変える」

http://edifice-ep.com/Ln918/1s11




(おまけ3)

http://bit.ly/2yKYhEP


上記にアドレスを登録された方へは、

さらに仮想通貨の動画(5万相当)第2巻を差し上げます。


アドレスを登録された後、より大きな稼ぎが期待できる


有料版を購入された方は、下記アドレスへ「有料版申込・支払済」


とご連絡いただければ、折り返しメールを差し上げます。


確認後、もれなく豪華名産品を宅配します。


ご期待ください。


宛先

⇒noahcoin.jp18@gmail.com

kikuya
line

「今の若い人はひ弱だね」高齢者が若年労働者を嘲笑

「今の若い人はひ弱だね」高齢者が若年労働者を嘲笑


28日放送の「池上彰が2017総ざらい 知らずに終われない今年のニュースTOP50」(テレビ朝日系)で、高齢者が若年労働者を「ひ弱」だと嘲笑した。

番組では、今年話題となったニュースをランキング形式で紹介し、ジャーナリスト・池上彰氏が解説。23位には月末の金曜日は午後3時に退社する「プレミアムフライデー」などの、労働環境を改善する働き方改革がランクインした。

街頭取材では、30~40代が「プレミアムフライデー」の実施状況に不満の声があがるなか、60代以上からは働き方改革を軽視する意見も出た。

70代女性からは「私たちが働いていた頃は、残業は平気」。80代男性は「今の若い人はひ弱だね」と嘲笑した。また60代男性からは「若い頃は70~100時間くらい残業をしていた。そうすると給料が倍くらいになる」と、自身の現役時代のケースを語る声もあがる。

番組ナレーションでは「そんなこと言ってると、時代に取り残されますよ!?」と、そのような考えは古いのではないかと問題提起したのだった。

【関連記事】
坂上忍が新社会人の教育法に厳しい持論「褒めて育てるなんて無責任」
フランスでの日曜労働に市民が賛否両論「社会的な後退」「とても便利」
ネットで賛否の「フラリーマン」 の思考にNHKアナが指摘「家事を任せる前提」

 (おまけ1)

最後までお読み頂いたお礼に

無料ツールを差し上げます。


もちろん、お金が必要でない方は

一切無視して構いません。


ただ、お金を自動的に、

しかも手放しで増やしていきたい!

という方は、このチャンスを絶対に受け取ってください。


http://bit.ly/2yKYhEP



(おまけ2)

こちらは、5万相当で販売されていた、

仮想通貨をわかりやすく説明した動画です。

ここまでお読みいただいたお礼に、

無料で差し上げます。


【完全保存版 仮想通貨バイブルDVD第1巻】

「仮想通貨が世界を変える」

http://edifice-ep.com/Ln918/1s11




(おまけ3)

http://bit.ly/2yKYhEP


上記にアドレスを登録された方へは、

さらに仮想通貨の動画(5万相当)第2巻を差し上げます。


アドレスを登録された後、より大きな稼ぎが期待できる


有料版を購入された方は、下記アドレスへ「有料版申込・支払済」


とご連絡いただければ、折り返しメールを差し上げます。


確認後、もれなく豪華名産品を宅配します。


ご期待ください。


宛先

⇒noahcoin.jp18@gmail.com

kikuya

line

三浦大知、和太鼓披露へ 坂本冬美やHey! Say! JUMPらとコラボ<紅白リハ2日目>

三浦大知、和太鼓披露へ 坂本冬美やHey! Say! JUMPらとコラボ<紅白リハ2日目>

 
三浦大知(ダミーのスタッフ) (C)モデルプレス
【NHK紅白歌合戦/モデルプレス=12月30日】歌手の三浦大知が、大晦日に放送される歌番組「第68回 NHK紅白歌合戦」の坂本冬美のステージで、和太鼓を披露することが30日、分かった。

【さらに写真を見る】

 

◆三浦大知が和太鼓披露へ


同日、東京・渋谷のNHKホールで「第68回 NHK紅白歌合戦」のリハーサル2日目が行われており、「男の火祭り」を歌唱する坂本がカメラリハーサルを行った。

ステージは、“祭り”をテーマにしており、三浦は和太鼓で参加。この日はダミーのスタッフがリハーサルを行った。

ほかに、全国各地の祭り男が集結し、Hey!Say!JUMPや山内惠介ら白組有志も参加し、盛り上げる。

 

◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」


今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。

放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

 (おまけ1)

最後までお読み頂いたお礼に

無料ツールを差し上げます。


もちろん、お金が必要でない方は

一切無視して構いません。


ただ、お金を自動的に、

しかも手放しで増やしていきたい!

という方は、このチャンスを絶対に受け取ってください。


http://bit.ly/2yKYhEP



(おまけ2)

こちらは、5万相当で販売されていた、

仮想通貨をわかりやすく説明した動画です。

ここまでお読みいただいたお礼に、

無料で差し上げます。


【完全保存版 仮想通貨バイブルDVD第1巻】

「仮想通貨が世界を変える」

http://edifice-ep.com/Ln918/1s11




(おまけ3)

http://bit.ly/2yKYhEP


上記にアドレスを登録された方へは、

さらに仮想通貨の動画(5万相当)第2巻を差し上げます。


アドレスを登録された後、より大きな稼ぎが期待できる


有料版を購入された方は、下記アドレスへ「有料版申込・支払済」


とご連絡いただければ、折り返しメールを差し上げます。


確認後、もれなく豪華名産品を宅配します。


ご期待ください。


宛先

⇒noahcoin.jp18@gmail.com

kikuya
line

【喜怒哀楽】2017年ネットを騒がせた「怒」ニュース

【喜怒哀楽】2017年ネットを騒がせた「怒」ニュース

 


年明け早々現れたのが「チェーンソー男」です。いや「ユーチューバーなめるな男」でも良いかもしれません。宅配業者が代引きで荷物を持ってきたのですが、彼は不在。家にいた父親が代引きの旨を聞いていなかったことから業者に荷物を持ち帰ってもらったのですが、これに男は激怒。上半身裸でチェーンソーのエンジンをかける動画を中継し、その後、宅配業者の事務所まで押しかけ「ユーチューバーなめとったらあかんで!」「お前、(アマゾン)プライム会員なのにぼったくってよぉ!」と従業員を恫喝。結局、暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕されたのでした。言語道断な行為ではありますが、後に反省の動画を公開した点については救いがありました。

さて、2017年、怒れるユーチューバーの最右翼は松居一代さんでしょう。ブログ、Twitter、YouTubeを使いこなしては夫・船越英一郎の不倫暴露を含めた中傷を繰り返し、挙句の果てには「バイアグラ100ml男」呼ばわりする。特に印象的だったのが、「あまりにもホラー」と話題になった動画です。稲川淳二さんの怪談は夏の風物詩ですが、松居さんのあまりにも上手なナレーションかつ、覚悟を決めた人間としての「引かない姿勢」はまさにホラーそのもの。さすがは女優です。喋りも聞き取りやすく、抑揚をつけてグイグイとストーリーに引き込んでいく様はベテランとしての貫録を感じるとともに、「こんなところで貴重な才能を使わず、またテレビの世界で活躍してください」と思ってしまうのでした。

「怒」の最後は、「西田敏行を誹謗中傷したクソサイト管理人3人が書類送検」という件です。ここ数年、芸能人の名前を検索するとインチキクサいサイトの記事がグーグル検索の上位にズラリと並びますよね。「トレンドブログ」とかいうらしいですが、実質は「クソサイト」です。

基本的にはテキトーな噂と過去の報道のコピペとテレビでの発言を切り貼りし、画像を各所から盗んで貼り付けてアクセス稼ぎをしようとするブログですね。「美人と評判の●●●子はやっぱり旦那と不仲? 娘が美人と評判! その学歴と整形疑惑、年収を調査」みたいなタイトルがついていて、基本的には「かもしれませんね」と断定を避ける。

こうしたクソサイトがグーグルの上位に来て広告費を稼げるものだから、西田さんについても事実無根の「薬物疑惑」を煽るような連中が次々と登場し、特に悪質な3人が書類送検されたのでした。もっとやれ、もっとやれ! クソサイトは潰れろ! あと、スマイリーキクチさんを長年にわたってネットで誹謗中傷した19人が2008年から2009年にかけて書類送検された件を皆もっと知るべきでしょう。あれ以降、ネットの中傷は許されないことという意識が一般化しましたが、それにはキクチさんの10年以上にも及ぶ苦難の道があったのでした。
(中川淳一郎/ネットニュース編集者)


 (おまけ1)

最後までお読み頂いたお礼に

無料ツールを差し上げます。


もちろん、お金が必要でない方は

一切無視して構いません。


ただ、お金を自動的に、

しかも手放しで増やしていきたい!

という方は、このチャンスを絶対に受け取ってください。


http://bit.ly/2yKYhEP



(おまけ2)

こちらは、5万相当で販売されていた、

仮想通貨をわかりやすく説明した動画です。

ここまでお読みいただいたお礼に、

無料で差し上げます。


【完全保存版 仮想通貨バイブルDVD第1巻】

「仮想通貨が世界を変える」

http://edifice-ep.com/Ln918/1s11




(おまけ3)

http://bit.ly/2yKYhEP


上記にアドレスを登録された方へは、

さらに仮想通貨の動画(5万相当)第2巻を差し上げます。


アドレスを登録された後、より大きな稼ぎが期待できる


有料版を購入された方は、下記アドレスへ「有料版申込・支払済」


とご連絡いただければ、折り返しメールを差し上げます。


確認後、もれなく豪華名産品を宅配します。


ご期待ください。


宛先

⇒noahcoin.jp18@gmail.com

kikuya
line

奇跡的効果をおさめる手紙 その三

  • 【参考文献】

「人を動かす」

D・カーネギー著 山口 博 訳

昭和33年 第一版 第一冊発行



第五部 奇跡的効果をおさめる手紙

その三



アムゼルは、

鉛管などの暖房設備資材のセールスマンで、


ある鉛管工事請負業者に資材を売り込もうと、

長年努力を続けていた。



この業者は、手広く事業をやっており、

取引が成立すれば、


非常な利益が予想されるのだが、

てんでアムゼルを相手にしてくれない。



乱暴で口が悪く、

不愛想なことを自慢にしているような男で、


アムゼルが部屋にはいると、

いきなりどなりつける。



「今日は、なにもいらないよ!

いそがしいのだから、さっさと帰ってくれ!」

ある日、アムゼルは、

これまでとは違った新しい方法を

用いることにした。



アムゼルの会社は、

この請負業者の家の近所に支店を開く計画を


たてていたので、彼は、

それを種に使ってみたのである。



「今日は、商売のことで

おうかがいしたのではありません。



実は、おりいって

お願いしたいことがございますので、


しばらく時間をさいていただけないでしょうか」

「ふうん、お願いというのは、


いったい、何だねー言ってみたまえ」

「私の会社では、

お宅の近所に今度新しく支店をつくろうという


計画をたてています。



土地の事情は、

あなたが誰よりもよくご存じのはずです。



だから、ぜひあなたのご意見を

聞かせていただきたいのです」


請負業者の方は、

すっかり勝手がちがってしまった。



彼は、これまで何年間も、

セールスマンをくちきたなく


ののしることによって、優越感をおぼえて

きたのだが、いま、相手は、


自分の所属する大会社の事業方針について、

彼の意見をもとめ、


彼の助力を請うているのである。



これだけ重要視されれば、もう、

どなりちらす必要はないわけだ。



「まあ、掛けたまえ」

彼はそう言って、椅子をすすめた。



それから一時間余にわたって、彼は、

自分の経験と知識のすべてをかたむけて


土地の事情を説明し、支店を設けようとする

会社の方針について親身な意見を述べた。



そして、しまいには、商売の話をはなれて、

自分の家族の悩みまでも打ちあけはじめた。



「彼にわかれを告げて事務所を出るとき、

私のポケットには、


大量の鉛管の注文書がおさまっていた。



以後、彼は私の上得意となり、

ゴルフにも一緒に出かけて、


個人的にも親しくつき合うようになった。



私の顔さえ見ればどなりつけていた彼を、

別人のように変えることができたのも、


相手のささやかな好意にすがり、それによって、

優越感を持たせる方法をとったからである」



アムゼルは、当時を思い出して、こう述べている。

つづく



今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 (おまけ1)

最後までお読み頂いたお礼に

無料ツールを差し上げます。


もちろん、お金が必要でない方は

一切無視して構いません。


ただ、お金を自動的に、

しかも手放しで増やしていきたい!

という方は、このチャンスを絶対に受け取ってください。


http://bit.ly/2yKYhEP



(おまけ2)

こちらは、5万相当で販売されていた、

仮想通貨をわかりやすく説明した動画です。

ここまでお読みいただいたお礼に、

無料で差し上げます。


【完全保存版 仮想通貨バイブルDVD第1巻】

「仮想通貨が世界を変える」

http://edifice-ep.com/Ln918/1s11




(おまけ3)

http://bit.ly/2yKYhEP


上記にアドレスを登録された方へは、

さらに仮想通貨の動画(5万相当)第2巻を差し上げます。


アドレスを登録された後、より大きな稼ぎが期待できる


有料版を購入された方は、下記アドレスへ「有料版申込・支払済」


とご連絡いただければ、折り返しメールを差し上げます。


確認後、もれなく豪華名産品を宅配します。


ご期待ください。


宛先

⇒noahcoin.jp18@gmail.com

kikuya
line

奇跡的効果をおさめる手紙 その二

  • 【参考文献】

「人を動かす」

D・カーネギー著 山口 博 訳

昭和33年 第一版 第一冊発行



第五部 奇跡的効果をおさめる手紙

その二


前略

今般、ぜひともあなたのご助力を

仰ぎたい件がございまして、


失礼もかえりみず、

お手紙を差し上げます。



なにとぞご海容のほど

お願い申し上げます。


(この手紙を、

かりに田舎の取次店の主人が

受け取ったとして考えてみよう。



差出人はニューヨークの有力者で、

その人間が、冒頭から辞を低くして


助力を請うているのである。



おそらく受取人は

気をよくすることだろう。



「ふうん、この男は、

大分困っていると見える。



頼まれたとなれば、

後にはひけまい。



なにをそんなにこまっているのか、

ひとつ聞いてみてやろう」

腹の中で、こう思ったにちがいない」

昨年、弊社は、直接需要家あてに

広告の手紙を発送し、


取次店位の販売拡張の一助と

させていただきました。



(これを読んで、取次店の主人は、

「それくらいのサービスは当然だ。



利益の大部分は、

そちらが取っているではないか


・・・それで、この男は、いったい、

何がこまるというのだ」


と考えるだろう)

その効果につき、

先日取次店各位のご意見を


うかがいましたところ、

大多数はこの広告法の効果をみとめ、


大いにお喜び願っていることが

わかりました。



この結果にもとづき、弊社では、

本年もこの方法によって


取次店各位のご便宜をはかる方針を

立てました。



ところが、本日、社長より、

この方法によって


昨年度におさめた効果を

具体的に説明するようにとに

要請があり、小生といたしましては、


あなたのご好意にすがらざるを

えなくなった次第でございます。




(「小生といたしましては、
あなたのご好意にすがらざるを

えなくなった次第でございます」-

なかなか良い文句だ。



ニューヨークの大物が、

田舎の取次店主に、


自分の苦しい立場を訴え、

助力をもとめているのでる。



しかも、ダイク氏は、

自社の実力を誇示するようなことは


全然書いていない。



ひたすら相手の好意にすがり、

相手の助力なくしては、


自己の任務が果たせないと訴えている。



取次店主が気をよくするのは

当然だろう)

つきましては、

まことに恐縮でございますが、


同封の葉書に、次の件をご記入のうえ

ご返送願えれば幸甚に存じますー

一、弊社より発送いたしました

直接需要家あての広告の手紙により、


昨年は、どの程度販路が拡張されたと

お考えになるでしょうか


ー増加したとお考えになる販売件数を、

お知らせ願います。



二、その増加分の売上総額を

なるべく正確にお知らせください。



ご多忙中お手数をかけまして

申訳ございませんか、右、

なにとぞよろしくお願い申し上げます。
         ケン・R・ダイク

相手の重要性を十分に認めたこの謙虚さは、注目に値する)


至極簡単な手紙だが、これが、

奇跡的な効果をおさめたのである。



秘訣は、要するに、

相手の好意にすがるというだけのことで、


相手は、ささやかな恩をほどこすことによって、

自己の重要感を満たす。



この方法は、商売だけにかぎらず、

いろいろな場合に用いて効果がある。



一例として、私の旅行中の経験を述べよう。


つづく



今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 (おまけ1)

最後までお読み頂いたお礼に

無料ツールを差し上げます。


もちろん、お金が必要でない方は

一切無視して構いません。


ただ、お金を自動的に、

しかも手放しで増やしていきたい!

という方は、このチャンスを絶対に受け取ってください。


http://bit.ly/2yKYhEP



(おまけ2)

こちらは、5万相当で販売されていた、

仮想通貨をわかりやすく説明した動画です。

ここまでお読みいただいたお礼に、

無料で差し上げます。


【完全保存版 仮想通貨バイブルDVD第1巻】

「仮想通貨が世界を変える」

http://edifice-ep.com/Ln918/1s11




(おまけ3)

http://bit.ly/2yKYhEP


上記にアドレスを登録された方へは、

さらに仮想通貨の動画(5万相当)第2巻を差し上げます。


アドレスを登録された後、より大きな稼ぎが期待できる


有料版を購入された方は、下記アドレスへ「有料版申込・支払済」


とご連絡いただければ、折り返しメールを差し上げます。


確認後、もれなく豪華名産品を宅配します。


ご期待ください。


宛先

⇒noahcoin.jp18@gmail.com

kikuya
line

訴えてやる! 訴えてやる! バビル2世――2017年、ソーシャルで話題になった「自分戦略研究所」の記事ベスト10

 こんにちは! 「@IT自分戦略研究所(略して自分研)」の編集担当 鈴木です。

 自分研は2017年も、エンジニアの役に立つ記事や、エンジニアを恐怖に震え上がらせる記事、楽しくてタメになる漫画などを掲載いたしました。今日は年内最終営業日(の会社が多いんですってね。うらやましいわね。わが社は明日も営業日よ)なので、今年ソーシャルで話題になった記事を紹介いたします。

●1位:訴えてやる!!!

---
私は忙しいんです。システム開発に協力できる時間なんてありません――「旭川医大の惨劇」解説その2
Facebook 993/Twitter 84/はてなブックマーク43

 ユーザーが出し続けた1000を超える追加要件にベンダーが対応仕切れずプロジェクトが破綻した「旭川医大vs.NTT東日本 病院情報管理システム導入頓挫事件」。悪いのは100%ユーザーなのか、ベンダーはどうすればよかったのか――細川義洋氏による同事件のポイント解説、第2弾は「体制」と「開発方針」について考察する
---

 栄えある1位は、人気連載「『訴えてやる!』の前に読む IT訴訟 徹底解説」の第48回、「旭川医大vs.NTT東日本 病院情報管理システム導入頓挫事件」解説シリーズの1本です。

 仕様凍結後も追加要件を出し続けるユーザー(その数、なんと1000over)の「協力義務」と、ユーザーの欲望をコントロール仕切れなかったベンダーの「プロジェクト管理義務」が争われた裁判の行方は……。

 困難な状況に陥ったとき、ベンダーは、エンジニアは、どのように考えどのように行動すれば良いのかを指南する全システム開発従事者必読の記事、未読の方は今すぐどうぞ!

●2位:やっぱり、訴えてやる!!!

---
アジャイルだか何だか知らないけれど、ドキュメントがないのでシステムは未完成ね
Facebook 826/Twitter 391/はてなブックマーク 243

 IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「システム開発におけるドキュメントは、何のために必要か?」を解説する。
---

 2位は同じく、連載「『訴えてやる!』の前に読む IT訴訟 徹底解説」で4月に公開した記事です。

 要件定義書や基本設計書などのドキュメントを納品しなかったがために、ユーザーから「システムは完成していない!」と訴えられたベンダーのお話。裁判所の判決やいかに?

●3位:よみがえる名作の数々

---
「バビル2世」のコンピュータを、2017年のテクノロジーで解説しよう
Facebook 702/Twitter 146/はてなブックマーク 32

 手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――「鉄腕アトム」や「2001年宇宙の旅」に登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第1回は、横山光輝先生の「バビル2世」だ!
---

 第3位は、2017年に始まった連載「テクノロジー名作劇場」のデビュー作。

 編集担当がカラオケで「バビル2世」を歌い、2番の歌詞冒頭で「おや? コンピュータ?」と思った(←1番の歌詞しか知らなかった)のが始まりの始まりだったんです。たまにはカラオケも行ってみるもんですね。

 本連載、対象となる作品を読み込む(ビデオなら全作品見る)作業があるため、掲載頻度が低いのですが、第3弾はもう準備中です。初回の「バビル2世」、第2回の「ナイトライダーのK.I.T.T.」に負けず劣らずの「名作」を解説しますので、楽しみにお待ちください。

●4~10位:要件定義書、K.I.T.T.、キャリア残酷物語

 4位以下は一覧でお届けします。

一覧を見る
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1712/27/news030.html

 全体的に、コワいタイトルの記事が多いのですが、「エンジニアのためのビジネス文書作成術」や「U&Iターンの理想と現実」などの、具体的に役に立ったり、キャリア構築の参考になったりする記事もランクインしています。

 2017年も自分研の記事をご愛読いただき、ありがとうございました。2018年もぶっ飛ばしていきますので(あの小説のseason2が始まるよ)、たまに、いや毎日読みに来てくださいね。

 良いお年を!

 (おまけ1)

最後までお読み頂いたお礼に

無料ツールを差し上げます。


もちろん、お金が必要でない方は

一切無視して構いません。


ただ、お金を自動的に、

しかも手放しで増やしていきたい!

という方は、このチャンスを絶対に受け取ってください。


http://bit.ly/2yKYhEP



(おまけ2)

こちらは、5万相当で販売されていた、

仮想通貨をわかりやすく説明した動画です。

ここまでお読みいただいたお礼に、

無料で差し上げます。


【完全保存版 仮想通貨バイブルDVD第1巻】

「仮想通貨が世界を変える」

http://edifice-ep.com/Ln918/1s11




(おまけ3)

http://bit.ly/2yKYhEP


上記にアドレスを登録された方へは、

さらに仮想通貨の動画(5万相当)第2巻を差し上げます。


アドレスを登録された後、より大きな稼ぎが期待できる


有料版を購入された方は、下記アドレスへ「有料版申込・支払済」


とご連絡いただければ、折り返しメールを差し上げます。


確認後、もれなく豪華名産品を宅配します。


ご期待ください。


宛先

⇒noahcoin.jp18@gmail.com

kikuya

line
line

line
プロフィール

netchance1

Author:netchance1
ブログご訪問ありがとうございます。
テニス好きが高じて、コートの隣に家を建てるほどの、自称「テニキチ」です。
錦織選手の追っかけで、国内はもとよりロンドン、パリまで応援に行ってきました。大坂選手、西岡選手の活躍も目が離せません。

最近は不動産投資に加え、第四次産業革命の進展とともに、成長著しい暗号資産の投資に確かな手ごたえを感じています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
メールフォーム
お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

line
フリーエリア
この人なら騙されていい? 私は最近、初めて 本気で信じられる人に出会いました。 本人が出演しますので、詐欺師かどうか確かめるだけでもいいかも! ↓↓↓↓↓ https://bit.ly/2JqZsQ6
line
フリーエリア
この人なら騙されていい? 私は最近、初めて 本気で信じられる人に出会いました。 本人が出演しますので、詐欺師かどうか確かめるだけでもいいかも! ↓↓↓↓↓ https://bit.ly/2JqZsQ6 堀江貴文のブログでは言えない話 N希望のおっさんの風俗体験ブログのブロマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line