FC2ブログ

年収1000万円でも貯蓄ゼロ世帯が1割!? 老後に向けて貯める方法とは

年収1000万円でも貯蓄ゼロ世帯が1割!? 老後に向けて貯める方法とは

LIMO / 2019年11月8日 20時20分

写真

年収1000万円でも貯蓄ゼロ世帯が1割!? 老後に向けて貯める方法とは

「老後2000万円問題」で話題となった金融庁の報告書(2019年6月)により、老後への備えとして資産形成が注目されています。

厚生労働省の簡易生命表(令和元年7月発表)によると、日本人の平均寿命は男性81.25年、女性87.32年となり過去最高を更新しました。

現在60歳の約4分の1が95歳まで生きるという試算もあり、まさに「人生100年時代」を迎えています。長生きするほど資産が減り、老後に困窮するという「長生きリスク」を意識している人が増えているのです。

この記事では、将来に備えて資産形成をするにはどのようにしたらいいのか、特に40代以下の若年層に焦点をあてて解説します。

貯蓄は世代間格差・収入間格差がある

総務省の家計調査報告(2018年度)では、二人以上の世帯における1世帯当たり貯蓄現在高の平均値は1,752万円。年間収入は622万円で、貯蓄年収比(貯蓄現在高の年間収入に対する比率)は281.7%でした。

それでは、世代別の貯蓄現在高を確認しましょう。以下の表をご覧ください。二人以上の世帯について、1世帯当たり貯蓄現在高を見ると、40歳未満の世帯が600万円と最も少なく、60歳以上は2,000万円を超えています。さらに、50歳未満の世帯では、負債現在高が貯蓄現在高を上回っている状況です。

(/mwimgs/d/b/-/img_dbfa82de005eaa894af7b8447e26b59972318.jpg)

拡大する(/mwimgs/d/b/-/img_dbfa82de005eaa894af7b8447e26b59972318.jpg)

出典:家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)(https://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/pdf/2018_gai4.pdf)(総務省)


このように、金融資産が高齢者に偏在するという「世代間格差」が存在していることがわかります。また、現役世代でも金融資産保有のバラツキは大きくなっています。

二人以上の勤労者世帯の年間収入5分位階級別貯蓄、負債現在高は以下の通りです。

(/mwimgs/b/e/-/img_be49c69ef12ee23128edfbed08eeba7d57327.jpg)

拡大する(/mwimgs/b/e/-/img_be49c69ef12ee23128edfbed08eeba7d57327.jpg)

出典:家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)(https://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/pdf/2018_gai4.pdf)(総務省)


第Ⅰ階級は平均年齢50.8歳 収入が325万円未満
第Ⅱ階級は平均年齢48.0歳 収入325~452万円
第Ⅲ階級は平均年齢48.3歳 収入452~617万円
第Ⅳ階級は平均年齢49.3歳 収入617~861万円
第Ⅴ階級は平均年齢51.1歳 収入861万円~

このように、所得が増えるほど貯蓄現在高も増えていることがわかります。第Ⅴ階級(年収861万円~)の世代では、2,000万円を超えています。

年収1000万円以上でも「貯蓄ゼロ」が1割

しかし、最近は金融資産を保有しない「貯蓄ゼロ」の世帯も増えているのです。金融広報中央委員会では、毎年「家計の金融行動に関する世論調査」を行っています。以下のグラフは「金融資産を持っていない」二人以上世帯の比率です。

(/mwimgs/1/3/-/img_138710409f83a11ffd6e0fd2936c4b2c57054.jpg)

拡大する(/mwimgs/1/3/-/img_138710409f83a11ffd6e0fd2936c4b2c57054.jpg)

出典:家計の金融行動に関する世論調査(https://www.shiruporuto.jp/public/data/movie/yoron/)(金融広報中央委員会)よりLIMO編集部作成


アンケートにおける金融資産には、日常生活に使われる資産は含まれていないので、「金融資産を持っていない世帯」でも何も資産を保有していないわけではありません。しかし、将来に備えるための貯蓄を保有していない世帯が3割を超える水準になっているのです。

さらに驚くべきは、年収1000~1200万の世帯で7.3%、1200万円以上の世帯で3.8%の世帯が貯蓄ゼロと回答していることです。

年収1000万を超える人は、給与所得者の4.5%しかいません。一般的には高給取りで金融資産もたくさん持っているというイメージですが、中には家計が火の車という世帯もあるのです。

年収と貯蓄は必ずしもイコールになりませんが、年収が多いほど貯金を貯めやすいという事実はあります。しかし、年収1000万円以上あっても、身の丈以上の支出をすると、生活が苦しくなる可能性があるのです。

資産形成の基本はコツコツと長期積立投資

「年収が高くても貯蓄ゼロの世帯がいるのなら、将来のための貯蓄などムリなのでは」と思う人もいるかも知れません。しかし、40代以下の若い世帯なら、時間を味方につけることで将来への資産形成を行うことができます。

しかし、大手銀行の定期預金金利は0.01%。お金を預けているだけでは、ほとんどお金は増えません。そこで、時間をかけてコツコツと資産を増やす「長期積立投資」が脚光を浴びています。

長期積立投資はつみたてNISAとiDeCo(イデコ)で始める

そうした長期積立投資を促す制度も充実してきています。たとえば、2018年から「つみたてNISA」が始まりました。年間40万円を上限に、本来は約20%取られる投資信託の分配金や値上がり益が非課税になります。また、非課税期間は20年と長期です。

個人型確定拠出年金であるiDeCo(イデコ)も、2017年から対象者が大きく拡大し、原則、現役世代が全員入れるようになりました。iDeCoでは、掛け金がまるまる税金の計算から控除されます。運用時は、つみたてNISAと同じように非課税ですし、60歳以降の受給時にも税制優遇があります。

会社員がこれらの非課税制度を使って20年間資産運用した場合のシミュレーションを考えてみます。

つみたてNISA 月額3.3万円

iDeCo 月額2.3万円

毎月5.6万円を向こう20年間にわたって年率3%で運用できれば、累計投資額1,344万円の投資に対し、1,838.5万円に増やせる計算になります(金融庁のサイトを活用して試算)。

(/mwimgs/1/0/-/img_104df6d9b19b3578fbf286ca14f7cacf110524.jpg)

拡大する(/mwimgs/1/0/-/img_104df6d9b19b3578fbf286ca14f7cacf110524.jpg)

出典:資産運用シミュレーション(https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/moneyplan_sim/index.html)(金融庁)


早くから投資を始めれば、老後資金の多くをつみたてNISAとiDeCoでまかなえることがわかります。

セカンドライフに向けて資金を貯めるためには、非課税制度を使って、早めに資産運用を始めることが大切なのです。

まとめ

「老後資金2000万円問題」によって、将来の資産形成への関心が高まっています。しかし、収入を増やすだけでは必ずしも貯蓄は増えません。年収1000万円を超える世帯でも約1割が貯蓄ゼロなのです。

日々の収支を見直し、資産形成への意識を高めなければなりません。また、高収入でなくても、時間を味方につけることで、まとまった資金を作ることが可能です。ただ、そのためには投資をする必要があります。

つみたてNISAやiDeCo(イデコ)など、長期投資を促す制度も充実してきています。ゆとりあるセカンドライフのために、すぐにでも投資を始めるようにしましょう。


お金はないよりはあった方がいいですよね。


主婦も、フリーターも、



サラリーマンも、経営者も、
自営業者も、



そして、定年退職後の

リタイア世代の方も

今多くの人が楽しむために


稼いでいます。


閲覧無料です。
⇩ ⇩ ⇩ ⇩ 

https://bit.ly/2k62Lnt





スポンサーサイト



line

キャッシュレスで泣いた業界、笑った業界――ATMと人員を削減できる「銀行」が一人勝ち?

キャッシュレスで泣いた業界、笑った業界――ATMと人員を削減できる「銀行」が一人勝ち?

 10月1日からの消費増税に伴い導入された、キャッシュレス決済のポイント還元で各業界が揺れている。2%の割引対象となったコンビニではキャッシュレス決済比率が急激に高まっている。ファミリーマートでは「増税前の20%弱から増税後の6日間で25%程度まで上昇した」(澤田貴司社長)という。


キャッシュレス還元のポスター ©共同通信社

 経産省の推計によれば、キャッシュレス決済のポイント還元制度で1日平均10億円分が消費者に還元されているという。この調子でいけば2800億円の当初予算は来年3月末までに枯渇する見通しで、財務省は追加の予算措置を検討し始めた。

 一方、還元対象とならず売上減に直面する大規模事業者からは「消費増税が逆風になっている」(サイゼリヤ・堀埜一成社長)と怨嗟の声が挙がる。イオンの岡田元也社長は「めちゃくちゃなことが堂々と行われた。不公平であることに反省がない、政治が崩壊している」と痛烈に批判。ポイント還元は来年6月末までの時限措置だが「延長されないという保証はない」(ライフコーポレーション・岩崎高治社長)と身構えている。

 悲喜こもごもの小売業や外食産業だが、それを尻目にほくそ笑んでいる業界も。

キャッシュレスで銀行が潤う理由

「ポイント還元で表面的に潤っているのはキャッシュレス決済の事業者やクレジットカード会社だが、その裏で銀行が実質的な利益を得ています」(経産省幹部)

 実は、キャッシュレス決済を利用するため、消費者が自分の銀行口座からQRコード決済アプリに入金する際、銀行は決済事業者から手数料を徴収している。また銀行の口座情報を参照する家計簿アプリでも、データをやりとりするための利用料を事業者が支払う仕組みとなっている。さらに、現状、キャッシュレス決済の9割を占めるクレジットカード会社の大半は、実質的に銀行のグループ企業にほかならない。

 メガバンク幹部が明かす。

「キャッシュレス化が進めば、いずれ銀行はATMを設置する必要がなくなるでしょう。ATM1台あたり毎月30万円かかる現金の保有・デリバリーコストが削減できるほか、店舗も大幅に縮小できるのです。その分、銀行員もいまほどいらなくなり、失職者も出ますが、経営的にはキャッシュレス化は願ったりかなったりなんです」

 キャッシュレス決済によるポイント還元の裏で、密かに肥え太る銀行だが、公取委は見逃してはいない。金融機関は優越的な立場を乱用して決済事業者から過大な手数料を要求していないか、実態調査に乗り出す方針だ。銀行の一人勝ちは許されない。

(森岡 英樹/週刊文春 2019年11月7日号)

line

一日5秒・完全無料・完全ノーリスクで始めるスマホ副業!?誰にもばれずにお金が稼げるスマホアプリを試してみたら驚愕の・・・・・・



Espo.pngEspo.pngそのスマホアプリとは・・・・・

動画やニュースを見たり、
ゲームで遊ぶだけでポイントがもらえて


そのポイントを仮想通貨に
交換することができるということですね。


そのアプリの名前は「espo」


それは、この「espo」のサイトに多くの
人が集まると、企業が広告を出しますよね。


10月1日にスタートして、わずか1日で
1万人が登録した、

国内最大級のポータルサイトなんです。


毎日ログインするだけでもらえるポイント!

これをビットコインにして換金すれば
アプリ内で無料で溜まっていくポイントを

お金に変えることができるというものです。


このポイントアプリは、
後から参加された方のポイントの一部が、
先に参加された方にも入る

という仕組みを取っているので、
登録が早い方が収入が大きくなるんです。


なので、今の時点で登録しておいたほうが
先行者利益が狙える可能性があるという

利点があります。


この運営会社が
仮想通貨の取引所だからこそ

実現しているサービスなのですが、
ここからオンラインカジノや

有名人を起用した動画コンテンツなども
発表されていくようで、

関わっている会社も大手が多いので
もしかしたらものすごく

全国的に広まっていく能性があります。


無料でリスクもないですし、
昨日リリースしたばかりですので、

登録がまだの方はお急ぎ下さいね。




登録はこちらから
▼espo無料登録



もっと詳しく知りたい方はコチラの動画から
line

巷の「心理テクニック本」はなぜ使えない!? 効果を出すのに足りない3つの基本原則とは?

巷の「心理テクニック本」はなぜ使えない!? 効果を出すのに足りない3つの基本原則とは?

photo via Pexels

写真拡大

 ビジネスで使える心理術を紹介する当連載。今回は、何十とある心理テクニックを覚えることなく、その核となる「3つの基本原則」を理解することで、自然と心理テクニックを使って仕事の成果を高めることができる方法について解説する。

◆情報過多で実践に至らない

 仕事で成果を上げるために、心理学を学ぼうとする人は多い。書店のビジネスコーナーに行けば、何十冊ものビジネスで使える心理学の本があり、中を見ると、研究や経験によって裏打ちされた心理テクニックが何十個も載っている。

 そういう本を読んで心理テクニックの知識を持っている人と出会うことは多いのだが、それを仕事でちゃんと使えている人は少ない。もちろん、本人の意思力の問題もあるが、同時に本にも問題があるのではないだろうか。

 私も仕事柄、そのような本を読むことが多く、素晴らしい本に出会うことが多い。しかし、そのような本の中に潜んでいる問題点から、心理テクニックを使える人が少ない理由がわかってきた。

 それが、「心理テクニックの本の情報過多」と「信頼関係不足」だ。

 心理テクニックの本は百科事典や用語集のような本が多く、中には読者が十分に満足できるだけの心理テクニックの情報が載っているのだが、逆に多すぎて読み終わった頃には、「結局、私はどうしたらいいんだろう?」という状態に陥ってしまう。選択肢が多いほど、選べなくなってしまうことは、「ジャムの法則」と呼ばれている。

 読者の抱えるひとつの課題に対して、あらゆる解決策が提案されており、結局どれを選択したらいいのかわからなくなっているのだ。

◆小手先の技術が信頼関係を損なう

 また、心理学のテクニックだけ覚えてしまうと、その根底にある「信頼関係」のケアをしなくなってしまう。

 あらゆる心理テクニックは、信頼関係をベースに効果を発揮する。相手を自分の思い通りにしたいという、“ジャイアニズム”で、心理テクニックを使うようなダークサイドに堕ちてしまった人は、相手と信頼関係を構築することなく心理テクニックを使おうとしまう。

 そして本来は効果を発揮するはずの心理テクニックもまったく効果を発揮しなくなってしまう。

◆テクニックを実践するには信頼関係が重要

 心理テクニックが“宝の持ち腐れ”にならないようにするには、どうすればいいのか? 私はこれまで読んだ700冊以上の心理学の本と、50社以上、延べ1000人以上へのコンサルティングを通して導き出した、「あらゆる心理テクニックに共通する基本原則3つ+信頼関係構築」にシンプル化し、『トップ2%の天才が使っている「人を操る」最強の心理術』という本にまとめた。

 同書でも私が活用している27の心理テクニックを紹介しているが、あくまでも大きな軸となっているのは、人を操る心理テクニックの基本原則3つと、心理テクニックのベースとなる信頼関係だ。そのうえで初めて「心理テクニック」が活きてくるのだ。

 基本原則を理解してから心理テクニックを使えば、自然と「なぜ、心理テクニックは機能するのか?」という根本的な仕組みが身につくはずだ。そうすることで初めて、本来の効果を発揮させることができる。そして、心理術が人を操る最強の武器になるのだ。

◆「相手を理解する」ことがすべての土台に

 では、土台となる3つの基本原則とはどのようなものなのか? それが下記の3点だ。

 基本原則1:相手の一貫性を理解する

 基本原則2:一貫性に基づくレスポンスを予測する

 基本原則3:「論理+α」で相手の頭と心を説得する

 特に肝心なのは、基本原則1だ。「相手の一貫性を理解する」というのは、言い方を変えると「相手を理解してあげよう」ということだ。
line

仕事を辞めたい… 悩んだときに思い出してほしい3つのこと

仕事を辞めたい… 悩んだときに思い出してほしい3つのこと



仕事で正当な評価がされなかったり、やりがいを見失ってしまったり、同僚や先輩とうまくいかなかったり、上司から理不尽なおとがめを受けたり…。仕事に行くのが辛くなること、ありませんか。頑張りすぎ、無理し過ぎで心身共に疲れ切ってしまう前に、思い出してほしいことがあります。入社したばかりなら「まずは3年働け」と言いますが、そんな言葉に縛られる必要もないんです。

■「まず3年働け」に縛られなくてもいい

テレビでも著名な予備校講師の林修先生は、あるインタビュー記事で異論を唱えていました。ご自身は新卒で日本長期信用銀行に入り、わずか5か月で辞めてしまったご経験があるそうです。

理由は、入行してすぐに「この銀行はいつか潰れる」と感じたからだそうです。予備校でも、明らかに講師には向いていないと思う人は今まで何人もいて、そういう人は確実にいなくなっていったそうで、少なくとも予備校の場合は、早めに切り替えたほうが後々のためになることが多いと思われるそうです。

早期離職にはメリットがないから、「せめて3年くらいは」などと言われることが多い中、3年にこだわらない方がいいケースもあるといいます。「まずは3年」とは言い切れない2つのパターンとは?

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>「まず3年働け」は、今なお正論と言えるのか

■人生は何度でも変えることができる

たとえば、ある程度一流といわれる日本の大学出て、有名上場企業に就職していても、多分30歳まではいろんな事を学ぶのに精一杯で、たいした戦力なんかにはなっていないはずです。チャレンジで早くから起業した人達も生き残っているのは数パーセントでしょうし、あーこの先どうすっかって早くも債務超過になっている方だっていっぱいいるはずです。

そうなったって30歳からまた再チャレンジすれば良いだけですから、冒頭の方のこの先30年だって、また40歳までなにか新たなことにチャレンジして、45歳でボーンと成功してれば何ら問題ないはずです。15年後ならなんだかイケる気がしますよね。

未来を憂うアラサーに、人生はまだまだだと喝を入れる著者。10年単位で物事を進めていくとして、30才ならば、4回は人生変えられる計算になる…。そんな風に考えると、辛い毎日にただ耐えるだけでなく、無理だと判断したらドラスティックに変えてみたくなりますね。

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>30歳から4回は人生を変えられる! ネットを騒がす“アラサー不幸自慢”に喝!!

■「仕事をしない」時期を過ごすという選択もある

自分の意志で仕事をしなかったとして、そこにあるのは充実した時間ばかりではありません。「いろいろ考えて別業界に行ったが、今一つ肌が合わずにまた元の業界に戻った」など、回り道をした結果は元通りだったという人もいますし、「考えていたことはいろいろあったが、結局何も実行できなかった」などという人もいます。

一方で、「しばらく旅行三昧の生活をしていたが、その経験がきっかけで転職先は旅行業界になった」など、気づきにつながるようなこともあります。

辛いと思ったら退職して、あえて仕事をしないという時期を過ごしてみるのもひとつの方法。キャリアのブランクとなったとしても、無意味ではありません。その期間を過ごすことで、自分自身に何かしらの変化が出るはずで、それが次の仕事へとつながるかもしれないのです。



 

お金はないよりはあった方がいいですよね。


主婦も、フリーターも、



サラリーマンも、経営者も、
自営業者も、



そして、定年退職後の

リタイア世代の方も

今多くの人が楽しむために


稼いでいます。


閲覧無料です。
⇩ ⇩ ⇩ ⇩ 

https://bit.ly/2k62Lnt

line
line

line
プロフィール

netchance1

Author:netchance1
ブログご訪問ありがとうございます。
テニス好きが高じて、コートの隣に家を建てるほどの、自称「テニキチ」です。
錦織選手の追っかけで、国内はもとよりロンドン、パリまで応援に行ってきました。大坂選手、西岡選手の活躍も目が離せません。

最近は不動産投資に加え、第四次産業革命の進展とともに、成長著しい暗号資産の投資に確かな手ごたえを感じています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
メールフォーム
お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

line
フリーエリア
この人なら騙されていい? 私は最近、初めて 本気で信じられる人に出会いました。 本人が出演しますので、詐欺師かどうか確かめるだけでもいいかも! ↓↓↓↓↓ https://bit.ly/2JqZsQ6
line
フリーエリア
この人なら騙されていい? 私は最近、初めて 本気で信じられる人に出会いました。 本人が出演しますので、詐欺師かどうか確かめるだけでもいいかも! ↓↓↓↓↓ https://bit.ly/2JqZsQ6 堀江貴文のブログでは言えない話 N希望のおっさんの風俗体験ブログのブロマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line