FC2ブログ

Apple、プロ向け新Mac mini発表。6コアバージョンや64GBまでメモリ拡張が可能に

Apple、プロ向け新Mac mini発表。6コアバージョンや64GBまでメモリ拡張が可能に



「Mac mini」

Appleは、10月30日23時(日本時間)から開催されたスペシャルイベントで「Mac mini」の新モデルを発表した。

プレゼンでは、ユーザーからのプロ向けの要望に答えたモデルとして登場したことを強調した新型「Mac mini」。新しい第8世代の6コアとクアッドコアプロセッサ、最大64GBまで拡張できるさらに高速な2,666MHz DDR4メモリ、そして最大2TBのSSDとなっている。

高速化の例としては、Adobe Photoshop CCを用いた場合、前モデル(デュアルコアMac mini基準値)と比べて、6コアMac miniはフィルタの処理が3.2倍速くなる。


イメージ

また、ポートはThunderbolt 3(USB-C)4つとHDMI 2.0、10Gb Ethernet、USB 3、3.5mmヘッドフォンを搭載する。


ポート

価格は、3.6GHzクアッドコアプロセッサ128GBストレージモデルが8万9800円、3.0GHz 6コアプロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)256GBストレージモデルが12万2800円(各税別)。発売は11月7日。

「Mac mini」
URL:https://www.apple.com/jp/mac-mini/
2018/10/31

この人なら騙されていい?

私は最近、初めて

本気で信じられる人に出会いました。


https://bit.ly/2JqZsQ6




スポンサーサイト



line

ホームボタン消滅、完全一新「新型iPad Pro」驚きの特徴。アップルが考える新たなコンピューターとは

ホームボタン消滅、完全一新「新型iPad Pro」驚きの特徴。アップルが考える新たなコンピューターとは

 

アップルは現地時間10月30日、アメリカ・ニューヨークで新製品発表会を実施。

タブレットシリーズの上位モデル「iPad Pro」の最新モデルを発表した。最新のiPad Proは11インチと12.9インチの2モデル。

既に予約を開始しており、日本でも11月7日に発売される。NTTドコモ、au、ソフトバンクでの取り扱いもある見込みだ。

直販サイトでのストレージごとの価格は以下の通り。

11インチiPad Proの直販価格

Wi-Fiモデル 64GB……8万9800円(税別)Wi-Fiモデル 256GB……10万6800円(税別)Wi-Fiモデル 512GB……12万8800円(税別)Wi-Fiモデル 1TB……17万2800円(税別)Wi-Fi+Cellularモデル 64GB……10万6800円(税別)Wi-Fi+Cellularモデル 256GB……12万3800円(税別)Wi-Fi+Cellularモデル 512GB……14万5800円(税別)Wi-Fi+Cellularモデル 1TB……18万9800円(税別)

12.9インチiPad Proの直販価格

Wi-Fiモデル 64GB……11万1800円(税別)Wi-Fiモデル 256GB……12万8800円(税別)Wi-Fiモデル 512GB……15万800円(税別)Wi-Fiモデル 1TB……19万4800円(税別)Wi-Fi+Cellularモデル 64GB……12万8800円(税別)Wi-Fi+Cellularモデル 256GB……14万5800円(税別)Wi-Fi+Cellularモデル 512GB……16万7800円(税別)Wi-Fi+Cellularモデル 1TB……21万1800円(税別)

新iPad Proの商品ページには「変えていないのは名前だけ。」という挑戦的なメッセージが記されているが、旧モデルと比べて具体的にはどこが進化したのか、確認してみよう。

ベゼルは狭く、デザインが一新

写真左が旧型、右が新型の12.9インチiPad Pro。
 
 
 

最もわかりやすい変化は、大幅に変わった本体のデザインだ。

2017年6月に発売された10.5インチiPad Proも、それまでのiPadに比べて左右のベゼルを細くしていたが、新型のiPad Proはどちらも左右上下の額縁がさらに狭められている。

そのため、画面が大きい12.9インチモデルは従来の同画面サイズのモデルに比べて、高さは約25.1mm、幅は約5.7mm短く、厚さは約1mm薄くなっている。

また、画面サイズは異なるものの、11インチiPad Proも、従来の10.5インチモデルと比べて、高さは約3mm短く、厚さは約0.2mm薄くなっている。

「Face ID」対応&iPhone Xライクの操作性に

 
iPadで初めてTrueDepthカメラが搭載される。

デザイン変更に伴い、ホームボタンと指紋認証の「Touch ID」は廃止された。これはiPadとしては初のことだ。

生体認証としては、iPhone X/XS/XRシリーズと同じ赤外線カメラやドットプロジェクターなどと正面カメラ等を組み合わせた「TrueDepthカメラシステム」を用いた「Face ID」に対応する。

Face IDは画面ロックの解除のほかに、ウェブやアプリなどでApple Payでの支払い時に利用できる。

ホーム画面や起動中のアプリを表示するのに、もうハードウェアキーは使わない。
 

また、操作系もホームボタンがなくなった影響で、画面下にあるバーを活用。

上スワイプでホーム画面に戻るなど、広い画面を活用したiPhone X/XS/XRシリーズと同じ操作体系となっている。

Lightning端子が廃止、代わりにUSB Type-Cを採用

新型iPad ProではUSB Type-Cが採用されているため、外部機器との接続が従来よりラクになる。
 

もう1つ大きな変化は端子。

新型iPad Proでは、充電および周辺機器との接続用端子として、「MacBook」や「MacBook Pro」、他メーカーのPCやAndroid製品で既に使われているUSB Type-C(同社ではUSB-Cと呼ぶ)が採用された。

アップルは初代iPadでは30ピンのDockコネクターを、2012年10月の第4世代iPadや第1世代iPad miniからは両面挿し対応のLightningコネクターと、独自規格の端子をずっと採用してきた。

今回の端子の変更は実に6年振り3回目というだけでなく、汎用規格になったことには、アップルの「意図」を感じる。

iPadの巨大なバッテリーを、iPhoneのモバイルバッテリーとして利用できるようになる。
 

それは、おそらく周辺機器などとの接続のしやすさを重視したためだ。

USB Type-Cを採用したことにより、アダプターがなくても外部機器との接続ができる。発表会ではノートPC並みの最大5K解像度での画面出力や、USBポートを持つデジタルカメラとの接続、さらには新型iPad ProからiPhoneへの充電ができるとしていた。

アップルは、ここ最近、iPadをタブレットではなくコンピューターと表現するようになってきている。

汎用的な端子を持ち、さまざまな周辺機器と繋がることは、まさにコンピューター(Mac)がやってきたことだ。

下記で解説するアドビとの連携による「クリエイティブマシン」化を強く打ち出す意味で、従来のタブレットの定義からの脱却を図ろうとしているように見える。

第2世代Apple Pencilは無線充電化

より伝統的な鉛筆の風貌を持つ第2世代Apple Pencil。
 

iPad Proと同時に、iPad専用デジタイザーペン「Apple Pencil」も新モデルが発表された。

直販価格は1万4500円(税別)。新型Apple Pencilは、従来のモデルに比べると、なだらかな角がつきマット仕上げに変化。より鉛筆らしい外観をしている。

また、充電方法も一新。新型iPad Proの右側面(音量キーのある面)に磁石が仕込まれており、そこにPencilを装着すると充電がはじまる仕組みになっている。

従来はペンの頭のフタを取り外し、ペンをiPad本体のLightning端子に差し込むことで充電できた。

素早い充電は可能だったが、充電中はペンのフタをしまう場所がないため失くしやすく、またペンを挿したiPadが不格好だったこともあり、この変更を喜ぶファンは多いだろう。

アップルの発表会で「Photoshop for iPad」のライブデモをするアドビのデザイン担当VPであるJamie Myrold氏。第2世代Apple Pencilのダブルタップ操作で編集画面の拡大縮小を行っているところ。
 

ペンそのものの操作性にも変化がある。新型Apple Pencilではペン側面のダブルタップ操作に対応する。

例えば、ノートアプリの手書きメモ時にこの操作を行うと画面にタップしなくても、鉛筆から消しゴムへツールを切り替えられる。

この機能はサードパーティー製アプリにも開放されるようだ。発表会で行われたAdobeの「iPad版Photoshop」のライブデモでは、ペンのダブルタップにより拡大縮小の切替が行われていた。

ちなみに、アップルのホームページによると、この第2世代Apple Pencilは今回発表された新型11インチ/12.9インチiPad Proでのみの対応となっており、以前に発表されたiPadでは利用できない可能性がある。

既にアップルにとって、iPad Proはコンシューマー向けPCだ

 
 
 
キーボード付きカバーのSmart Keyboardもリニューアル。

その他、iPad ProをノートPC風に使うためのSmart Keyboardも「Smart Keyboard Folio」としてまったく新しく生まれ変わった。

従来はSmart Connector端子を中心に側面の磁力で装着されていたが、Folioでは背面の磁力で本体とくっつく。

そのため、カバーとして利用する際は正面だけではなく背面も保護され、さらにスタンドとして利用する際は2段階の角度調整ができるようになった。

直販価格は11インチ向けが1万9800円(税別)、12.9インチ向けが2万2800円(税別)となっており、出荷日はiPad Proより1日早い11月6日予定だ。

ティム・クックCEOは、どのPCメーカーのノートPCよりiPadが売れているとアピール。
 

ティム・クックCEOは、新型iPad Proの発表時、iPadシリーズの出荷台数が4億台に達したと公表。

また昨年の各社のノートPCの出荷台数と比較し、iPadが世界で最も人気のモバイルPCであるとアピールしている。

別の記事で解説している新型MacBook Airの仕様も含めて考えると、アップルはMacをプロ向けのコンピューターに、iPadをより間口の広い一般向けあるいはクリエイティブ向けのコンピューターと定義し始めたようにも見える。

累計の販売台数は4億台に達したと公表した。
 

つまり従来、MacBook Airが担っていた入門や学生向け領域を、iPad Proが担う ── そう考えれば、なぜアップルが新型iPadをノートPCと比較し、またこれほどパワフルでノートPCっぽく、さらにLightning端子ではなくUSB Type-Cにする必要があったのかに納得がいく。

BUSINESS INSIDER JAPAN より転載(2018.10.31公開記事)

あわせて読みたい

iPad Pro、MacBook Air、Mac mini、Apple Pencil。ぜんぶ一気に新しくなったので総ざらいしよう

今回は西海岸を離れてニューヨークで行われたアップルのイベント。アップデート待ちか死か、そんなふうに思われていたMacBook Airを含め、大刷新を...
https://www.lifehacker.jp/2018/10/178516_ipad-pro_macbook-air_mac-mini_apple-pencil_event-matome.html

新型iPad ProやMacBook Airの何がすごい? Appleが発表した、6つの重要アナウンス

お財布の中身が、Airになりそう。今回、Appleのイベントでは、3つの製品の大幅なアップデートが発表されました。そのうちの2つは、長年アップデート...
https://www.lifehacker.jp/2018/10/the-6-most-important-announcements-from-apple-s-october.html

Image: Apple


この人なら騙されていい?

私は最近、初めて

本気で信じられる人に出会いました。


https://bit.ly/2JqZsQ6





line

パネル越しならバイリンガル!パナソニックが魅せる100年後の未来

iPadProは、もはやタブレット端末ではない

 


10月30日に発表された新MacBook Airは、既存のMacBook Proのテクノロジを惜しみなくつぎ込んだオールインワンモデルに仕上がった(筆者撮影)

アップルは米国時間10月30日、ニューヨーク・ブルックリンでスペシャルイベントを開催し、新製品群を発表した。今回登場したのはオールインワンで人気のあったノートブック「MacBook Air」、さまざまな用途で活用され待望だったコンパクトデスクトップ型の「Mac mini」、新しいフォームファクターへ移行した「iPad Pro」だった。

今回のイベントは、クリエイティビティを意識したイベントとなっており、米国で最も注目されるエリアであるブルックリンが選ばれたことも頷ける。アップルロゴをアーティスティックにアレンジしたアニメーションがイベント開催前に流されたほか、参加者のパスも何種類も用意されていた。


会場となったのはニューヨーク・ブルックリンにあるBrooklyn Academy of Musicにある1900年代初頭に作られたオペラハウスだ(筆者撮影)

今回の発表では、現在アップルが抱えていたMacの停滞を解決すると同時に、タブレット市場を再び飛躍させるiPadの投入という対照的なキャラクターが際立った。

2012年1月以来のニューヨークでのイベント開催だったが、今年3月のシカゴ、6月のサンノゼ、9月のApple Parkのそれぞれのイベントよりも熱気が際立っていた。基調講演に立ったティム・クックCEOも、ニューヨークへのリップサービスを欠かさなかった。

低価格の中でも妥協しなかったMacBook Air

今回発表されたMac製品は、13.3インチのRetinaディスプレーを搭載したMacBook Airと、デスクトップ向けプロセッサを搭載しパフォーマンスにこだわったコンパクトデスクトップMac miniの2製品だ。

MacBook Airは2008年に登場して以来、最も人気を集めるMacの販売の中心となるモデルであり続けた。ノート型パソコンに金属の超薄型ボディを持ち込んだことで、ノートパソコンのトレンドを牽引してきた役割もあった。

しかし近年、他のモデルが高精細のRetinaディスプレーやUSB-C、Thunderbolt 3などの新しいポート類へ移行するなか、MacBook Airだけは取り残され、「低価格」というキャラクターを維持することに終始してきた。


MacBook Airには、左から、スペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色が用意される(筆者撮影)

2010年以来8年ぶりのデザイン変更となった新モデルでは、Retinaディスプレーを採用し、ベゼルを小さくして面積を縮小し、最も厚い部分も1.56センチへと薄型化した。

またセキュリティ機能としてTouch IDとT2チップの組み合わせ、ビデオ処理やサウンド再生能力の向上を実現しているほか、5Kディスプレーを接続できるThunderbolt 3を2ポート備えた。

いずれもMacBook Airの新モデルで初めて用いられたのではなく、すでにMacBook Proに採用されているアーキテクチャを用いているに過ぎない。それでも、過去のモデルから大幅に機能が向上しながら、米国の価格で128GBストレージモデルが1199ドル(日本では13万4800円)に抑えたことは評価できる。

MacBookシリーズのラインナップの中心は…

MacBookシリーズの役割分担として、MacBookはサブノートとして、とにかく薄くコンパクトに持ち歩くことができる製品としての位置づけが明確となった。またMacBook Proは、厚みは増すが、性能を重視した製品という位置づけが明らかだ。


基調講演で挨拶するティム・クックCEO。聴衆の熱気は他のどのイベントよりも大きかった(筆者撮影)

今回の発表があるまで、MacBook AirはMacBookに統合されるのではないか、とも考えられてきた。しかしMacBookとMacBook Proの2つの製品でカバーできない、より多くの人々にとってのオールインワンモデルとしてMacBook Airがラインナップに残された。

ビデオ再生で13時間を実現するバッテリー持続時間、接続性、最大16GBのメモリと1.5TBまでのストレージ、セキュリティ機能を備え、これを選んでおけば十分なMac体験が実現できるというスタンダードを設定しているのが、新型MacBook Airそのものだ。

なお、Retinaディスプレー非搭載モデルのMacBook Airは999ドル(日本では9万8800円)で残され、10万円を切る価格で教育市場のニーズに応えることになる。

2018年第3四半期、Macの販売台数は400万台を割り込み、低迷が伝えられてきた。販売の核となるMacBook Air、また4コア以上のデスクトップクラスのプロセッサを備えパフォーマンス重視となったMac miniの登場は、Macのセールスへの刺激を与えることになる。

iPad Proは、より刺激的な「iPad市場」を作り出す

今回の発表の目玉となっていたのがタブレットの上位モデルiPad Proの刷新だった。ティム・クックCEOはiPadについて、4億台を出荷したことを報告し、タブレットの中で最も販売台数が多いだけでなく、「ノート型コンピュータ」のあらゆるメーカーよりも多く売れていることをアピールした。

その理由として、市場の92%のノートパソコンより高性能である点を指摘した。既存のカテゴリやそのトレンドに沿わないことをアピールしており、タブレット市場でもノートパソコン市場でもなく、「iPad市場」というカテゴリへの独立宣言にも映る。


左からiPad Pro 12.9インチ、iPad Pro 11インチ(筆者撮影)

2015年に登場して以来のフルモデルチェンジとなり、iPhone XRと同じ液晶ディスプレーながら縁まで画面を敷き詰めたオールスクリーンデザインのLiquid Retinaディスプレーと、Face IDに対応するTrueDepthカメラを搭載し、ホームボタンは廃止された。薄さ5.9ミリは、これまでのiPadで最も薄い。

これに伴い、10.5インチは同様のサイズでより大きな11インチディスプレーを備え、12.9インチは同じディスプレーサイズでより小さなボディを実現した。11インチと12.9インチのサイズが接近したことは、どちらを選択するか、多くの人が悩むことになるだろう。


刷新されたApple PencilにはLightningポートがなく、磁石で本体にくっつけてペアリング・充電する(筆者撮影)

iPad Proには性能をより強化したA12X Bionicプロセッサが採用される。iPhone XSと同様の7nmプロセスを採用し、プロセッサ8コア、グラフィックス7コアと、大幅に拡大させた。特にグラフィックスは2倍の性能を備える。

iPad Proと組み合わせて利用するApple Pencilも刷新され、本体側面に磁石でくっつくようになり、同時にペアリングや充電を行うことができるようになった。この点は、使い勝手が飛躍的に高まった点といえる。


iPad Pro 10.5インチは同じサイズのままオールスクリーン化され、11インチのディスプレイを備える(筆者撮影)

MacBook Air、iPad Proには共通点がいくつもある。

その1つはオーディオ再生能力だ。MacBook Airはまったく新しいスピーカーシステムを備え、またiPad Proにはこれまでの4箇所のスピーカーそれぞれに高音用のツイーターと低音用のウーハーを備え、合計8つのスピーカーが内蔵された。

これらの新しいハードウエアとソフトウエア処理により、いずれの製品でも、非常に迫力のあるステレオサラウンドに包まれるような体験を実現している。サラウンド性能の向上は2018年モデルのiPhoneでもウリにしていたポイントだった。

また、もう1つ、今後のアップルやテクノロジー企業にとって重要なマイルストーンになるのが、リサイクルされたアルミニウムを100%使用した製品作りだ。

アルミを削った金属を溶かして「再生」

アップルの環境への取り組みは今に始まったことではない。iPhoneがヒットする以前から取り組んできたことであり、9月のイベントではiPhoneを長持ちさせるという、販売台数と売上高が重要なビジネスに逆行しがちな価値を惜しみなく付加してきた。

今回の新製品群はいずれもアルミニウムボディが用いられているが、アルミを削った金属を再び溶かして再生し、品質、耐久性、仕上がりのいずれも犠牲にしない製品へと蘇らせたのだ。


今回発表された各製品の外装は、100%リサイクルアルミニウムによって作られている(筆者撮影)

アップルに聞くと、もちろん製造コストは上昇するという。しかし新たな採掘をする必要がなく、製造工程の二酸化炭素排出量も50%弱削減することができるという。正しいことをするためのコストをいとわない姿勢を改めて強調した。

iPhoneだけで年間2億台を販売し、MacやiPadも年間6000万台以上が販売される。それだけの規模の台数を、金属をはじめとする資源を採掘しながら製造し続けられると考えるほうが難しいのだ。

こうしたリサイクルのマテリアル利用は、テクノロジー企業が果たす社会的責任の1つであると同時に、今後のアップルが持続的に製品を作り続けるうえで、避けられない生存戦略でもあるのだ。

パネル越しならバイリンガル!パナソニックが魅せる100年後の未来
30日から都内で行われているパナソニック創業100周年の記念イベント『CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018』。
会場内には創業当初の大ヒット商品「二股(ふたまた)ソケット」をはじめ、歴代の様々な家電製品が展示されている。
そんな中、メインはこれからの100年を見据えた最新技術の数々だ。

【写真】日本語を瞬時に翻訳!こんな技術が…

まずは、話した日本語が瞬時に英訳されて表示される、透明のパネル。
「料金は1500円です」と話せば、パネルに「The fare is 1500 yen」と表示され、同時に音声でも案内が流れる。

この人なら騙されていい?

私は最近、初めて

本気で信じられる人に出会いました。


https://bit.ly/2JqZsQ6





line

パネル越しならバイリンガル!パナソニックが魅せる100年後の未来

パネル越しならバイリンガル!パナソニックが魅せる100年後の未来
30日から都内で行われているパナソニック創業100周年の記念イベント『CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018』。
会場内には創業当初の大ヒット商品「二股(ふたまた)ソケット」をはじめ、歴代の様々な家電製品が展示されている。
そんな中、メインはこれからの100年を見据えた最新技術の数々だ。

【写真】日本語を瞬時に翻訳!こんな技術が…

まずは、話した日本語が瞬時に英訳されて表示される、透明のパネル。
「料金は1500円です」と話せば、パネルに「The fare is 1500 yen」と表示され、同時に音声でも案内が流れる。

この人なら騙されていい?

私は最近、初めて

本気で信じられる人に出会いました。


https://bit.ly/2JqZsQ6




line

レーダー探知機も役に立たない国内最強の移動式オービスが名古屋高速のトンネル内に出現!

レーダー探知機も役に立たない国内最強の移動式オービスが名古屋高速のトンネル内に出現!

 

移動式オービスの普及が止まらない。

なかでも愛知県警は、5台体制となり国内最多の保有台数をほこる上、それらは可搬式とよばれるひとりで持ち運べる小型のタイプ。つまり、狭い場所への設置はもちろん数時間単位で移動することも可能なのだ。

しかも、レーザーで違反車両の速度を計測するためレーダー探知機も役立たずだし、愛知県では事前の予告看板を設置せずに運用しているから、もうどうしようもない。

そんな卑劣極まりない最強の移動式オービスを運用する愛知県警が、10月29日13時30分頃から名古屋高速2号東山線の東山トンネル内で移動式オービスによる取り締まりを実施したというニュースが舞い込んできた(情報提供:パソヤ 移動式オービスガイド)。

「当初、移動式オービスは狭い通学路や生活道路での運用がメインだったが、徐々に幹線道路やバイパスなど速度が出やすい場所に活躍の場を広めてきました。それでも移動式オービスが高速道路に置かれることは珍しいです。移動式オービスにも数種類あり大きく分けて人が持ち運べる可搬式と、少し大型の半可搬式とがあります。この可搬式オービスが高速道路で運用されたのは、首都高速に続き2例目と思われます(パソヤ 10月30日)」。

ちなみに今回は愛知県での実戦初投入ということもあり、県警が日時と詳細な場所を事前に発表していたが、これからはまさに神出鬼没となる。最高速ランカーはもちろん、一般のドライバーもこれまで以上に速度に注意してドライブする必要があるというわけだ。

■移動オービス情報サイト「移動式オービスガイド」

独自に調査した記事や、Twitterのつぶやきなどのリアルタイムな情報を掲載。
http://orbis-ido.com/

※目撃情報やつぶやきはユーザー投稿のため不正確な情報も含まれます。

■固定式オービス情報サイト「オービスガイド」

全国のオービスを地図上に表示。現地の写真や動画も網羅されています。
http://orbis-guide.com/

(web option編集部)

レーダー探知機も役に立たない国内最強の移動式オービスが名古屋高速のトンネル内に出現!(http://clicccar.com/2018/10/31/646611/)


この人なら騙されていい?

私は最近、初めて

本気で信じられる人に出会いました。


https://bit.ly/2JqZsQ6





line

NTTドコモおよびau、SoftBankも新しい全画面デザインの「iPad Pro」(11インチと12.9インチ)を11月7日に発売!各社とも11月1日より予約開始。価格をまとめて紹介

NTTドコモおよびau、SoftBankも新しい全画面デザインの「iPad Pro」(11インチと12.9インチ)を11月7日に発売!各社とも11月1日より予約開始。価格をまとめて紹介

 
新しいiPad Proはdocomoやau、SoftBankからも発売!

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクは31日、ペン入力「Apple Pencil」に対応した新しいオールスクリーンのデザインを採用のタブレット「11インチiPad Pro」および「12.9インチiPad Pro(第3世代)」(ともにApple製)を取り扱うと発表しています。

両製品ともにAppleから10月30日に発表され、発売日は各社ともに2018年11月7日(水)となっており、すでに同社の公式Webサイト内のオンラインショップ(公式アプリ「Apple Store」含む)にて予約注文が開始されており、価格も紹介した通り。

一方、NTTドコモおよびau、SoftBankでは11月1日(木)より事前予約受付を実施し、予約開始時間は各社店頭では営業開始から、オンラインでは「ドコモホームページ」が10時から、公式Webストア「au Online Shop」および「ソフトバンクオンラインショップ」では9時からとなっています。

なお、NTTドコモおよびauではWi-Fi+Cellularモデルのみ、SoftBankではWi-Fi+CellularモデルおよびWi-Fiモデルが取り扱われ、auではすでに価格も案内されていますので、本記事で紹介したいと思います。

 

 

○NTTドコモ

・ドコモからのお知らせ : 新しいiPad Proのドコモオンラインショップ販売価格 | お知らせ | NTTドコモ
 
【11インチiPad Proのドコモオンラインショップ販売価格表】
11インチiPad Pro 新規/機種変更(Xi→Xi)/契約変更(FOMA→Xi)
64GB 256GB 512GB 1TB
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
4,806円/月
(115,344円)
5,562円/月
(133,488円)
6,561円/月
(157,464円)
8,532円/月
(204,768円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
-2,079円/月
(-49,896円)
-2,106円/月
(-50,544円)
-2,187円/月
(-52,488円)
-2,295円/月
(-55,080円)
実質負担金(24か月)
(総額)
2,727円/月
(65,448円)
3,456円/月
(82,944円)
4,374円/月
(104,976円)
6,237円/月
(149,688円)
【12.9インチiPad Pro(第3世代)のドコモオンラインショップ販売価格表】
12.9インチiPad Pro
(第3世代)
新規/機種変更(Xi→Xi)/契約変更(FOMA→Xi)
64GB 256GB 512GB 1TB
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
5,805円/月
(139,320円)
6,561円/月
(157,464円)
7,560円/月
(181,440円)
9,531円/月
(228,744円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
-2,160円/月
(-51,840円)
-2,187円/月
(-52,488円)
-2,241円/月
(-53,784円)
-2,376円/月
(-57,024円)
実質負担金(24か月)
(総額)
3,645円/月
(87,480円)
4,374円/月
(104,976円)
5,319円/月
(127,656円)
7,155円/月
(171,720円)

ドコモオンラインショップ

 

○au by KDDI

・iPad Pro 機種代金 | 料金・割引 | iPad | au
 

[iPad Pro単体(LTEフラット for Tab(L))の場合]

【auにおける11インチiPad Proの価格】
容量 64GB 256GB 512GB 1TB
割賦販売価格 120,600円
(5,025円/月×24回)
137,880円
(5,745円/月×24回)
160,200円
(6,675円/月×24回)
204,840円
(8,535円/月×24回)
毎月割(最大24回月額) -69,120円
(-2,880円/月×24回)
-69,120円
(-2,880円/月×24回)
-69,120円
(-2,880円/月×24回)
-69,120円
(-2,880円/月×24回)
実質負担額(実質負担額総額) 51,480円
(2,145円/月×24回)
68,760円
(2,865円/月×24回)
91,080円
(3,795円/月×24回)
135,720円
(5,655円/月×24回)
【auにおける12.9インチiPad Pro(第3世代)の価格】
容量 64GB 256GB 512GB 1TB
割賦販売価格 142,920円
(5,955円/月×24回)
160,200円
(6,675円/月×24回)
182,520円
(7,605円/月×24回)
227,160円
(9,465円/月×24回)
毎月割(最大24回月額) -69,120円
(-2,880円/月×24回)
-69,120円
(-2,880円/月×24回)
-69,120円
(-2,880円/月×24回)
-69,120円
(-2,880円/月×24回)
実質負担額(実質負担額総額) 73,800円
(3,075円/月×24回)
91,080円
(3,795円/月×24回)
113,400円
(4,725円/月×24回)
158,040円
(6,585円/月×24回)

[スマートフォンとセット(タブレットプランds(3年契約L))の場合]

【auにおける11インチiPad Proの価格】
容量 64GB 256GB 512GB 1TB
割賦販売価格 120,600円
(3,350円/月×36回)
137,880円
(3,830円/月×36回)
160,200円
(4,450円/月×36回)
204,840円
(5,690円/月×36回)
ぐっとiPadおトク割 -16,200円 -16,200円 -16,200円 -16,200円
NetfliXプランでタブレット割 -5,400円 -5,400円 -5,400円 -5,400円
毎月割(最大36回月額) -47,340円
(-1,315円/月×36回)
-47,340円
(-1,315円/月×36回)
-47,340円
(-1,315円/月×36回)
-47,340円
(-1,315円/月×36回)
実質負担額(実質負担額総額) 51,660円
(1,435円/月×36回)
68,940円
(1,915円/月×36回)
91,260円
(2,535円/月×36回)
135,900円
(3,775円/月×36回)
 
【auにおける12.9インチiPad Pro(第3世代)の価格】
容量 64GB 256GB 512GB 1TB
割賦販売価格 142,920円
(3,970円/月×36回)
160,200円
(4,450円/月×36回)
182,520円
(5,070/月×36回)
227,160円
(6,310円/月×36回)
ぐっとiPadおトク割 -16,200円 -16,200円 -16,200円 -16,200円
NetfliXプランでタブレット割 -5,400円 -5,400円 -5,400円 -5,400円
毎月割(最大36回月額) -47,340円
(-1,315円/月×36回)
-47,340円
(-1,315円/月×36回)
-47,340円
(-1,315円/月×36回)
-47,340円
(-1,315円/月×36回)
実質負担額(実質負担額総額) 73,980円
(2,055円/月×36回)
91,260円
(2,535円/月×36回)
113,580円
(3,155円/月×36回)
158,220円
(4,395円/月×36回)

au Online Shop

 

○SoftBank

・新しいiPad Proの価格について(PDF) | SoftBank
 

ソフトバンクオンラインショップ

 

○Apple

・iPad Pro - Apple(日本)
 
【Apple Online Storeにおける11インチiPad Proおよび12.9インチiPad Proの価格】
製品 価格
11インチiPad Pro Wi-Fi 64GB 96,984円
256GB 115,344円
512GB 139,104円
1TB 186,624円
Wi-Fi+Cellular 64GB 115,344円
256GB 133,704円
512GB 157,464円
1TB 204,984円
12.9インチiPad Pro(第3世代) Wi-Fi 64GB 120,744円
256GB 139,104円
512GB 162,864円
1TB 210,384円
Wi-Fi+Cellular 64GB 139,104円
256GB 157,464円
512GB 181,224円
1TB 228,744円

 
記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・iPad Pro 関連記事一覧 - S-MAX
・報道発表資料 : NTTドコモ、新しいiPad Proを発売 | お知らせ | NTTドコモ
・au、新しいiPad Proに関するお知らせ | 2018年 | KDDI株式会社
・新しいiPad Proの取り扱いについて | プレスリリース | ニュース | 企業情報 | ソフトバンク
・iPad Pro - Apple(日本)

この人なら騙されていい?

私は最近、初めて

本気で信じられる人に出会いました。


https://bit.ly/2JqZsQ6





line

これからの必需品・マスクの持ち歩きどうする?問題は100均のマスクケースで即、解決!

これからの必需品・マスクの持ち歩きどうする?問題は100均のマスクケースで即、解決!

 
セリア 2wayマスクケース 写真1

朝晩の空気がヒンヤリしてきて、そろそろマスクの出番です。でも、予備のマスクを持ち歩きたいとき、外出先でマスクを外すとき、マスクの置き場に困ったことはありませんか? そのままバッグに無造作に突っ込んでおくのは衛生的にどうなの?と気になるし、かといって小さめの密閉袋に入れるのも何やら貧乏クサいし。特にこれからはインフルエンザや風邪予防の必須アイテムだから、何かいい方法があればいいのに……。

セリア 2wayマスクケース 写真2

と思っているとき、セリアで「2wayマスクケース」なるものを発見! これがとても便利で、わが家では大活躍しています。バッグの中に入れておけば、外したマスクをサッと収納できる便利さが◎。これに入れておけばマスクがしわくちゃにならないし、何より衛生的です。

薄いからバッグに入れても邪魔になることはないうえ、使いかけのマスクと新しいマスクを分けて収納できるのも魅力の1つ。デザインもおしゃれでかわいいものが多く、種類もいくつかあるのでお気に入りを選ぶことができますよ。

実はコレ、使い勝手が抜群とSNSでも話題となり大人気の商品。品切れになっている店舗も続出しています。わが家は娘が「ミッキーかわいい~」と一目惚れ(笑)。私も気に入ったので見つけてすぐに購入しました♪

さらにこの「2wayマスクケース」、マスクを収納する以外に小物入れとして活躍してくれる万能なケースなんです。スマホ・アクセサリー・通帳・絆創膏・シール・レシート・メモ帳や付箋なども収納して持ち歩くことができます。気づいたらバックの中でばらけてた小物類も、このケースがあれば安心! これから需要も高くなってくると思われるので、見かけたら“即、買い!”が正解ですよ~。

 

文=ライチ(レタスクラブニュース)


この人なら騙されていい?

私は最近、初めて

本気で信じられる人に出会いました。


https://bit.ly/2JqZsQ6




line

新しい「MacBook Air」と「iPad Pro」に触れて感じた“違い”

新しい「MacBook Air」と「iPad Pro」に触れて感じた“違い”
 米Appleは10月30日(現地時間)、ニューヨーク州ブルックリンの音楽ホール「Brooklyn Academy of Music」にて、新製品発表イベントを開催した。発表されたのは、「MacBook Air」「Mac mini」「iPad Pro」の新モデル。3製品のうち、2製品はMacである。いずれも待望の製品だが、より確信的かつ意欲的なモデルという意味では、iPad Proの方が多くのニュースを内包している。

【写真】MacBook AirとiPad Pro新モデルの実機

 既にApple公式Webページがスペックや価格の詳細を伝えているため、ここでは実機を使ったハンズオンでの比較を行うとともに、「モバイル環境で使われるパーソナルコンピュータ」という領域では重なる要素を持つ、新MacBook Airと新iPad Proの印象についてお伝えしたい。

 まずはそれぞれの製品の概観から、Appleのティム・クックCEOが講演で伝えた順にレポートすることにしよう。

この人なら騙されていい?

私は最近、初めて

本気で信じられる人に出会いました。


https://bit.ly/2JqZsQ6





line

戦力外通告を受けたスター選手たち かつて規定打席・規定投球回到達も…

戦力外通告を受けたスター選手たち かつて規定打席・規定投球回到達も…

 
戦力外通告を受けたヤクルト・成瀬、阪神・西岡、ヤクルト・由規【写真:荒川祐史】

盗塁王・聖澤、首位打者・西岡にも無情の通告

 2018年のプロ野球は開催中の日本シリーズを残すのみとなったが、レギュラーシーズン終盤からポストシーズンの期間は、戦力外通告の期間でもある。第1次通告期間はすでに10月1日~12日までで終わり、現在は第2次通告期間中。今年は一時代を築いた選手の引退が多いが、戦力外通告を受けた選手の中にも、かつては主力として活躍した選手も数多い。ここで、1シーズンでも規定打席・規定投球回に達したことがありながら、戦力外通告を受けた選手を見てみよう。

◯聖澤諒(楽天)

 2007年大学・社会人ドラフト4巡目で楽天に入団。全盛期は、チャンスメーカーとして不可欠な選手で、1、2番の上位はもちろん、下位打線でも他球団にとってはうるさい存在だった。

 3年目の2010年に、577打席517打数150安打、打率.290、6本塁打43打点をマーク。以降、2013年まで4年連続で規定打席をクリアし、12年には54盗塁で球団にとっても初となる盗塁王に輝いた。しかし、14年以降は出場機会が半減。昨年は4年ぶりに100試合を超える111試合に出場したが、代走や守備固めでの出場も多く、試合数の割に打席数は252にとどまり、今季は27試合69打席で打率.194、本塁打0、2打点に終わっていた。

 2015年には927試合連続守備機会無失策というNPB記録を樹立。2013年、球団初のパ・リーグ制覇と日本シリーズ優勝にも貢献したが、通算200盗塁まであと3個、11月3日に33歳の誕生日を迎える直前に無情の戦力外通告を受けた。

◯細川亨(楽天)

 2001年自由獲得枠で西武に入団。強肩好打の捕手として活躍した。松坂大輔らが活躍した時代の西武投手陣を巧みなリードで支え、バッティングでも、打率は高くなかったが、バントの構えからのヒッティングなど意表を突くしぶとい打撃を持ち味とし、07年、08年と規定打席に到達。08年にはキャリアハイの16本塁打をマークするなど、パンチ力もあった。

 その後、10年オフに国内フリーエージェント(FA)権を行使してソフトバンクに移籍。同年、14年の日本一に正捕手として貢献した。しかし、15年以降は故障に悩まされ、甲斐、高谷らの台頭もあって出場機会が激減。16年オフにコーチ就任を打診されたが、現役にこだわり、自由契約となって楽天に移籍した。

 しかし昨年は20試合、今年はわずか2試合の出場に終わり、再び戦力外通告を受けた。

◯西岡剛(阪神)

 02年ドラフト1巡目でロッテに入団。2年目の04年から頭角を現し、2005年には41盗塁をマークしてパ・リーグ最年少記録の21歳で盗塁王を獲得した。以来、06年には2年連続盗塁王を獲得、10年には.346で首位打者を獲得。ロッテ在籍中の05年~10年までと、MLBツインズから国内へ復帰し阪神へ移籍した13年の7シーズンで規定打席に到達し、06年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)と08年北京五輪で日本代表としてもプレーした。

 11年、MLBのツインズに移籍するが、走者と交錯して左足を骨折するなどの故障もあり、2年目はシーズンのほとんどをマイナーで過ごし、13年に阪神から国内復帰。復帰初年こそ「1番・二塁」として打率.290、144安打を放つ活躍を見せたが、その後は故障に悩まされて出場機会が減少。16年には左アキレス腱を断裂する重傷を負い、17年は32試合、18年は25試合の出場にとどまっていた。10月1日に戦力外通告を受けたが、球団発表前に本人が自身のインスタグラムでその事実を明らかにした。

打撃不振で主力の座を奪われた大松、荒波

◯大松尚逸(ヤクルト)

 04年、ドラフト5巡目でロッテに入団。06年から頭角を現し、08年からはクリーンアップの一角を占めて.262、24本塁打、91打点の成績を残した。以降、10年まで3年連続で規定打席をクリアし、3年間で59本塁打を放ってロッテ屈指のスラッガーとして活躍。ところが11年から打撃不振に陥り、角中らの台頭で出場機会を失った。一塁手へのコンバートも行われたが、外国人選手や、MLBから国内復帰した井口(現監督)らとのポジション争いに敗れて出場機会が得られず、16年には右アキレス腱を断裂。球団からコーチ就任を打診されたが、オフに退団してヤクルトに移籍した。

 ヤクルトでは左の代打として起用され、昨年はサヨナラ適時打、サヨナラ本塁打を各1試合記録するなど持ち前の長打力と勝負強さを見せたが、今年は1軍出場機会がなかった。

◯荒波翔(DeNA)

 2010年ドラフト3位で横浜(現DeNA)に入団。12年には開幕でスタメン出場して以降、主に1番打者として141試合出場で打率.268、135安打、24盗塁をマーク。翌13年も2年連続で規定打席をクリアし、.258、115安打、19盗塁の数字を残し、守備でもセ・リーグトップの16補殺を記録する強肩ぶりを見せた。

 しかし、その後は打撃不振に悩み、出場機会は年々減少。今季は11試合、11打数ノーヒットに終わっていた。

◯田中浩康(DeNA)

 04年、自由獲得枠でヤクルト入団。プロ2年目の06年から二塁や遊撃のバックアップとして1軍に定着し、07年には二塁のレギュラーとなって早大時代の先輩・青木と1、2番コンビを組む。07年から12年までの6年間、規定打席をクリア。10年には打率.300で自身初の3割をマークするが、13年以降は山田哲人の台頭でポジションを奪われ、16年には出場31試合と激減。指導者転向の打診を断り退団、DeNAに移籍した。

 DeNAでは昨年、66試合175打席に立ち、7月には1000本安打を達成。日本シリーズ出場にも貢献したが、今年は31試合出場にとどまり、戦力外通告を受けて16日に引退を発表した。

◯成瀬善久(ヤクルト)

 2003年、ドラフト6巡目でロッテに入団。06年に1軍初登板して5勝5敗の成績を残し、07年には24試合16勝1敗、防御率1.82、6完投4完封とエース格に成長して最優秀防御率、最高勝率の2冠に輝く。NPB屈指の技巧派左腕として、高校の後輩の西武・涌井(現ロッテ)、日本ハム・ダルビッシュ、楽天・田中将大(現ヤンキース)、ソフトバンク・杉内(元巨人、引退)らとともに、パ・リーグのスーパーエースの時代を形成した。

 07年~12年に6年連続で規定投球回をクリアし、08年には北京五輪日本代表、2010年にはクライマックスシリーズのファイナルステージで、ソフトバンクを破って3位からの“下剋上”に貢献してシリーズMVPを獲得。12年は初の200イニング投球を達成(200回2/3)し、14年も規定投球回数にわずか1回1/3足りない142回2/3と活躍したが9勝11敗と負け越して、国内FA権を行使しヤクルトに移籍した。

 しかし、ヤクルトでは3年間で6勝11敗の成績にとどまり、17年は0勝1敗とついに未勝利のまま終わった。そして4年目の今シーズンは1軍登板がなく、ついに戦力外通告を受けた。

◯由規(ヤクルト)

 2007年高校生ドラフト1巡目でヤクルト入団。高校時代、夏の選手権で時速155キロを出して中田翔(日本ハム)、唐川侑己(ロッテ)とともに「高校ビッグ3」と呼ばれ、プロ入り後も剛速球を武器に先発ローテーション入り。プロ入り3年目の2010年、167回2/3を投げて初の規定投球回に達し、12勝9敗、防御率2.86。大谷翔平(当時日本ハム)に破られるまで、日本人投手最速の時速161キロをマークするなど、ヤクルトの先発の柱として将来は明るかった。

 しかし、11年以降は右肩の痛みに悩まされ、15年オフには育成契約に移行。ブランクを乗り越えて16年に5年ぶりの勝利を挙げ2勝3敗、昨年も10試合3勝5敗と復活への道をたどっているかに思えたが、今季は7試合1勝2敗の成績で戦力外通告を受けた。本人は現役続行の意向。

 こうして見ると、選手としてのピークを過ぎてなお現役にこだわり、退団して移籍したものの、結果を残せず戦力外通告を受けた選手が多い。キャリアをどう終えるかは本人の自由だが、ファンとしてはかつて活躍した選手が戦力外通告を受けた報を聞くのは忍びない気持ちもあるだろう。特に、最近は各球団が若手育成にシフトしていることもあり、ベテランの居場所が狭くなっているのは事実。この中で、来年もユニホームを着続けられる選手は出てくるのだろうか。(Full-Count編集部)


この人なら騙されていい?

私は最近、初めて

本気で信じられる人に出会いました。


https://bit.ly/2JqZsQ6



line

気軽に“ひとりごはん”ができる店が急増中!寿司に焼肉、すき焼きまで6店をご紹介

気軽に“ひとりごはん”ができる店が急増中!寿司に焼肉、すき焼きまで6店をご紹介

 

「国産牛すき焼き定食」(1188円)/佰食屋 すき焼き専科

食べたくなったらひとりで行ける、良心的な価格設定やサービスで“おひとりさま”に優しい店が増加中!そんな至福のひとりごはんが味わえる6店をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2018年2月20日発売号)より>

【写真を見る】この内容でランチタイム990円は破格/しゃぶ乃家

■ 上質の国産牛をひとり占め!素材の鮮度にも自信あり

「佰食屋 すき焼き専科」ではひとり鍋の「すき焼き」が評判。看板メニューの100食限定「すき焼き定食」は、上質な国産牛肉の甘味と、化学調味料無添加のまろやかな割り下で、好みの火の通し方で味わえる。「サイコロステーキ定食」(1404円、20食限定)と共に売り切れることも多いのでお早めに。

「国産牛すき焼き定食」(1188円)。肉120gに野菜もたっぷりでヘルシー。ご飯、生卵、ひと口お菓子付き。+756円で肉ダブルに増量可。

2階建ての古民家を改装した風情ある店内。

高瀬川沿いにある、歴史を感じさせる店構え。

■佰食屋 すき焼き専科<住所:京都市下京区西木屋町四条下ル船頭町187 電話:075-361-2900 時間:11:00~15:30(LO15:00) 休み:木曜 席数:32席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:阪急河原町駅より徒歩1分>

■ 食べ方もスピードもお好みで!上質の肉をマイペースで堪能

多彩なひとりしゃぶしゃぶが充実する「しゃぶ乃家」は、関西で20店以上展開する精肉卸の新展開。確かな目ききで選んだ牛・豚のしゃぶしゃぶが、ひとりでも気軽に味わえると早くも評判に。お得なランチからお値打ち感大の神戸牛まで、気分に合わせて幅広いメニューが楽しめる。

「牛ロースセット」(1590円)。上品な肉の旨味はあと味もあっさり。+100円で追加できる特製ゴマだれとも相性抜群。

肉110g、野菜、締めの中華麺付き。ランチタイムはお代わり自由のご飯も付いて990円と破格。

ゆったり座れるカウンター席が好評だ。

駅と直結の地下街にあってアクセスも至便。

■しゃぶ乃家<住所:神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザB1 電話:078-393-2288 時間:11:30~16:00(LO15:00)、17:00~21:30(LO21:00) 休み:なし 席数:22席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:JR三ノ宮駅より徒歩5分>

■ A4ランク超の雌牛を厳選!希少部位も欲張りに満喫

焼肉 一楽 しんしん」では、質の高い肉をリーズナブルに楽しめる。1階はスタンドの「一楽」、2階は完全個室の「しんしん」で幅広いシーンに対応。A4ランク以上の国産雌牛のみを吟味する約30種の肉は、人気のタンやハラミのほかレア部位も多数。注文後に切ってくれるので鮮度も抜群だ。

タン1枚、おすすめ肉、ホルモン各2枚にドリンク1杯が付いた、お得な「ちょい呑み」(1000円)も人気。

希少部位の「ヒウチ」(350円)、「ネギ塩タン」(100円)。とろけるような柔らかさが好評。

スタッフとの距離の近さも魅力。

路地に映える和モダンな店構え。

■焼肉 一楽 しんしん<住所:神戸市中央区中山手通1-7-18-1 電話:078-322-2983 時間:18:00~24:00(LO23:30)休み:日祝 席数:1Fスタンディング10人、2F14席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし 交通:JR三ノ宮駅より徒歩5分>

■ 新鮮ネタの本格寿司を立ち食いでカジュアルに

「牡蠣とワイン 立喰い すしまる 梅田阪急サン広場店」は、職人による本格的なにぎりと、カキやワインが立ち食いでカジュアルに楽しめる。回らないのに2貫で108円からと格安なうえ、札を使う注文方法など、おひとりさまのツボを押さえたサービスも好評だ。ひとり寿司初心者はまずはこちらへ。

立ち食い寿司のイメージが変わるシンプルで明るい空間。カキをはじめ、魚介に合うワインも充実している。

「ボタン海老」(432円・手前)、「中トロ」(432円・中左)、「サーモン」(216円・奥左)など。※すべて2貫の価格。注文は2貫から。

写真のタバスコなど、ソースが選べる「シェルカキ(生牡蠣)」(1個・216円)。 ネタの種類は約40種。価格は2貫108円から。お酒は「サントリー ザ・プレミアム・モルツ」(432円)、「グラスワイン」(540円)など。ランチメニューは11時から14時まで(※月曜~金曜のみ)。予約不可。持ち帰り可。

注文はネタの価格で色分けされた札を取って、カウンター上のケースに入れるだけ!「中央卸売市場で毎朝目ききして仕入れる新鮮なネタを使用。本格的なにぎりとワインを、おひとりでも気軽にお楽しみいだだけます!」と、店長の和田裕樹さん。

カキのアートが目印。入りやすい入口から店内が見渡せて好印象。

■牡蠣とワイン 立喰い すしまる 梅田阪急サン広場店<住所:大阪市北区角田町8-8 阪急グランドビル 阪急サン広場地下通りB1 電話:06-6312-1139 時間:11:00~22:00 休み:不定休(阪急サン広場に準じる) 席数:スタンディング12人 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:阪急梅田駅より徒歩3分>

■ 1貫81円のハイコスパ江戸前寿司

「魚がし日本一 中之島フェスティバルプラザ店」は、東京発の立ち食い寿司「魚がし日本一」が大阪に東京都内で展開する人気立ち食い寿司の関西唯一の店舗。握り1貫81円からというリーズナブルさで話題に(注文は2貫から)。煮る・焼く・締めるといった江戸前の職人技とネタの鮮度を、スタンディングでサクッと堪能しよう。

たいやはまち、げそ、ねぎとろなど12貫がセットになった「魚がし」(980円)は、17時までのランチセット。うれしい味噌汁付き。ネタの種類は約40~50種。価格は1貫81円から(2貫で提供)。 お酒は生ビール「アサヒスーパードライ」(518円)、など。ランチメニューは11時から17時まで。予約不可。持ち帰り可。

駅直結の便利さと、明るい空間は入りやすいと女性客にも評判だ。

■魚がし日本一 中之島フェスティバルプラザ店<住所:大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルプラザB1 電話:06-6484-6328 時間:11:00~23:00(LO22:50)、土日祝11:00~22:00(LO21:50) 休み:なし 席数:スタンディング約15人 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:京阪渡辺橋駅と直結>

■ 1皿150円均一(税別)!高コスパな本格にぎり

「ときすし 東心斎橋店」は、難波に本店を構える人気店の4号店。ネタが大きなにぎりや、店では「すし焼き」と呼ばれる炙り寿司がすべて1皿150円(税別)。普段使いできる価格と、ほとんどがカウンター席という空間はおひとりさまにはうれしいかぎり!

1皿1貫が中心だが、「マグロ」や「サーモン」、「ハマチ」などは2貫で150円(税別)。「山芋巻」(手前)など数種ある巻ものも150円(税別)。

ネタの種類:約55種 価格:1皿(1貫または2貫)150円 お酒:生ビール「アサヒスーパードライ」(500円)など ランチメニュー:11時から15時まで(LO14時30分)。予約は夜のみ可。持ち帰り可。※価格はすべて税別。

外から中が見えるので、ひとりでも安心してふらりと立ち寄りやすい。

■ときすし 東心斎橋店<住所:大阪市中央区東心斎橋1-6-1ランドビル1F 電話:06-4708-4707 時間:11:30~15:00(LO14:30)、17:30~23:00(LO22:30) 休み:なし 席数:15席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:各駅心斎橋駅より徒歩3分>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)


この人なら騙されていい?

私は最近、初めて

本気で信じられる人に出会いました。


https://bit.ly/2JqZsQ6




line
line

line
プロフィール

netchance1

Author:netchance1
ブログご訪問ありがとうございます。
テニス好きが高じて、コートの隣に家を建てるほどの、自称「テニキチ」です。
錦織選手の追っかけで、国内はもとよりロンドン、パリまで応援に行ってきました。大坂選手、西岡選手の活躍も目が離せません。

最近は不動産投資に加え、第四次産業革命の進展とともに、成長著しい暗号資産の投資に確かな手ごたえを感じています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
メールフォーム
お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

line
フリーエリア
この人なら騙されていい? 私は最近、初めて 本気で信じられる人に出会いました。 本人が出演しますので、詐欺師かどうか確かめるだけでもいいかも! ↓↓↓↓↓ https://bit.ly/2JqZsQ6
line
フリーエリア
この人なら騙されていい? 私は最近、初めて 本気で信じられる人に出会いました。 本人が出演しますので、詐欺師かどうか確かめるだけでもいいかも! ↓↓↓↓↓ https://bit.ly/2JqZsQ6 堀江貴文のブログでは言えない話 N希望のおっさんの風俗体験ブログのブロマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line